MQL5 プログラミング記事

トレーディングストラテジーをプログラミングするためのMQL5言語 を、ほとんどがコミュニティーのメンバーが書いた数多くのパブリッシュされた記事で勉強してください。記事はプログラミングに関連した任意の質問に対する解答を素早く見つけることができるようにカテゴリーに分けられています: インテグレーション、テスター、トレーディングストラテジー等。

私たちの新しいパブリケーションをフォローし、フォーラム上でそれらについてディスカッションしてください!

最新の | ベスト

3つのラインブレイクチャートを作成するためのインディケータ

本稿は Steve Nison 氏が著書 "Beyond Candlesticks" で提案している「3つのラインブレークチャート」について取り上げます。このチャートの最大のメリットはそれにより前の変動に関して価格のマイナー変動にフィルターを描けることができることです。チャート作成の原則、インディケータのコード、それに基づくトレーディング戦略例についてお話していこうと思います。

SQL と MQL5:SQLite データベースとの連携

本稿はご自身のプロジェクトで SQL を利用することに興味のある開発者を対象としています。ここではSQLite の機能性とメリットについて説明します。SQLite の特別な知識は必要ありませんが、SQL の最小限の知識があれば役に立つと思います。

安くて楽しいニューラルネットワーク - MetaTrader 5 でNeuroPro へリンク

トレード用の特定のニューラルネットワークプログラムが高価で複雑そうであったら、反対にシンプル過ぎると思えたら、NeuroPro をお試しください。それは無料でアマチュア用の最適な機能セットが備えられています。本稿では MetaTrader 5 と連携してそれを利用する方法をお伝えします。

ビデオチュートリアル:MetaTrader Singals Service

15分にて、このビデオチュートリアルは、MetaTrader Singals Serviceが何であるか、そして詳細にどのようにトレードシグナルをサブスクライブするか、どのようにシグナル提供者になるかについて説明しています。このチュートリアルを見ると、どのトレードシグナルにもサブスクライブし、自身のシグナルを発行し、宣伝することができるようになります。

ラグのないデジタルフィルターの作成

本稿はストリームデータにおいて有用な信号(トレンド)を判断する方法の一つについて説明します。マーケットクオートに対して適用される小規模なフィルタリング(平滑化)テストが最終バーで再作成されないノンラギングデジタルフィルタ(インディケータ)作成の可能性を示しています。

MetaTrader 5の継続的な先物取引

先物取引の短期的なスパンは、テクニカル分析を複雑にします。短いチャートをテクニカル分析するのは難しいです。例えば、UX-9.13 Ukrainian Stockインデックス先物のディチャートにおけるバーの数は、100以上になります。したがって、トレーダーは総合的な長期の先物取引を作成します。この記事は、MetaTrader 5ターミナルにて、異なる日付の先物取引を組み合わせる方法を紹介します。

MQL5 エキスパートアドバイザーから、GSMモデムを使用する

現在、トレーディングのアカウントを監視する手段がたくさんあります:モバイルターミナルはICQを用い、プッシュ通知を行います。しかし、すべてインターネットの接続を必要とします。この記事は、特に呼び出しやテキストメッセージはできるが、モバイルのインターネットを使用できないような時にトレーディングターミナルの情報を取得できるようになるエキスパートアドバイザーを作成するプロセスを紹介します。

レンコチャートにおけるインジケーター

この記事は、MQL5のレンコチャートとその実装の例を紹介します。このインジケーターの修正は、古典的なチャートとは異なります。インジケーターウィンドウ、メインチャート上の両方で構築できます。さらに、ジグザグインジケーターがあります。そのチャートの実装例をいくつかご確認ください。

MQL5クックブック - MQL5での未決注文の取り扱いとマルチカレンシーエキスパートアドバイザー

今回は、指値売り、逆指値売りなど未決注文に基づくトレーディングアルゴリズムを持つマルチカレンシーエキスパートアドバイザーを作成していきます。この記事は、以下を紹介します:特定の時間半位におけるトレーディング、未決注文の実行・修正・削除、最後のポジションが利取りや損切りにて閉じられたかのチェック、各シンボルにおける取引の履歴の管理などです。

MQL5プログラミングベージックス:リスト

トレーディング戦略開発のためのプログラミング言語の新バージョン、MQL5は、以前のバージョン、MQL4と比較してより強力で効果的な機能を提供しています。その利点は本質的にオブジェクト指向プログラミングの機能にあります。この記事は、ノードやリストなど複雑なカスタムデータ型を用いることについて詳しく見ていきます。また、MQL5での実際的なプログラミングにてリストを用いる例を紹介します。

スピンドルチャートインジケーター

この記事は、スピンドルチャート描写とトレード戦略とEAにおけるその使い方に関するものです。まず、日本のロウソク足チャートとも繋がりがある、そのチャートについてみていきます。次に、MQL5言語でのソースコードベースでのインジケーターの実装について分析します。インジケーターとトレード手法に基づいてEAをテストしてみましょう。

MetaTrader 5 の注文、ポジション、取引

メタトレーダー5の取引システムの仕組みへの理解がなければ、信頼性のある自動取引ロボットの作成はできません。クライアントターミナルが売買サーバーにアクセスし、ポジションや注文、取引に関する情報を取得します。MQL5を使用し適切に取得したデータを扱うには、MQL5とクライアント側の相互の連携に関するより良い理解が必要になります。

われわれはいかにして MetaTrader シグナルサービスとソーシャルトレーディングを発展させたのでしょうか

われわれはシグナルサービスを強化し、メカニズムを改良し、新しい関数を追加し、欠陥を修正し続けています。2012年の MetaTrader シグナルサービスと現在の MetaTrader シグナルサービスはまったく異なる2つのサービスのようなものです。現在、特定バージョンの MetaTrader

トレードシグナルを購読選択する場合のチップステップバイステップガイド

このガイドは、シグナルサービス・トレードシグナルのテスト・要求されたシグナルを調べるアプローチシステムのためのものであり、潜在性・リスク・トレード意図・様々な口座タイプや金融ツールで稼働するという基準を満たします。

ZigZag インディケータ:新鮮なアプローチと新しいソリューション

本稿は高度なZigZag インディケータ作成の可能性を検証します。ノードを特定する考え方はエンベロープインディケータの使用に基づいています。連続したエンベロープに対する入力パラメータの特定の組合せを見つけることができ、そこでは ZigZag ノードはすべてエンベロープバンドの範囲 内にあると考えられます。結果的に新規ノードの座標を予測しようとすることができるのです。

エキスパートアドバイザーの注文と希望の結果の取得方法

どのように正しく必要条件の明記を記載するのでしょうか?エキスパートアドバイザーやインジケーターを注文する際にプログラマーに期待すべき点と、期待すべきではない点は何でしょうか?やりとりを記録するにはどうすべきで、何に対して特に注意すべきでしょうか?この記事は、これらの質問や、その他多くの人にとって明白ではない様々な質問に対する答えを提供します。

MQL5クラウドネットワーク:まだ計算しているのですか?

MQL5クラウドネットワークのサービスが開始してから、一年と半年ほど経過しました。この先進的な出来事はアルゴリズムによるトレーディングの新しい時代を開きました。今では、クリック数回で、トレーディング戦略の最適化のために自由に何千ものCPUを使用することができます。

MQL5 Market 一周年

MQL5 Marketがサービスを開始して、1年が経過しました。新しいサービスをMetaTrader5プラットフォームにおけるテクニカルインジケーターやトレーディングシステムの巨大ストアに変える困難な一年でした。

EX5 ライブラリ使用による開発プロジェクトの促進

.ex5 ファイルにクラス/関数の実装詳細を非表示にすることでノウハウアルゴリズムを他の開発者と共有し、共通のプロジェクトを設定し、ウェブ上でそれらを進めていくことができるようになります。そして MetaQuotes チームが ex5 ライブラリクラスの直接継承機能を実現することに全力を傾ける一方で、われわれはそれをいますぐ実装していこうとしているのです。

指数平滑化を利用した時系列予測(続編)

本稿はすでに作成済みのインディケータをグレードアップを模索し、 またブート処理と変位値を利用して予測信頼区間を推定するための手法を簡単に取り上げます。その結果、予測精度を推定するために用いる予測インディケータおよびスクリプトを手にすることになります。

ポイントおよびグラフチャート化インディケータ

現在マーケットの状況に関する情報を提供するチャートは数多くあります。「ポイント」や「グラフ」チャートのようにそれらの多くは遠い過去の遺産です。本稿は実時間のインディケータを用いて「ポイントとグラフ」チャート例について述べます。

MQL5 プログラミング基礎:文字列

本稿は MQL5 で文字列を用いて行えることを網羅しています。まずは MQL5 初心者プログラマーに関心を持ってもらえる内容であり、経験ある開発者にとっては知識をまとめ体系化するのによい機会となるはずです。

MetaTrader 4とMetaTrader 5でシグナルをする方法

トレーディングシグナルを提供し、利益を生んでみたいですか?MQL5.comにてSellerとして登録し、トレーダーにシグナルを提供するためにご自身のアカウントを明記してください。

MQL5 プログラミング基礎:時刻

本稿は時間と連携する標準的 MQL5 関数に着目します。また、プログラムテクニック、Expert Advisors およびインディケータを作成する際必要となる時間と関連する実践的に便利な関数も取り上げます。特に注意を払うのが時間測定の一般的理論です。本稿はまず MQL5 の初心者プログラマーに興味を持ってもらえる内容です。

MetaTrader 4 および MetaTrader 5 用トレードシグナルについての一般情報

MetaTrader 4 / MetaTrader 5 トレードシグナルによりトレーダーにシグナル提供者のトレード処理のコピーが可能となります。われわれの目標は定期購買者を保護し不必要なコストから解放する新しい大規模に利用されるサービスの開発でした。

MQL5 クックブック:Position プロパティの取得

本稿では position プロパティをすべて取得しユーザーに対してダイアログボックスにそれを表示するスクリプトを作成します。スクリプト実行時外部パラメータのドロップダウンリストから利用可能なモード2種類から選択することができます。現在シンボルの position プロパティのみ閲覧するかすべてのシンボルの position プロパティを閲覧するかです。

MQL5 Cookbook:カスタム情報パネル上のポジションプロパティ

今回は、現在シンボルについてポジションプロパティを取得し、マニュアルトレーディングの間カスタム情報パネルにそのポジションプロパティを表示するシンプルな Expert Advisor を作成します。情報パネルはグラフィカルオブジェクトを用いて作成され、表示される情報はティック毎にリフレッシュされます。これは "MQL5 Cookbook: Getting Position

MQL5 クックブック:MetaTrader 5 ストラレジーテスタでの position プロパティ分析

先行記事 "MQL5 Cookbook: Position Properties on the Custom Info Panel"の Expert Advisor

MQL5 Cookbook:トレードレベルを設定/変更する際エラーを避ける方法

シリーズの前稿 "MQL5 Cookbook: Analyzing Position Properties in the MetaTrader 5 Strategy Tester" からの Expert Advisor への取り組みの続編として、既存の関数を改良、最適化しつつ有用な関数を数多く用いて Expert Advisor を強化していきます。今回 Expert Advisor は

MQL5 クックブック:ポジションプロパティを取得するためのディール履歴と関数ライブラリ

ポジションプロパティについて先行記事で提供されている情報を簡単にまとめます。本稿では、ディールヒストリーにアクセスした後にのみ取得可能なプロパティを得る関数を数個追加して作成します。また便利な方法でポジションやシンボルプロパティにアクセスできるようにするデータストラクチャについても知識を得ます。

MQL5 クックブック:Expert Advisorsにトレード条件を設定するためのインディケータ利用

本稿では MQL5 クックブックシリーズの先行記事をとおして作業をおこなってきているExpert Advisorの修正を続行します。今回は、Expert Advisor

Expert Advisor パラメータのユーザーパネルからの『オンザフライ』の変更

本稿ではパラメータをユーザーパネルから管理できる Expert Advisor の実装を示すちょっとした例を提供します。『オンザフライ』でパラメータを変更するとき、Expert Advisor はのちにファイルから読み込みパネル上で適切に表示するために情報パネルからファイルに取得した値を書きます。本稿はマニュアルでトレードを行う方または半自動モードでトレードを行う方に適しているでしょう。

MQL5 クックブック:トリプルスクリーン戦略に基づくトレーディングシステムに対するフレームワーク作成

本稿では MQL5で「リプルスクリーン」戦略に基づくトレーディングシステムに対するフレームワークを作成します。Expert Advisor を一から作成することはしません。代わりに、実質上すでにわれわれの目的に役だっている先行記事 "MQL5 Cookbook: Using Indicators to Set Trading Conditions in Expert Advisors"

MQL5 クックブック: マルチ通貨 Expert Advisor - シンプル、かしこい、迅速なアプローチ

本稿ではマルチ通貨 Expert Advisorに適切なシンプルなアプローチの実装について述べます。これは理想的な条件下でありながら各シンボルに対して異なるパラメータでExpert Advisor

MQL5 クックブック:パラメータ数無制限での複数通貨対応 EXPERT 作成

本稿ではトレーディングシステムの最適化に対して一組のパラメータを使うパターンを作成していきます。同時にパラメータ数は無制限に認めます。シンボルリストは標準的なテキストファイル (*.txt)内に作成します。各シンボルに対する入力パラメータもファイルに格納されます。このように Expert Advisorの入力パラメータ数に関してターミナルの制約を回避することができます。