無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

ライブラリ

T3インディケータに基づいた取引シグナルモジュール - MetaTrader 5のためのライブラリ

Aleksey Sergan | Japanese English Русский 中文 Español Deutsch Português

ビュー:
347
レーティング:
投票: 25
パブリッシュされた:
2016.05.16 16:31
アップデートされた:
2016.11.22 07:34
\MQL5\Include\Expert\MySignals\\MQL5\Indicators\
t3.mq5 (5.55 KB)ビュー
\MQL5\Include\

シグナルは、完成したバーで形成されます。T3インディケータは取引シグナルモジュールのカスタムインディケータとして使用されます。

下向きの移動平均線の交差はロングポジションを開くためのシグナルで、上向きの交差はショートポジションを開くためのシグナルです。

検証の際には以下の入力パラメータが使用されました。

  • T3Period: 14
  • b_: 70
  • その他の入力パラメータ:デフォルト値
  • 銘柄:GBPUSD
  • ロット:0.1
  • ストップロス、テイクプロフィットやトレイリングは使用されませんでした。

この取引シグナルモジュールをMQL5ウィザードで使用するには、basedonindicatorexpertsignal.mqhとt3signal.mqhを terminal_data_folder\MQL5\Include\Expert\Signal\MySignals に配置します。このモジュールはT3インディケータを使用し、t3.mq5は terminal_data_folder\MQL5\Indicators に配置されます。smoothalgorithms.mqhライブラリはterminal_data_folder\MQL5\Include に配置されます。

T3インディケータに基づいた約定

T3インディケータに基づいた取引シグナル

履歴バックテスト結果(2011年元旦、GBPUSD M15)

T3インディケータに基づいた履歴バックテストストラテジー(GBPUSD、M15)

T3インディケータに基づいた履歴バックテストストラテジー(GBPUSD、M15)

毎時:

T3インディケータに基づいた履歴バックテストストラテジー(GBPUSD、 H1)

T3インディケータに基づいた履歴バックテストストラテジー(GBPUSD、 H1)

日時:

T3インディケータに基づいた履歴バックテストストラテジー(GBPUSD、 Daily)

T3インディケータに基づいた履歴バックテストストラテジー(GBPUSD、 Daily)

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/447

フィボナッチ・リトレースメント フィボナッチ・リトレースメント

このインディケータは、バーのユーザ定義の数のためのフィボナッチリトレースメントレベルをプロットします。

シャンデモメンタムオシレータに基づいた取引シグナルモジュール シャンデモメンタムオシレータに基づいた取引シグナルモジュール

シャンデモメンタムオシレータの買われ過ぎ/売られ過ぎレベルの交差が、注文を出すためのシグナルとして使用されています。

FineClock FineClock

Fine Clock. すべてのチャートに表示されます。

HistoryLoader HistoryLoader

履歴データへのアクセス管理と結果処理のための多通貨エキスパートアドバイザーの機能モジュールです。