MQL5 ストレージ: ソースコードリポジトリ

MQL5ストレージは、MQL4/MQL5 ソースコード用の個人的なオンラインストレージです。このサービスは世界中のどこからでもファイルへの安全なアクセスを保証し、他のMQL5.communityメンバーと協力して大きなプロジェクトを開発する機会を提供します。

MQL5ストレージへのアクセスは無料で提供されています。パーソナルストレージはMetaEditorで有効にできます。

ソースコードの個人用MQL5ストレージ

MetaEditorとの直接統合

コードストレージはMetaEditorに統合されているので、追加のソフトウェアを使用することなく直接エディタにデータを保存してストレージから受信することができます。

MetaEditorに内蔵されたMQL5ストレージ

バージョンコードストレージ

MQL5ストレージは、Subversionに基づいて実装されたバージョン管理システムを備えています。すべての更新の変更日や作成者などの詳細を表示したり、必要に応じて変更をキャンセルしたり、数回のクリックで以前のバージョンに戻すことができます。

MQL5ストレージには、変更の履歴がすべて保存され、いつでも表示できます。

世界各地からのアクセスコード

MQL5ストレージを使用すると、どのコンピュータからでもコードファイルにアクセスできます。MetaEditor設定でMQL5アカウントを指定して保存し、使用可能なファイルをストレージからダウンロードします。

データセキュリティ

MQL5ストレージではソースコードファイルのセキュリティが保証されます。保護されたサーバに格納されているデータには、自分だけがアクセスできます。また、コンピュータのハードディスクに障害が発生した場合でも、ローカルコピーをストレージから迅速に復元することができます。

共有プロジェクト

MQL5ストレージはオンラインの共有プログラミングプロジェクトをサポートしています。 MetaEditorで共有プロジェクトを作成し、参加者を追加して適切な権限を配布することができます。プロジェクトに参加するには、MQL5アカウントのみが必要です。プロジェクトのいずれかを公開として設定し、MQL5.comのメンバーから支援を求めることができます。

共有プロジェクトをサポートするMQL5ストレージ

プラットフォーム間のデータ移行

ソースコードに加えて、MQL5ストレージには、チャートテンプレートやプロファイル、取引記号セット、MQL5プログラムのテストパラメータなどの他の有用なファイルも保存できます。ファイルをMQL5ストレージにアップロードし、MQL5アカウントを使用して任意のコンピュータからアクセスします。

MQL5ストレージを使用すると、異なるコンピュータ上のプラットフォーム間でファイルを簡単に転送できます。


ストレージを無料で接続する >>