MQL5 リファレンス取引関数HistoryDealGetString 

HistoryDealGetString

約定のリクエストされたプロパティを返します。 約定プロパティは string 型でなければなりません。この関数には 2 つのバージョンがあります。

1. すぐにプロパティ値を返します。

string  HistoryDealGetString(
  ulong                      ticket_number,    // チケット
  ENUM_DEAL_PROPERTY_STRING  property_id        // プロパティ識別子
  );

2. 関数実行の成功に応じて true または false を返します。成功した場合、プロパティの値は、参照によって渡された最後のパラメータに配置されます。

bool  HistoryDealGetString(
  ulong                      ticket_number,    // チケット
  ENUM_DEAL_PROPERTY_STRING  property_id,       // プロパティ識別子
  string&                    string_var        // プロパティ値を受け取る
  );

パラメータ

ticket_number

[in]   約定チケット

property_id

[in]   約定プロパティ識別子値は ENUM_DEAL_PROPERTY_STRING 列挙のいずれかです。

string_var

[out] リクエストされたプロパティ値を受け取るstring 型の変数

戻り値

string 型の変数

注意事項

注文約定 及び ポジションは混乱されてはなりません。 約定は注文実行の結果で、ポジションは 1 つ以上の 約定の結果の概要です。

参照

HistoryDealsTotal()HistorySelect()HistoryDealGetTicket() 約定プロパティ