ポジションプロパティ

取引操作の実行は、注文を出すこと、ボリューム及び/または方向の変更、または解除につながります。取引操作は OrderSend() 関数で取引リクエストとして送られた注文を通して行われます。各有価証券 (シンボル)では、ポジションは 1 つだけ可能です。ポジションには PositionGet...() 関数での読み込みが可能なプロパティセットがあります。

PositionGetInteger() 関数では

ENUM_POSITION_PROPERTY_INTEGER

識別子

説明

Type

POSITION_TICKET

ポジションチケット。各保有ポジションに新たに割り当てられた固有の番号。通常、その結果としてポジションを保有する、注文のチケットに対応します(サーバー上で行われた操作の結果、チケットが変更された場合を除く)。例えば、ポジションの再保有によるスワップの加算です。ポジションを保有することになった注文を見つけるには、POSITION_IDENTIFIERプロパティを使用する必要があります。
 

POSITION_TICKETMqlTradeRequest::positionと一致します。

long

POSITION_TIME

注文が出された時刻。

datetime

POSITION_TIME_MSC

01.01.1970 から経ったミリ秒で表された注文が出された時刻。

long

POSITION_TIME_UPDATE

01.01.1970 から経った秒数で表されたポジション変更時刻。

long

POSITION_TIME_UPDATE_MSC

01.01.1970 から経ったミリ秒で表されたポジション変更時刻。

long

POSITION_TYPE

ポジションの種類。

ENUM_POSITION_TYPE

POSITION_MAGIC

ポジションマジックナンバー(ORDER_MAGICを参照)。

long

POSITION_IDENTIFIER

ポジション識別子は、全ての新しくオープンしたポジションに割り当てられ、ポジションのライフタイムに一貫する固有の番号です。識別子はポジションのターンオーバによって変更されません。
ポジション識別子は、ポジションを開く、変更する、または決済するために使用される各注文(ORDER_POSITION_ID)と約定(DEAL_POSITION_ID)で指定されています。ポジションに関連した注文や約定を検索するにはこのプロパティを使用します。

ネッティングモード(単一のイン/アウト取引を使用)でポジションが反転された場合、POSITION_IDENTIFIERは変更されません。 ただし、POSITION_TICKETは、その反転につながった注文のチケットに置き換えられます。 ポジション反転はヘッジモードでは提供されません。

long

POSITION_REASON

ポジションを開く理由。

ENUM_POSITION_REASON

PositionGetDouble() 関数

ENUM_POSITION_PROPERTY_DOUBLE

識別子

説明

Type

POSITION_VOLUME

ポジションボリューム。

double

POSITION_PRICE_OPEN

ポジションの始値。

double

POSITION_SL

未決済ポジションの決済逆指レベル。

double

POSITION_TP

未決済ポジションの決済指値。

double

POSITION_PRICE_CURRENT

ポジションシンボルの現在価格。

double

POSITION_SWAP

累積スワップ。

double

POSITION_PROFIT

現在の利益。

double

PositionGetString() 関数では

ENUM_POSITION_PROPERTY_STRING

識別子

説明

Type

POSITION_SYMBOL

ポジションのシンボル。

string

POSITION_COMMENT

ポジションコメント。

string

 

ポジションの方向(売買)は ENUM_POSITION_TYPE 列挙から値によって定義されています。ポジションの種類を取得するには PositionGetInteger() 関数を POSITION_TYPE 修飾子と使用します。

ENUM_POSITION_TYPE

識別子

説明

POSITION_TYPE_BUY

買い。

POSITION_TYPE_SELL

売り。

 

POSITION_REASONプロパティにはポジションを開いた理由が含まれます。ポジションは、デスクトップターミナル、モバイルアプリケーション、エキスパートアドバイザーなどから出された注文のアクティブ化の結果として開かれます。POSITION_REASONの可能な値は、ENUM_POSITION_REASON列挙体に記述されています。

ENUM_POSITION_REASON

識別子

説明

POSITION_REASON_CLIENT

ポジションは、デスクトップターミナルから出された注文のアクティブ化の結果として開かれた

POSITION_REASON_MOBILE

ポジションは、モバイルアプリケーションから出された注文のアクティブ化の結果として開かれた

POSITION_REASON_WEB

ポジションは、webプラットフォームから出された注文のアクティブ化の結果として開かれた

POSITION_REASON_EXPERT

ポジションは、MQL5プログラム(エキスパートアドバイザーまたはスクリプト)から出された注文のアクティブ化の結果として開かれた