MetaTrader 5をダウンロードする

MQL5 プログラミング記事

トレーディングストラテジーをプログラミングするためのMQL5言語 を、ほとんどがコミュニティーのメンバーが書いた数多くのパブリッシュされた記事で勉強してください。記事はプログラミングに関連した任意の質問に対する解答を素早く見つけることができるようにカテゴリーに分けられています: インテグレーション、テスター、トレーディングストラテジー等。

私たちの新しいパブリケーションをフォローし、フォーラム上でそれらについてディスカッションしてください!

最新の | ベスト

Connecting NeuroSolutions Neuronets

ニューロネットの作成に加え、NeuroSolutions ソフトウェアスウィートによりそれらを DLLとしてエクスポートすることが可能となります。本稿では、ニューロネット作成とDLL生成とそれを MetaTrader 5でのトレーディングのためExpert Advisor に連携する手順について述べています。

MetaTrader 5のマルチ通貨モードの実行

長い間、マルチ通貨分析やマルチ通貨トレーディングは人々の関心の的でした。完全なマルチ通貨システムを達成する機会は、MetaTrader5とMQL5プログラミング言語のリリースによりようやく可能になりました。この記事では、複数のシンボルにおけるすべてのティックを処理し分析する方法を紹介します。例として、USDドルインデックスのマルチ通貨RSIインジケーターを見てみます。

MQL5 ウィザード:オープンポジションのトレーリングモジュール作成方法

MQL5ウィザードのトレーディング戦略ジェネレータはトレーディングの考え方を検証することをひじょうに簡素化します。本稿では、MQL5 ウィザードでトレーディング戦略を書く方法、ジェネレータを、価格がポジション方向に行くときストップロスを無損失ゼロレベルへ移動させることでトレーディングの際減益ドローダウンを守ることのできるオープンポジションを管理する独自のクラスと連携させる方法について述べます...

MQL5 ウィザード:リスクおよび資金管理モジュール作成方法

MQL5ウィザードのトレーディング戦略ジェネレータはトレーディングの考え方を検証することをひじょうに簡素化します。本稿では独自のリスクおよび資金管理モジュールの作成と、MQL5 ウィザードでそれを有効にする方法について述べました。例として、資金管理アルゴリズムを取り上げました。そこではトレードボリュームが前回ディールの結果を基に決定されます。またMQL5...

MQL5の電子テーブル

本稿では、第一ディメンションに異なるタイプのデータを含む動的二次元配列クラスについて述べていきます。テーブル形式でデータを格納すると、整理の幅広い問題を解決し、異なるタイプの広範囲におよぶ情報を格納および処理するのに好都合です。テーブルに連携する機能性を実装するクラスのソースコードは本稿に添付があります。

MQL5ウィザード:トレーディングシグナル用モジュール作成方法

この記事は、価格のクロスオーバーと移動平均に関するシグナルの実行とともに、トレーディングシグナルクラスの記述方法、 MQL5ウィザードのトレーディングストラテジー生成プログラムへの挿入方法、MQL5ウィザードにおいて生成されるクラスの記述フォーマットやストラクチャーについて紹介します。

チャート分析の良計経済学的アプローチ

本稿では、分析の計量経済学的手法、自己相関分析、とりわけ条件付き分散の分析について述べていきます。ここに挙げた手法のメリットは何でしょうか?非線形 GARCH モデルの使用により、数学的観点から正式に分析した系列を表現することができ、また特定の段階数に関して予測をすることができます。

ミクロ、ミドル、メイントレンドのインディケータ

本稿は James Hyerczyk著 "Pattern, Price & Time: Using Gann Theory in Trading Systems" から得たいくらかの考え方を基にインディケータやExpert Advisor形式でトレードの自動化可能性調査と分析を目的とします。完全にとは言わず、ここではモデル、すなわちギャン理論の最初の部分だけを対象とします。

トレーディングモデルに基づくマルチエキスパートアドバイザーの作成

MQL5にてオブジェクト指向のアプローチを使用すると、マルチ通貨・マルチシステム・マルチタイムフレームのエキスパートアドバイザーの作成を大幅に単純化することができます。全てのタイムフレーム、全ての金融商品において、いくつものトレーディング戦略に基づいた取引をあなたのEAが行うことを想像してみてください。さらに、EAはテスターにて簡単にテストすることができ、すべての戦略において、稼働する資産管...

チャネルの描画 : 内見および外観

マーケット分析および移動平均後トレードを判断するのにチャネルはもっとも人気あるツールだと言っても過言ではないでしょう。チャネルとそのコンポーネントを使用するトレード戦略の多くを深く掘り下げず、数学的基本とインディケータの実用的実装について語っていきたいと思います。それはクライアント端末画面の3つの極値によって判断されるチャネルを描くものです。

MetaTrader 5での並列計算

人類の歴史において時間は高価値であり、われわれはそれを無駄に費やさないよう努力しています。本稿では、マルチ コア プロセッサのコンピュータをご使用の場合、お手元のExpert Advisor の動作スピードを上げる方法について述べていきます。また、提案のメソッド実装には MQL5以外の言語知識は必要とされません。

CChartObject クラスに基づく新規GUIウィジェット設計と実装

前稿『GUI を使用した半自動Expert Advisor』を書いてのち、より複雑なインディケータやExpert Advisorsに新しい関数を伴うインターフェースを強化したいと思うようになりました。MQL5 標準ライブラリクラスを知ってから、新しいウィジェットを実装しました。本稿は、インディケータやExpert Advisorsで使用可能な新しい MQL5 GUI...

定義済みリスクおよびRRレシオに基づく半自動化ドラッグドロップExpert Advisor連携構築

すべての取引を自動で行うトレーダーもいれば、複数インディケータのアウトプットを基にして自動と手動のミックスで取引を実行するトレーダーもいます。後者のグループの一員として、私はリスクと利益をチャートから直接、動的に評価するための連携ツールが必要でした。本稿は、定義済みの資本リスクおよびR/Rレシオを連携する半自動化Expert Advisorを実装する方法を提供します。EA パネル実行中には、...

初心者のためのMQL5のカスタムインディケーター

初めての人にはどんな新しいテーマも複雑で学ぶのが難しいように見えます。知っているテーマはシンプルでわかりやすく感じます。しかし、だれもが母国語さえも最初から勉強しなければならないことを単に忘れがちです。自分のトレーディングストラテジーを策定する上で幅広い可能性を提供するMQL5プログラミング言語でもそれは同じです。-...

MQL5でのオブジェクトポインターの使用

デフォルトで、MQL5ではすべてのオブジェクトがレファレンスによって渡されますが、オブジェクトポインターを使用する可能性があります。しかし、オブジェクトは初期化されないかもしれないので、ポインター 確認が必要です。 この場合、...

MetaTrader 5テスターのストラテジーのビジュアル化

”百聞は一見にしかず”ということわざがあります。パリやヴェニスに関する本を読んだとしても、心のイメージに関して言えばこれらの美しい都市を夜に実際に歩いてみるのと同じ感覚を得ることはできません。ビジュアル化の利点は、私たちの生活のあらゆる部分で見つけることができます。それには市場も含まれます。例えば、チャートのプライスアナリストはインディケーターや、ストラテジーテスティングのビジュアル化ももち...

MQL5クラウドネットワークを使った速度アップ

お使いになられているパソコンのコア数はいくつでしょうか?トレーディングストラテジーの最適化のために使えるパソコンは何台あるでしょうか?ここではMQL5クラウドネットワークを使い、マウスをクリックするだけで世界中のコンピューターパワーを利用して計算を早くするための方法を紹介します。"時は金なり"ということわざは、近年より話題となってきました。重要な計算を何十時間もあるいは何日間も待つことはでき...

カスタムグラフィックコントロールパート2コントロールライブラリ

「カスタムグラフィックコントロール」シリーズ第2弾となる本稿では、プログラム(エキスパートアドバイザ、スクリプト、インディケータ)とユーザ間のインタラクションにおいて起こる主要な問題を処理するコントロールライブラリを紹介します。このライブラリにはたいへん多くのクラス(CInputBox、CSpinInputBox、CCheckBox、CRadioGroup、CVSсrollBar、CHSсr...

MQL5でトレンドを見つけるいくつかの方法

あらゆるトレーダーが、所定の時点におけるトレンドを正確に見つけるための多くの機会を提供することができます。これはおそらく、誰もが探している聖杯です。本稿では、トレンドを見つけるいくつかの方法を検討していきます。それはより正確に言えば-MQL5を用いてトレンドを見つけるいくつかの伝統的な方法をプログラムする方法、です。

Meta Trader5がもたらす新たな機会

Meta Trader4は世界中のトレーダーから好評を博し、これ以上に望むものはないように思われていました。高い処理速度、安定性、インディケータ記述の広大な可能性、エキスパートアドバイザー、情報提供型トレーディングシステム、そして100以上の異なるブローカーから選択できることにより-このターミナルは他に類を見ないほどに優れたものでした。しかし時は流れ、今や、Meta Trader4かMeta...

William Blauの指数MQL5におけるトレーディングシステムパート 1:インディケータ

本稿はWilliam Blau著"Momentum, Direction, and Divergence"に述べられるインディケータを紹介します。William Blau氏の手法により迅速に正確に価格曲線の変動を概算し、価格変動の傾向と変換点を判断し、価格ノイズを除去することができるようになりました。一方でまた、トレンドの終了と価格変動の逆転を示しながらマーケットの買いすぎ/売りすぎ状態、シ...

スペクトラム分析の構築

本稿は、MQL5言語のグラフィカルオブジェクト使用が可能なバリアントを知っていただくのが目的です。それはグラフィカルオブジェクトを使用し、シンプルなスペクトラム分析を管理するパネルの実装を行うインディケータを分析します。読者のみなさんには本稿をとおしてMQL5の基本を知っていただきたいと思います。

追加バッファなしの中間計算用物価系列の平均化

本稿は、もっともシンプルでシングルタイプのクラスに搭載された、従来のまた独自の平均化アルゴリズムを数々取り上げます。それらはほとんどすべてといってよいほどインディケータの開発に汎用的に使用されます。提案するクラスが、カスタムインディケータおよびテクニカルインディケータの「大量」呼び出しに対する有効な代替手段になればよいと思っています。

標準ライブラリクラスを使ってオリジナルのMarket Watchを作成します。

新しいMetaTrader 5クライアント端末とMQL5言語はトレーダーにビジュアル情報を提供する機会をもたらします。 本稿では、汎用的拡張可能なクラスセットを提案します。それはチャート上の任意のテキストの表示作成作業をすべて行うものです。 Market Watch インディケータの例を提供します。

ファジー理論を使用しインディケータを作成する簡単な例

本稿はファイナンシャルマーケット分析にファジー理論の概念を実用的に適用することに特化しています。エンベロープインディケータ上で2つのファジールールに基づくインディケータ生成シグナルの例を提供します。作成されたインディケータは複数のインディケータバッファを使用します。7個のバッファを計算に、5個のバッファをチャート表示に、2個をカラーバッファとします。

MQL5ウィザード:プログラミングしないExpert Advisorsの作成

プログラミングで時間を無駄にせずトレーディング戦略を試してみたいと思いませんか?MQL5ウィザードではただトレーディングシグナルを選び、トレーリングポジションと資金管理のモジュールに追加するだけです。 - それで仕事は終わりです!独自のモジュール実装または、Jobsサービスから注文します。 - そうして新しいモジュールを既存のモジュールと融合させるのです。

Growing Neural Gas: MQL5への実装

本稿では、Growing neural gas (GNG)と呼ばれるクラスタの適用アルゴリズを実装するムMQL5プログラム開発方法をお見せしていきます。本稿は言語ドキュメンテーションを学習し、一定のプログラミングスキルがあり、神経情報科学分野の基礎知識がある方を対象としています。

「新規バー」イベントハンドラ

MQL5プログラミング言語はまったく新しいレベルで問題解決をする能力があります。 そういったタスクにして、もオブジェクト指向プログラミングのおかげでそれはすでに高いレベルに引きあげることができるのです。本稿では、かなり力強い多目的ツールに変換されたチャートの新規バーチェックの特にシンプルな例を取り上げます。どんなツールでしょうか?本稿でみつけてください。

Simulink:Expert Advisors開発者へのガイド

私はプロのプログラマではありません。そのため、トレーディングシステムの作業をする際、「シンプルから複雑へ」という原則は私にとって重要なものです。では私にとってシンプルとは正確にどういうことを言うのでしょうか?まず、システム作成プロセスの視覚化、そしてその動作のロジックです。また、手書きコードを最小限に抑えることです。本稿では、Matlabパッケージを基にトレーディングシステムを作成し検証する...

エラーとログの発見

MetaEditor 5にはデバッグ機能が備わっています。しかし、MQL5プログラムを書くとき、個別の値ではなく検証中やオンライン作業中に現れるメッセージをすべて表示したいと思うことがよくあります。ログファイルのサイズが大きい場合、要求されるメッセージを速く簡単に回復するよう自動化するのは疑う余地がありません。本稿では、MQL5プログラム内エラーを発見する方法とログ手法を考察していきます。ま...

自動トレーディングシステム選手権2010に向けたExpert Advisor迅速作成法

自動トレーディングシステム選手権2010に参加するためのエクスパート開発をめざし、すぐに使えるExpert Advisorテンプレートを使用します。Even novice MQL5プログラマの初心者でもこのタスクをこなすことは可能です。というのも戦略のために基本クラス、関数、テンプレートがすでに準備されているからです。よってみなさんのトレーディングの考えに合う最低限のコードを書いて実装すれば...

Expert Advisor動作中のバランス曲線勾配調整

トレードシステムのルールを見つけ、それをExpert Advisorにプログラムするのが仕事の半分です。Expert Advisorはトレーディング結果を集積するので、いくらかの処理を修正する必要があります。本項では、バランス曲線の勾配測定のフィードバックを作成することで、Expert Advisorのパフォーマンスを向上させる方法の一つについて述べます。

Expert AdvisorプログラミングにおけるMQL5標準トレードクラスライブラリの使用

本稿は、Expert Advisorプログラミングにおいてポジションのクローズ、変更、指値注文出し、取引セット前のマージン削除と検証を実装する MQL5標準トレードクラスライブラリの使用方法について述べていきます。注文と取引詳細情報の取得に使用できるトレードクラスの使い方もお見せします。

プロフィット引き出しモデル構築のためのTesterWithdrawal() 関数の使用

本稿は処理中に資産の特定部分の引き出しをするトレードシステムにおけるリスク見積をするためのTesterWithDrawal()関数使用について述べていきます。また、ストラテジーテスタにおける資産の引き出し計算のアルゴリズムへのこの関数の影響についても述べます。この関数はExpert Advisorsのパラメータ最適化に有用です。

指定されたマジックナンバーによるトータルポジションボリューム計算のための最適化された手法

本稿では指定されたシンボルのトータルポジションボリューム計算とマジックナンバーに関する問題について考察します。提案する手法では取引履歴の最小限を要求し、トータルポジションがゼロに最も近い時刻を見つけ、最近の取引についての計算を行います。クライアント端末のグローバル変数による作業も考察します。

MQL5オブジェクト指向のプログラミングアプローチを使ったExpert Advisorのプログラミング

本稿では初心者のためのAdvisor in MQL5でプログラミングをする段階的ガイドで行ったこと、すなわちExpert Advisor作成に対してオブジェクト指向のアプローチに注目します。ほとんどの方はこれは難しいと思われるでしょう。しかし本稿を読み終わるまでにみなさんはブジェクト指向でExpert Advisorを書けるようになっている、という点をはっきり述べておきたいと思います。

名前つきパイプを使用したMetaTrader 5端末間コミュニケーションにDLLを使用しないソリューション

本稿は名前つきパイプを使用したMetaTrader 5端末同士のプロセス間コミュニケーションの実装方法について述べていきます。名前付きパイプを使用するにはCNamedPipesクラスが作成されます。 その使用検証と接続計測のために、ティックインディケータ、サーバー、クライアントスクリプトが提供されます。リアルタイムのクオートには名前付きパイプの使用で十分です。

Google Chart APIからチャートを構築するためのライブラリ

さまざまなタイプのダイアグラムの構築がマーケット状況を分析しトレーディングシステムを検証する主要部分です。往々にしてみばえのよいダイアグラムを構築するにはデータのアウトプットをファイルに整理することが必要です。その後 MS Excelなどアプリケーションで使用していくのです。これはあまり便利な方法ではなく、動的にデータを更新する機能を奪います。Google Charts...

単一インスツルメント上で異なるExpert Advisorsを使ったトレーディングのためのORDER_MAGICの使用

本稿は、異なるExpert Advisorsの自動トレーディングの分割、組立て、同期同様magic-identificationを使用したインフォメーションコーディングの疑問について考察します。本稿は、より経験を積んだトレーダー同様初心者にも興味深い内容となっています。その理由は、Expert...

インディケータの経済的計算原理

自動化されたトレーディングシステムのプログラムコードではユーザーとテクニカルインディケータの呼び出しはほとんどスペースを取りません。たいてい数行のコード行ですむ簡単なものです。ただこの数行のコードがExpert...