ChartSaveTemplate

チャートの設定を指定された名称のテンプレートに保存します。

bool  ChartSaveTemplate(
  long          chart_id,     // チャート識別子
  const string  filename      // テンプレートを保存するファイル名
  );

パラメータ

chart_id

[in]  チャート識別子。( 0 は現在のチャート)

filename

[in]  テンプレートを保存するファイル名「.tpl」 拡張子は自動的にファイル名に追加されるので、指定する必要はありません。テンプレートは terminal_directory\Profiles\Templates\ に保存され、端末での手動適用のために使用することが出来ます。同名のテンプレートが既存する場合、このファイルの内容は上書きされます。

戻り値

成功の場合は true、それ以外の場合は false。エラー情報を取得するには、GetLastError() 関数が呼ばれます。

注意事項

テンプレートを使用すると、適用される指標やグラフィカルオブジェクトとチャートの設定を全て保存し、後に別のチャートに適用出来ます。

例:

//+------------------------------------------------------------------+
//|                                       Test_ChartSaveTemplate.mq5 |
//|                        Copyright 2011, MetaQuotes Software Corp. |
//|                                             https://www.MQL5.com |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright "Copyright 2011, MetaQuotes Software Corp."
#property link     "https://www.mql5.com"
#property version   "1.00"
#property script_show_inputs
//--- 入力パラメータ
input string               symbol="GBPUSD"; // 新しいチャートのシンボル
input ENUM_TIMEFRAMES     period=PERIOD_H3; // 新しいチャートの時間軸
//+------------------------------------------------------------------+
//| スクリプトプログラムを開始する関数                                          |
//+------------------------------------------------------------------+
void OnStart()
 {
//--- 最初のチャートに指標を取り付ける
  int handle;
//--- 指標を使用に向けて準備する
  if(!PrepareZigzag(NULL,0,handle)) return; // 失敗に続く終了
//--- チャートに指標を別ウィンドウで取り付ける
  if(!ChartIndicatorAdd(0,1,handle))
    {
    PrintFormat("Failed to attach to chart %s/%s an indicator with the handle=%d. Error code %d",
                _Symbol,
                EnumToString(_Period),
                 handle,
                GetLastError());
    //--- プログラム動作を終了する
    return;
    }
//--- チャートを更新して指標を表示する
  ChartRedraw();
//--- ジグザグの最後の 2 つの切れ目を探す
  double two_values[];
  datetime two_times[];
  if(!GetLastTwoFractures(two_values,two_times,handle))
    {
    PrintFormat("Failed to find two last fractures in the Zigzag!");
    //--- プログラム動作を終了する
    return;
    }
//--- 標準偏差チャンネルを取り付ける
  string channel="StdDeviation Channel";
  if(!ObjectCreate(0,channel,OBJ_STDDEVCHANNEL,0,two_times[1],0))
    {
    PrintFormat("Failed to create object %s. Error code %d",
                EnumToString(OBJ_STDDEVCHANNEL),GetLastError());
    return;
    }
  else
    {
    //--- チャンネルが作成されたので2 番目の点を定義する
    ObjectSetInteger(0,channel,OBJPROP_TIME,1,two_times[0]);
    //--- チャンネルのツールヒントテキストを設定する
    ObjectSetString(0,channel,OBJPROP_TOOLTIP,"Demo from MQL5 Help");
    //--- チャートを更新する
    ChartRedraw();
    }
//--- テンプレートに結果を保存する
  ChartSaveTemplate(0,"StdDevChannelOnZigzag");
//--- 新しいチャートを開いて、保存されたテンプレートを適用する
  long new_chart=ChartOpen(symbol,period);
  //--- グラフィックオブジェクトのツールヒントを有効にする
  ChartSetInteger(new_chart,CHART_SHOW_OBJECT_DESCR,true);
  if(new_chart!=0)
    {
    //--- 保存されたテンプレートをチャートに適用する
    ChartApplyTemplate(new_chart,"StdDevChannelOnZigzag");
    }
  Sleep(10000);
 }
//+------------------------------------------------------------------+
//| ジグザグのハンドルを作成し、データの準備を整える        |
//+------------------------------------------------------------------+
bool PrepareZigzag(string sym,ENUM_TIMEFRAMES tf,int &h)
 {
  ResetLastError();
//--- ジグザグ指標は terminal_data_folder\MQL5\Examples に位置する必要がある
  h=iCustom(sym,tf,"Examples\\Zigzag");
  if(h==INVALID_HANDLE)
    {
    PrintFormat("%s: Failed to create the handle of the Zigzag indicator. Error code %d",
                __FUNCTION__,GetLastError());
    return false;
    }
//--- 指標ハンドルを作成時には、値を計算するための時間が必要となる
  int k=0; // 指標計算を待機する試みの回数
//--- 各ループで50ミリ秒停止して計算を待機する
  while(BarsCalculated(h)<=0)
    {
     k++;
    //--- 試みの回数を表示する
    PrintFormat("%s: k=%d",__FUNCTION__,k);
    //--- 指標が計算されるまで 50 ミリ秒待機する
    Sleep(50);
    //--- 100 回以上試みた場合は、何かがおかしい
    if(k>100)
       {
        //--- 問題を報告する
        PrintFormat("Failed to calculate the indicator for %d attempts!");
        //--- プログラム動作を終了する
        return false;
       }
    }
//--- 指標が作成され、値が計算されて、準備が整う
  return true;
 }
//+------------------------------------------------------------------+
//| ジグザグの最後の 2 つの切れ目を探して配列に書き込む    |
//+------------------------------------------------------------------+
bool GetLastTwoFractures(double &get_values[],datetime &get_times[],int handle)
 {
  double values[];         // ジグザグの値の配列
  datetime times[];       // 時間取得の配列
  int size=100;           // 配列サイズ
  ResetLastError();
//--- 指標の最後の100 個の値を複製する
  int copied=CopyBuffer(handle,0,0,size,values);
//--- 複製された値の数をチェックする
  if(copied<100)
    {
    PrintFormat("%s: Failed to copy %d values of the indicator with the handle=%d. Error code %d",
                __FUNCTION__,size,handle,GetLastError());
    return false;
    }
//--- 配列へのアクセスの順序を時系列のように定義する
  ArraySetAsSeries(values,true);
//--- 切れ目が見つかったバーの数を書く
  int positions[];
//--- 配列サイズを設定する
  ArrayResize(get_values,3); ArrayResize(get_times,3); ArrayResize(positions,3);
//---カウンタ
  int i=0,k=0;
//--- 切れ目を探し始める
  while(i<100)
    {
    double v=values[i];
    //--- 空の値には興味がない
    if(v!=0.0)
       {
        //--- バー番号を覚える
        positions[k]=i;
        //--- 切れ目でのジグザグの値を覚える
        get_values[k]=values[i];
        PrintFormat("%s: Zigzag[%d]=%G",__FUNCTION__,i,values[i]);
        //--- カウンタを増加する
        k++;
        //--- 切れ目が 2 つ見つかったら、ループから出る
        if(k>2) break;
       }
     i++;
    }
//--- 配列へのアクセスの順序を時系列のように定義する
  ArraySetAsSeries(times,true);   ArraySetAsSeries(get_times,true);
  if(CopyTime(_Symbol,_Period,0,size,times)<=0)
    {
    PrintFormat("%s: Failed to copy %d values from CopyTime(). Error code %d",
                __FUNCTION__,size,GetLastError());
    return false;
    }
//--- 最後の 2 つの折れ目が発生したバーのオープン時間を開く
  get_times[0]=times[positions[1]];// 最後から2 番目の値が初めの折れ目として書かれる
  get_times[1]=times[positions[2]];// 最後から3 番目の値が2 番目の折れ目になる
  PrintFormat("%s: first=%s,  second=%s",__FUNCTION__,TimeToString(get_times[1]),TimeToString(get_times[0]));
//--- 成功
  return true;
 }

参照

ChartApplyTemplate()リソース