約定プロパティ

約定は取引リクエストを含む注文に基づいた取引操作の実行の事実を反映しています。 各取引は、関係した情報取得を可能にするプロパティによって記述されます。プロパティ値の読み込みには対応する列挙からの値を返す HistoryDealGet...() 型の関数が使用されます。

HistoryDealGetInteger() 関数

ENUM_DEAL_PROPERTY_INTEGER

識別子

説明

Type

DEAL_TICKET

取引チケット。各取引に割り当てられる固有の番号です。

long

DEAL_ORDER

約定の注文番号

long

DEAL_TIME

約定時刻。

datetime

DEAL_TIME_MSC

01.01.1970 から経過したミリ秒数で表された 約定実行時刻。

long

DEAL_TYPE

約定の種類。

ENUM_DEAL_TYPE

DEAL_ENTRY

約定エントリー (エントリーイン、エントリーアウト、リバース)。

ENUM_DEAL_ENTRY

DEAL_MAGIC

約定マジックナンバー(ORDER_MAGIC を参照)。

long

DEAL_REASON

約定実行のソースまたは理由。

ENUM_DEAL_REASON

DEAL_POSITION_ID

約定の開始、変更や変化が起きたポジションのポジション識別子。ポジションは、ライフタイムを通して、シンボルに実行された全ての約定に割り当てられている固有の識別子を持ちます。

long

HistoryDealGetDouble()関数には

ENUM_DEAL_PROPERTY_DOUBLE

識別子

説明

Type

DEAL_VOLUME

約定量。

double

DEAL_PRICE

約定値。

double

DEAL_COMMISSION

約定手数料。

double

DEAL_SWAP

終了時の累積スワップ。

double

DEAL_PROFIT

約定の利益。

double

HistoryDealGetString() 関数には

ENUM_DEAL_PROPERTY_STRING

識別子

説明

Type

DEAL_SYMBOL

約定シンボル。

string

DEAL_COMMENT

約定コメント。

string

 

各 約定は種類によって特徴づけされ、可能な値は ENUM_DEAL_TYPE にみられます。 約定の種類について情報を取得するには HistoryDealGetInteger() を DEAL_TYPE 修飾子で使用します。

ENUM_DEAL_TYPE

識別子

説明

DEAL_TYPE_BUY

買い。

DEAL_TYPE_SELL

売り。

DEAL_TYPE_BALANCE

残高。

DEAL_TYPE_CREDIT

クレジット。

DEAL_TYPE_CHARGE

追加料金。

DEAL_TYPE_CORRECTION

修正。

DEAL_TYPE_BONUS

ボーナス。

DEAL_TYPE_COMMISSION

追加手数料。

DEAL_TYPE_COMMISSION_DAILY

日ごとの手数料。

DEAL_TYPE_COMMISSION_MONTHLY

月ごとの手数料。

DEAL_TYPE_COMMISSION_AGENT_DAILY

日ごとの仲介手数料。

DEAL_TYPE_COMMISSION_AGENT_MONTHLY

月ごとの仲介手数料。

DEAL_TYPE_INTEREST

金利。

DEAL_TYPE_BUY_CANCELED

取り消しされた買い。以前に実行された買い約定が取り消しされる場合があります。この場合には、以前に実行された約定(DEAL_TYPE_BUY)DEAL_TYPE_BUY_CANCELED に変更され、その利益/損失はゼロ化されます。先に取得された利益/損失は、別の残高操作で実行されます。

DEAL_TYPE_SELL_CANCELED

取り消しされた売り。以前に実行された売り約定が取り消しされる場合があります。この場合には、以前に実行された約定(DEAL_TYPE_SELL)DEAL_TYPE_SELL_CANCELED に変更され、その利益/損失はゼロ化されます。先に取得された利益/損失は、別の残高操作で実行されます。

DEAL_DIVIDEND

配当操作

DEAL_DIVIDEND_FRANKED

フランク(非課税)配当操作

DEAL_TAX

 

約定は ENUM_DEAL_TYPE に設定された種類のみではなく、ポジション変更方法においても異なります。これは単純なポジションオープン、または既にオープンされたポジションの蓄積(市場に参入)、同じボリュームの反対方向の約定によるポジション決済(市場から退出)、または、反対方向約定が建玉の蓄積をカバーする場合のポジションの逆転になりえます。

これらの状況の全ては ENUM_DEAL_ENTRY 列挙からの値によって記述されています。約定について情報を取得するには HistoryDealGetInteger()関数を DEAL_ENTRY 修飾子で使用します。

ENUM_DEAL_ENTRY

識別子

説明

DEAL_ENTRY_IN

エントリーイン。

DEAL_ENTRY_OUT

エントリーアウト。

DEAL_ENTRY_INOUT

リバース。

DEAL_ENTRY_OUT_BY

反対ポジションの決済。

 

DEAL_REASONプロパティには約定実行の理由が含まれます。約定は、モバイルアプリケーションまたはMQL5プログラムから出された注文のトリガ、ストップアウトイベント、変動証拠金計算の結果として実行されます。DEAL_REASONの可能な値は、ENUM_DEAL_REASON列挙体に記述されています。バランス、クレジット、手数料などの取引以外の約定理由はDEAL_REASON_CLIENTとして表示されます。

ENUM_DEAL_REASON

識別子

説明

DEAL_REASON_CLIENT

約定は、デスクトップターミナルから出された注文のアクティブ化の結果として実行された

DEAL_REASON_MOBILE

約定は、モバイルアプリケーションから出された注文のアクティブ化の結果として実行された

DEAL_REASON_WEB

約定は、webプラットフォームから出された注文のアクティブ化の結果として実行された

DEAL_REASON_EXPERT

約定は、MQL5プログラム(エキスパートアドバイザーまたはスクリプト)から出された注文のアクティブ化の結果として実行された

DEAL_REASON_SL

約定は、ストップロスのアクティブ化の結果として実行された

DEAL_REASON_TP

約定は、テイクプロフィットのアクティブ化の結果として実行された

DEAL_REASON_SO

約定は、ストップアウトイベントの結果として実行された

DEAL_REASON_ROLLOVER

約定は、ロールオーバーの結果として実行された

DEAL_REASON_VMARGIN

約定は、変動証拠金の課金の後で実行された

DEAL_REASON_SPLIT

約定は、スプリット(価格低下)の発表時にポジションを持っていた製品のスプリットによって実行された