MQL5 プログラミング記事

トレーディングストラテジーをプログラミングするためのMQL5言語 を、ほとんどがコミュニティーのメンバーが書いた数多くのパブリッシュされた記事で勉強してください。記事はプログラミングに関連した任意の質問に対する解答を素早く見つけることができるようにカテゴリーに分けられています: インテグレーション、テスター、トレーディングストラテジー等。

私たちの新しいパブリケーションをフォローし、フォーラム上でそれらについてディスカッションしてください!

最新の | ベスト

チャネルの描画 : 内見および外観

マーケット分析および移動平均後トレードを判断するのにチャネルはもっとも人気あるツールだと言っても過言ではないでしょう。チャネルとそのコンポーネントを使用するトレード戦略の多くを深く掘り下げず、数学的基本とインディケータの実用的実装について語っていきたいと思います。それはクライアント端末画面の3つの極値によって判断されるチャネルを描くものです。

MetaTrader 5での並列計算

人類の歴史において時間は高価値であり、われわれはそれを無駄に費やさないよう努力しています。本稿では、マルチ コア プロセッサのコンピュータをご使用の場合、お手元のExpert Advisor の動作スピードを上げる方法について述べていきます。また、提案のメソッド実装には MQL5以外の言語知識は必要とされません。

CChartObject クラスに基づく新規GUIウィジェット設計と実装

前稿『GUI を使用した半自動Expert Advisor』を書いてのち、より複雑なインディケータやExpert Advisorsに新しい関数を伴うインターフェースを強化したいと思うようになりました。MQL5 標準ライブラリクラスを知ってから、新しいウィジェットを実装しました。本稿は、インディケータやExpert Advisorsで使用可能な新しい MQL5 GUI

定義済みリスクおよびRRレシオに基づく半自動化ドラッグドロップExpert Advisor連携構築

すべての取引を自動で行うトレーダーもいれば、複数インディケータのアウトプットを基にして自動と手動のミックスで取引を実行するトレーダーもいます。後者のグループの一員として、私はリスクと利益をチャートから直接、動的に評価するための連携ツールが必要でした。本稿は、定義済みの資本リスクおよびR/Rレシオを連携する半自動化Expert Advisorを実装する方法を提供します。EA パネル実行中には、

初心者のためのMQL5のカスタムインディケーター

初めての人にはどんな新しいテーマも複雑で学ぶのが難しいように見えます。知っているテーマはシンプルでわかりやすく感じます。しかし、だれもが母国語さえも最初から勉強しなければならないことを単に忘れがちです。自分のトレーディングストラテジーを策定する上で幅広い可能性を提供するMQL5プログラミング言語でもそれは同じです。-

MQL5でのオブジェクトポインターの使用

デフォルトで、MQL5ではすべてのオブジェクトがレファレンスによって渡されますが、オブジェクトポインターを使用する可能性があります。しかし、オブジェクトは初期化されないかもしれないので、ポインター 確認が必要です。 この場合、

MQL5でトレンドを見つけるいくつかの方法

あらゆるトレーダーが、所定の時点におけるトレンドを正確に見つけるための多くの機会を提供することができます。これはおそらく、誰もが探している聖杯です。本稿では、トレンドを見つけるいくつかの方法を検討していきます。それはより正確に言えば-MQL5を用いてトレンドを見つけるいくつかの伝統的な方法をプログラムする方法、です。

Meta Trader5がもたらす新たな機会

Meta Trader4は世界中のトレーダーから好評を博し、これ以上に望むものはないように思われていました。高い処理速度、安定性、インディケータ記述の広大な可能性、エキスパートアドバイザー、情報提供型トレーディングシステム、そして100以上の異なるブローカーから選択できることにより-このターミナルは他に類を見ないほどに優れたものでした。しかし時は流れ、今や、Meta Trader4かMeta

William Blauの指数MQL5におけるトレーディングシステムパート 1:インディケータ

本稿はWilliam Blau著"Momentum, Direction, and Divergence"に述べられるインディケータを紹介します。William

スペクトラム分析の構築

本稿は、MQL5言語のグラフィカルオブジェクト使用が可能なバリアントを知っていただくのが目的です。それはグラフィカルオブジェクトを使用し、シンプルなスペクトラム分析を管理するパネルの実装を行うインディケータを分析します。読者のみなさんには本稿をとおしてMQL5の基本を知っていただきたいと思います。

追加バッファなしの中間計算用物価系列の平均化

本稿は、もっともシンプルでシングルタイプのクラスに搭載された、従来のまた独自の平均化アルゴリズムを数々取り上げます。それらはほとんどすべてといってよいほどインディケータの開発に汎用的に使用されます。提案するクラスが、カスタムインディケータおよびテクニカルインディケータの「大量」呼び出しに対する有効な代替手段になればよいと思っています。

標準ライブラリクラスを使ってオリジナルのMarket Watchを作成します。

新しいMetaTrader 5クライアント端末とMQL5言語はトレーダーにビジュアル情報を提供する機会をもたらします。 本稿では、汎用的拡張可能なクラスセットを提案します。それはチャート上の任意のテキストの表示作成作業をすべて行うものです。 Market Watch インディケータの例を提供します。

ファジー理論を使用しインディケータを作成する簡単な例

本稿はファイナンシャルマーケット分析にファジー理論の概念を実用的に適用することに特化しています。エンベロープインディケータ上で2つのファジールールに基づくインディケータ生成シグナルの例を提供します。作成されたインディケータは複数のインディケータバッファを使用します。7個のバッファを計算に、5個のバッファをチャート表示に、2個をカラーバッファとします。

MQL5ウィザード:プログラミングしないExpert Advisorsの作成

プログラミングで時間を無駄にせずトレーディング戦略を試してみたいと思いませんか?MQL5ウィザードではただトレーディングシグナルを選び、トレーリングポジションと資金管理のモジュールに追加するだけです。 - それで仕事は終わりです!独自のモジュール実装または、Jobsサービスから注文します。 - そうして新しいモジュールを既存のモジュールと融合させるのです。

Growing Neural Gas: MQL5への実装

本稿では、Growing neural gas (GNG)と呼ばれるクラスタの適用アルゴリズを実装するムMQL5プログラム開発方法をお見せしていきます。本稿は言語ドキュメンテーションを学習し、一定のプログラミングスキルがあり、神経情報科学分野の基礎知識がある方を対象としています。

「新規バー」イベントハンドラ

MQL5プログラミング言語はまったく新しいレベルで問題解決をする能力があります。 そういったタスクにして、もオブジェクト指向プログラミングのおかげでそれはすでに高いレベルに引きあげることができるのです。本稿では、かなり力強い多目的ツールに変換されたチャートの新規バーチェックの特にシンプルな例を取り上げます。どんなツールでしょうか?本稿でみつけてください。

自動トレーディングシステム選手権2010に向けたExpert Advisor迅速作成法

自動トレーディングシステム選手権2010に参加するためのエクスパート開発をめざし、すぐに使えるExpert Advisorテンプレートを使用します。Even novice

Expert Advisor動作中のバランス曲線勾配調整

トレードシステムのルールを見つけ、それをExpert Advisorにプログラムするのが仕事の半分です。Expert Advisorはトレーディング結果を集積するので、いくらかの処理を修正する必要があります。本項では、バランス曲線の勾配測定のフィードバックを作成することで、Expert Advisorのパフォーマンスを向上させる方法の一つについて述べます。

Expert AdvisorプログラミングにおけるMQL5標準トレードクラスライブラリの使用

本稿は、Expert Advisorプログラミングにおいてポジションのクローズ、変更、指値注文出し、取引セット前のマージン削除と検証を実装する MQL5標準トレードクラスライブラリの使用方法について述べていきます。注文と取引詳細情報の取得に使用できるトレードクラスの使い方もお見せします。

プロフィット引き出しモデル構築のためのTesterWithdrawal() 関数の使用

本稿は処理中に資産の特定部分の引き出しをするトレードシステムにおけるリスク見積をするためのTesterWithDrawal()関数使用について述べていきます。また、ストラテジーテスタにおける資産の引き出し計算のアルゴリズムへのこの関数の影響についても述べます。この関数はExpert Advisorsのパラメータ最適化に有用です。

指定されたマジックナンバーによるトータルポジションボリューム計算のための最適化された手法

本稿では指定されたシンボルのトータルポジションボリューム計算とマジックナンバーに関する問題について考察します。提案する手法では取引履歴の最小限を要求し、トータルポジションがゼロに最も近い時刻を見つけ、最近の取引についての計算を行います。クライアント端末のグローバル変数による作業も考察します。

MQL5オブジェクト指向のプログラミングアプローチを使ったExpert Advisorのプログラミング

本稿では初心者のためのAdvisor in MQL5でプログラミングをする段階的ガイドで行ったこと、すなわちExpert Advisor作成に対してオブジェクト指向のアプローチに注目します。ほとんどの方はこれは難しいと思われるでしょう。しかし本稿を読み終わるまでにみなさんはブジェクト指向でExpert Advisorを書けるようになっている、という点をはっきり述べておきたいと思います。

名前つきパイプを使用したMetaTrader 5端末間コミュニケーションにDLLを使用しないソリューション

本稿は名前つきパイプを使用したMetaTrader 5端末同士のプロセス間コミュニケーションの実装方法について述べていきます。名前付きパイプを使用するにはCNamedPipesクラスが作成されます。 その使用検証と接続計測のために、ティックインディケータ、サーバー、クライアントスクリプトが提供されます。リアルタイムのクオートには名前付きパイプの使用で十分です。

Google Chart APIからチャートを構築するためのライブラリ

さまざまなタイプのダイアグラムの構築がマーケット状況を分析しトレーディングシステムを検証する主要部分です。往々にしてみばえのよいダイアグラムを構築するにはデータのアウトプットをファイルに整理することが必要です。その後 MS Excelなどアプリケーションで使用していくのです。これはあまり便利な方法ではなく、動的にデータを更新する機能を奪います。Google Charts

単一インスツルメント上で異なるExpert Advisorsを使ったトレーディングのためのORDER_MAGICの使用

本稿は、異なるExpert Advisorsの自動トレーディングの分割、組立て、同期同様magic-identificationを使用したインフォメーションコーディングの疑問について考察します。本稿は、より経験を積んだトレーダー同様初心者にも興味深い内容となっています。その理由は、Expert

インディケータの経済的計算原理

自動化されたトレーディングシステムのプログラムコードではユーザーとテクニカルインディケータの呼び出しはほとんどスペースを取りません。たいてい数行のコード行ですむ簡単なものです。ただこの数行のコードがExpert

MQL5における移動平均計算パフォーマンス検証

最初に「移動平均」インディケータが作成されて以来、多くのインディケータが登場してきました。それらの多くは類似の平滑化手法を使用していますが、異なる移動平均アルゴリズムの性能については研究されていません。本稿ではMQL5で「移動平均」を使用する可能な方法について考察し、それらのパフォーマンスを比較していきます。

かずかずのインスツルメントで取引を行うExpert Advisorの作成

ファイナンシャルマーケットにおける資産の多様性概念はかなり古いもので常に初心者のトレーダーを魅了してきました。本稿では、複数通貨対応Expert Advisorの構築をトレード戦略を扱う最初の導入として最大限にシンプルな手法で行います。

ろうそく足パターンの分析

日本式のろうそく足チャートの構築とろうそく足パターンの分析は技術分析のすばらしい領域となっています。ろうそく足の利点はデータ内部の動きを追跡できるデータ表現になっていることです。本稿では、ろうそく足タイプとパターン分類を分析し、 またろうそく足パターンを決定するインディケータについてお伝えしていきます。

DelphiでDLLをMQL5向けに書くためのガイド

本稿は、人気のプログラム言語ObjectPascalを使用しDelphiプログラム環境でDLLモジュールの作成メカニズムを検証します。本稿で使用している資料は、まずは問題を抱えたプログラム初心者用に考えられでおります。外部DLLに接続することでMQL5プログラム言語に埋め込まれた境界を破ります。

平均足インジケーターに基づくトレーディングシステムの例

この記事は、トレーディングにおける平均足インジケーターの使用についての疑問を詳しく見ていきます。このインジケーターに基づき、簡単な取引システムが検討され、MQL55アドバイザーが記述されました。取引処理は、Standardクラスライブラリに基づき実行されます。トレーディング戦略のテスト結果は、履歴に基づき、内蔵MetaTrader5ストラテジーテスター使用し、取得されます。

ポジション中心のMetaTrader5の環境での注文追跡管理機能付き注文マネージャー

このクラスライブラリは、MetaTrader5のエキスパートアドバイザーに追加し、MetaTrader5のポジション中心のアプローチと比べ、MetaTrader4と類似したオーダー中心のアプローチに書き換えることができます。各ポジションの保護のために、ブローカーによるストップを維持する一方、MetaTrader5のターミナルにて注文を管理することで、上記を実現します。

数多くのインジケーターバッファーを使った複数通貨対応インジケーターの作成

FOREX市場のクラスター分析への関心が近年高まりつつあります。MQL5は、通貨ペアの動きの傾向を調査する新しい可能性を開きました。MQL4とは異なる、重要な特徴の一つとしてMQL5が持つのは、インジケーターバッファーを無限に使用することができる点です。この記事にて、複数通貨インジケーターの作成方法を紹介します。

MQL4からMQL5への移植

本稿はMQL4言語関数の簡単なガイドです。MQL4からMQL5へプログラムを移植するのに役立つことでしょう。MQL4関数(トレーディング関数以外)にはそれぞれ記述とMQL5実装が存在します。そのため移行時間が大幅に削減されます。利便性を考え、MQL4関数はグループ分けされておりMQL4参照に似た形になっています。

MetaTrader 5:ビログやSNS、専門サイトなどのトレーディング予想とライブトレーディング内容のメール配信

この記事は、Meta Trader 5を使用したトレード予想の投稿に関する完成されたソリューションについて紹介することを目的としています。様々なアイディアをカバーしており、Meta