MQL5 リファレンス取引関数HistorySelectByPosition 

HistorySelectByPosition

指定されたポジション識別子を有する取引や注文履歴を取得します。

bool  HistorySelectByPosition(
  long   position_id    // ポジション識別子 - POSITION_IDENTIFIER
  );

パラメータ

position_id

[in]  全ての実行された注文と約定に設定されるポジション識別子

戻り値

成功の場合は true、それ以外の場合は false

注意事項

取引履歴の注文を「ツールボックス」バーの「取引」タブに表示される未決注文 と混乱してはいけません。取り消されたまたはトランザクションにつながった 注文のリストはクライアント端末の「ツールボックス」バーの「履歴」タブで見られます。

HistorySelectByPosition() は MQL5 プログラムに指定されたポジション識別子 を持った注文リストと約定リストを作成し、対応する関数での要素参照を可能にします。約定リストのサイズは HistoryDealsTotal() 関数、注文リストのサイズは HistoryOrdersTotal() 関数を使用して取得することが出来ます。注文リストの要素を全部参照するには HistoryOrderGetTicket()、約定リストの要素を全部参照するには HistoryDealGetTicket() が使用されるべきです。

MQL5 プログラムで使用可能な注文履歴のリストは HistoryOrderSelect() の使用後にリセットされ チケットによる注文の検索が成功した場合、見つかった注文で書き入れられます。MQL5 プログラムで使用可能な取引履歴のリストについても同じことが言えます。それは HistoryDealSelect() にリセットされ、チケットによる取引が受け取られた場合、それで書き込まれます。

参照

HistorySelect()HistoryOrderGetTicket()注文プロパティ