無料でロボットをダウンロードする方法を見る

あなたのMetaTrader 5ターミナルからコードベースにアクセスしてください。

正しいコードが見つかりませんでしたか?フリーランスセクションでそれをオーダーしてください

エキスパートアドバイザーやインディケーターをどのように書くか

MetaTrader 5のためのMQL5ソースコードライブラリ - 152

これがMetaTrader 5プラットフォームプログラムのための最大の無料ソースコードライブラリです。ここであなたは既製のエキスパートアドバイザー、テクニカルインディケーター、スクリプトとライブラリを見つけることができます。MQL5言語を学び提供されたコードに基づいたあなた自身の自動トレーディングアプリケーションを開発するときにコードライブラリを使ってください。

あなたはパブリッシュされたコードを無料でダウンロードしテストすることができ、またMetaTrader 5の中でそれらを実行することもできます。ライブラリはMetaTrader 5プラットフォームとMetaEditor開発環境から直接使用することができます。

新しいコードを投稿するためには ログインしてください または 登録する
最新の|ベスト

ローソクタイプのインディケータ TriX

エキスパートアドバイザ Exp_MA_Rounding_Candleは、インディケータMA_Rounding_Candleの色の変化をベースに構築されています。

DRAW_FILLINGバッファを使用し、色がついた長方形によって、より大きな時間軸からインディケータMA_Rounding_Candleのローソクを描くインディケータです。

DRAW_FILLINGバッファを使用し、色がついた長方形によって、より大きな時間軸から平均のローソクを描くインディケータです。

ローソクタイプのインディケータ MA_Rounding価格の時系列値に相応するアルゴリズムMA_Roundingによる処理からローソクが構成されます。

インディケータ MA_Roundingは、標準偏差アルゴリズムに基づいて、トレンド力をカラーの点で追加表示するものです。

インディケータ MA_Roundingは、入力パラメータ内のインディケータの時間軸を変更することができます。

ストラテジーテスターによって作成されたグラフィックオブジェクトの反映の変更と、その後のビジュアル分析の簡素化。

ローソクタイプのインディケータ Chande Momentum Oscillator

エキスパートアドバイザ Exp_ColorZerolagDeMarkerは、インディケータColorZerolagDeMarkerの雲の色が変わった時にエントリーします。

エキスパート Exp_ColorSchaffJCCXTrendCycleは、買われ過ぎと売られ過ぎのレベルに対して、オシレータ― ColorSchaffDeMarkerTrendCycleのポジションの変化をベースにしたものです。

インディケータColorSchaffDeMarkerTrendCycleは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

ローソクタイプのインディケータLSMA_Angle_

インディケータ Schaff Trend Cycleは、2つの異なるDeMarkerオシレータ―の間の差に基づくものです。

インディケータColorZerolagDeMarkerは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

このオシレータ―DeMarkerのアナログは、DeMarkerの5つのインディケータを使い自分の値を形成します。

インディケータ MultiDeMarkerTrend_x10は、異なる10の時間軸のDeMarkerインディケータの動向を使用して、現在のトレンド情報を反映します。

現在のトレンドを反映する為に使用する、それぞれのオシレータ―DeMarkerの入力パラメータの個別設定をすることができるインディケータDeMarkerTrend_x10の変種

インディケータ DeMarkerTrend_x10は、オシレータ―DeMarkerの10の時間軸の状況を反映します。

エキスパートアドバイザ Exp_LSMA_Angleは、買われ過ぎと売られ過ぎのレベルのLSMA_Angleヒストグラムの突破に基づき構築されています。

インディケータLSMA_Angleは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

インディケータLSMAは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

現在のトレンドを反映する為に使用する、それぞれのオシレータ―Stochasticの入力パラメータの個別設定をすることができるインディケータStochasticTrend_x10の変種

現在のトレンドを反映する為に使用する、それぞれのオシレータ―MFIの入力パラメータの個別設定をすることができるインディケータMFITrend_x10の変種

インディケータ LRMAは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

インディケータ LinearRegSlope_V2のベースとシグナルのラインの交差を使用するシグナルインディケータ

インディケータ LinearRegSlope_V1のベースとシグナルのラインの交差を使用するシグナルインディケータ

エキスパートアドバイザ Exp_LinearRegSlope_V1は、インディケータLinearRegSlope_V1の雲の色が変わった時に入ります。

インディケータ LinearRegSlope_V2は、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

現在のトレンドを反映する為に使用する、それぞれのオシレータ―RSIの入力パラメータの個別設定をすることができるインディケータRVITrend_x10の変種

現在のトレンドを反映する為に使用する、それぞれのオシレータ―RSIの入力パラメータの個別設定をすることができるインディケータRSITrend_x10の変種

インディケータ LaguerreFilterのベースとシグナルの交差を使用するシグナルインディケータ

インディケータLaguerre_ADXの色をアルゴリズムを使い変えるシグナルインディケータ

インディケータLaguerre_ADX_Histogramは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

エキスパートアドバイザ Exp_Laguerre_ADXは、インディケータLaguerre_ADXの色の変化をベースに構築されています。

インディケータdynamixは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

カラーヒストグラムとしての1つのウィンドウでの、インディケータLaguerre_PlusDiとLaguerre_MinusDiの違い

雲としての1つのウィンドウでの、インディケータLaguerre_PlusDiとLaguerre_MinusDi

雲としての1つのウィンドウでの、インディケータLaguerre_PlusDiとLaguerre_MinusDiは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

インディケータ LeManChanelは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

1...145146147148149150151152153154155156157