無料でロボットをダウンロードする方法を見る

あなたのMetaTrader 5ターミナルからコードベースにアクセスしてください。

正しいコードが見つかりませんでしたか?フリーランスセクションでそれをオーダーしてください

エキスパートアドバイザーやインディケーターをどのように書くか

MetaTrader 5のためのMQL5ソースコードライブラリ - 150

これがMetaTrader 5プラットフォームプログラムのための最大の無料ソースコードライブラリです。ここであなたは既製のエキスパートアドバイザー、テクニカルインディケーター、スクリプトとライブラリを見つけることができます。MQL5言語を学び提供されたコードに基づいたあなた自身の自動トレーディングアプリケーションを開発するときにコードライブラリを使ってください。

あなたはパブリッシュされたコードを無料でダウンロードしテストすることができ、またMetaTrader 5の中でそれらを実行することもできます。ライブラリはMetaTrader 5プラットフォームとMetaEditor開発環境から直接使用することができます。

新しいコードを投稿するためには ログインしてください または 登録する
最新の|ベスト

2色のヒストグラムを作成するインディケータMACDの変化の速度を表示する最も簡単なオシレータ―です。

インディケータ fractal_dimensionは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

インディケータMomentumのボリュームと時間の計算を使用する、インディケータMomentumの変種です。

エキスパートアドバイザは、全ての通貨ペアまたは、現在の通貨ペアごとに、損益分岐を転置、またはポジションをトレールします。

DRAW_FILLINGバッファを使用し、色がついた長方形によって、より大きな時間軸からインディケータDotsCandleのローソク足を描くインディケータです。

ローソクタイプのインディケータ Dots価格の時系列値に相応するインディケータDotsのアルゴリズムによる処理からローソク足が構成されます。

インディケータDotsのシグナルをベースに構成された取引システムです。

インディケータSuper_Trendのシグナルをベースに構成された取引システムです。

インディケータSuper_Trendのトレンドアルゴリズムを使うシグナルインディケータです。

インディケータDotsのトレンドアルゴリズムを使うシグナルインディケータです。

インディケータ Dotsは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

価格チャート上に直接配置されるトレンドインディケータです。

エキスパートアドバイザ Exp_ColorXCCXCandleは、インディケータColorXCCXCandleのローソクの色の変化をベースに構築されています。

インディケータ Super_Trendは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

ポジションを開くタイミングを単純明快に表示するトレンドインディケータです。

インディケータMomentumCandleSignのシグナルをベースに構成された取引システムです。

インディケータ XMA_Range_Channelは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

インディケータ Ultra_Oscillatorは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

別ウィンドウの3つの異なる時間枠の移動平均の合計。

このスクリプトは選択したシンボルの全てのウィンドウを閉じる、または全てのウィンドウを閉じます。

建玉側からの最後の取引に応じて取引を行うスカルパーです。

インディケータXMA_Range_Channelのシグナルをベースに構成された取引システムです。

インディケータ WPRは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

インディケータ VininI_BBは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

インディケータJMACandleSignのシグナルをベースに構成された取引システムです。

インディケータ Asymmetryは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

ポジションを開くための安全なストップレベルを計算するのに役立つインディケータです。

価格列のOpenとClose値をベースにした、JMAの2つのインディケータを使用したシグナルインディケータです。

インディケータ geTrendOscは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

時系列のHighとLowの平均をベースにした2つの移動平均を形成するチャンネル。チャンネルの範囲からはみ出るローソクは、トレンドに応じた色で表示されます。

インディケータ FPは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

ローソクタイプのインディケータ MFI価格の時系列値に相応するMFIのアルゴリズムによる処理からローソク足が形成されます。

ローソクタイプのインディケータ WPR (Williams’ Percent Range)です。価格の時系列値に相応するインディケータWPRのアルゴリズムによる処理からローソク足が形成されます。

1つのウィンドウにClose、High、Lowが入った、3つのWPR(Williams’ Percent Range)同時間枠オシレーターです。

計算の為の価格タイプ(Close、High、Low)を選択することができる通常のWPR(Williams’ Percent Range)です。

DRAW_FILLINGバッファを使用し、色がついた長方形によって、より大きな時間軸からインディケータJMACandleのローソク足を描くインディケータです。

適応移動平均JMAは、標準偏差アルゴリズムに基づいて、トレンド力をカラーの点で追加表示するものです。

ローソクタイプのインディケータ JMA

インディケータ JMAは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

価格列のOpenとClose値をベースにした、Momentumの2つのインディケータを使用したシグナルインディケータです。

1...143144145146147148149150151152153154155156157