無料でロボットをダウンロードする方法を見る
Facebook上で私たちを見つけてください。
私たちのファンページに参加してください
MetaTrader 5ターミナルからコードベースにアクセスしてください。
適切なコードが見つからなかったらフリーランスセクションで注文できます
エキスパートアドバイザーやインディケータを書く方法

MetaTrader 5のためのMQL5エキスパートアドバイザーソースコード

icon

次の基本的なルールに従ってエキスパートアドバイザーは価格チャートを分析して自動取引します。ここではいろいろな問題を解決するMQL5ソースコードを見つけることができます。移動平均線のクロスに基づいた単純なエキスパートアドバイザーと、複雑なシグナル生成アルゴリズムと取引ミスのプロテクトを含んだ複雑なエキスパートアドバイザーの両方を選択できます。

MetaTrader 5の中で提供されたエキスパートアドバイザーをダウンロードし実行することができます。自動売買ロボットを使用する前にストラテジーテスターの中でそれらをテストして最適化することをお勧めします。エキスパートアドバイザーのライブラリはMetaTrader 5プラットフォームとMetaEditor開発環境から直接使用することができます。

コードを投稿

本書「MQL5を使用したアルゴリズム取引のためのニューラルネットワーク」は、人工知能とニューラルネットワークの理論的基礎と、MQL5プログラミング言語を使った金融取引への応用の実践的側面の両方を網羅した包括的なガイドブックです。

本書最後となる第7部では、MetaTrader 5のプログラムを開発する際に役立つMQL5 APIの高度な機能について説明します。これには、カスタム金融銘柄、組み込みの経済指標カレンダーイベント、およびネットワーキング、データベース、暗号化などの汎用テクノロジーが含まれます。

『トレーダーのためのMQL5プログラミング』の第6部では、MQL5言語の重要な要素である取引の自動化について学びます。まず、金融商品の仕様や取引口座の設定など、基本的なエンティティについて説明します。これらはエキスパートアドバイザー(EA)を適切に動作させるための前提条件です。

本書の第5部では、金融データの分析・処理、チャートの視覚化、自動化、ユーザーとのインタラクションなど、アルゴリズム取引に関連するAPIについて掘り下げていきます。

本書の第4部では、組み込み関数(MQL5 API)のマスターに焦点を当て、徐々に特殊なサブシステムに踏み込んでいきます。どんなMQL5プログラムでも、多くのテクノロジーと機能を利用することができます。したがって、ほとんどのプログラムで利用できる最もシンプルで便利な機能から始めるのが理にかなっています。

第3部「MQL5でのオブジェクト指向プログラミング」では、MQL5言語によるオブジェクト指向プログラミング(OOP)の世界に浸ることができます。ソフトウェア開発には、複数のエンティティの管理に関連する複雑さが伴うことが多く、プログラミングの利便性、生産性、品質を向上させる高度な技術が必要とされます。

第2部「MQL5プログラミングの基礎」では、このプログラミング言語の主要な概念を紹介します。本書のこの部分では、データ型、識別子、変数、式、および演算子について説明します。さまざまな命令を組み合わせてプログラムロジックを形成する方法を学びます。

本書の第1章では、MQL5言語と開発環境を紹介しています。MQL4(MetaTrader 4言語)と比較してMQL5言語で導入された新機能の1つは、オブジェクト指向プログラミング(OOP)のサポートです。これはC++に似ています。

このエキスパートアドバイザーは取引を行いません。標準的なCanvasライブラリを使って実装されたシンプルなパネルで、マウスを使って数字を書くことができます。数字の認識には、訓練されたmnist.onnxモデルが使用されます。

iMACD指標(Moving Average Convergence/Divergence, MACD)に基づいたエキスパートアドバイザーです。

このEAではポジションの平均が実装されます。 平均iStdDevはスライディングウィンドウで計算されます。

エキスパートアドバイザーは逆指値買い(BuyStop)注文と逆指値売り(SellStop)注文を出します。 マーチンゲール。

ColorMaRsi-Trigger指標シグナルに基づく2つの同一の取引システム(売取引および買取引用)で、単一のEA内でさまざまな方法で設定できます。これまでの取引システムの結果に応じて今後の取引量を変更できます。

エキスパートアドバイザーは逆指値買い(BuyStop)注文と逆指値売り(SellStop)注文を出します。

SpearmanRankCorrelation_Histogram指標シグナルに基づいた取引システムです。

SR-RateIndicator指標シグナルに基づいた取引システムです。

このエキスパートアドバイザーは指値買い(BuyLimit)注文と指値売り(SellLimit)注文を出します。 D1時間枠の高値と安値が使用されます(バー#1とバー#2)。

Puria methodに基づいた取引システムです。.

このエキスパートアドバイザーは2つのiMA (移動平均、Moving Avrage, MA)とiRSI (相対力指数、Relative Strength Index, RSI)指標に基づいています。

BullsBearsEyesindicatorカスタム指標に基づいたエキスパートアドバイザーです。

エキスパートアドバイザーはバーが開くときにギャップを待ちます。

Gold Dust

iMA(移動平均、Moving Average、MA)とiMACD(Moving Average Convergence/Divergence、MACD)に基づいたエキスパートアドバイザーです。

ColorMETRO指標シグナルに基づく2つの同一の取引システム(売取引および買取引用)で、単一のEA内でさまざまな方法で設定できます。これまでの取引システムの結果に応じて今後の取引量を変更できます。

この戦略は、D1 TFのiAO(Awesome Oscillator、AO)とH1のiStochastic(Stochastic Oscillator、Stoh)の2つの時間枠で計算された2つの指標に基づいています。

RSIカスタム指標に基づいたエキスパートアドバイザーです。

VortexIndicator指標シグナルに基づく2つの同一の取引システム(売取引および買取引用)で、単一のEA内でさまざまな方法で設定できます。これまでの取引システムの結果に応じて今後の取引量を変更できます。

取引は昨日のOHLCを現在の日の値で分析したものに基づいています。

RSI EA - iRSI(相対強度指数、RSI)指標によって決定された買われ過ぎ/売られ過ぎ領域に基づく取引です。

Slow-Stoch指標のシグナルに基づく2つの同一の取引システム(ロングポジションとショートポジション用)で、1つのエキスパートアドバイザー内でさまざまな方法で設定できます。

簡単な説明

iRSI (Relative Strength Index, 相対力指数、RSI)指標とRFTL指標に基づいたエキスパートアドバイザーです。

市場ポジションのグリッドです。 マーチンゲール。

iMA(移動平均、MA)指標に基づいたエキスパートアドバイザーです。 シグナル反転。 ロットは固定またはリスクの割合です。

ランダムエントリ。 乱数ジェネレータによるエントリです。

LBS

逆指値注文の操作。 EAはiATR (Average True Range、ATR)指標を適用します。

RJTX_Matches_Smoothed指標のシグナルに基づく2つの同一の取引システム(ロングポジションとショートポジション用)。1つのエキスパートアドバイザー内でさまざまな方法で設定できます。

FineTuningMACandle指標シグナルに基づいた取引システムです。

先物取引とスワップ仮想通貨契約のマーケットメーカーロボットです。

i-KlPrice_Vol_Direct指標のシグナルに基づいた取引システムです。

12345678910111213141516171819202122232425262728293031