ResourceSave

リソースを指定されたファイルに保存します。

bool  ResourceSave(
  const string  resource_name      // リソース名
  const string  file_name          // ファイル名
  );

パラメータ

resource_name

[in]  「::」から始まるリソース名

file_name

[in]  MQL5\Files からのファイルの相対名

戻り値

成功の場合は true、それ以外の場合は fals。エラー情報を取得するには、GetLastError() が呼ばれます。

注意事項

この関数は常にファイルを上書きし、必要に応じてファイル名に必要な全ての中間ディレクトリを作成します。

参照

リソースObjectCreate()PlaySound()ObjectSetString()OBJPROP_BMPFILE