MQL5 プログラミング記事

トレーディングストラテジーをプログラミングするためのMQL5言語 を、ほとんどがコミュニティーのメンバーが書いた数多くのパブリッシュされた記事で勉強してください。記事はプログラミングに関連した任意の質問に対する解答を素早く見つけることができるようにカテゴリーに分けられています: インテグレーション、テスター、トレーディングストラテジー等。

私たちの新しいパブリケーションをフォローし、フォーラム上でそれらについてディスカッションしてください!

最新の | ベスト

例で紹介するMQL5のOOP:警告処理とエラーコード

この記事は、MQLプログラム稼働中に発生するすべてのエラーや、トレードサーバーを扱うクラスを作成する例を紹介しています。記事を読めば、MQL5のオブジェクトやクラスを使用する方法を学ぶことができます。同時に、これはエラーをハンドリングする便利なツールでもあり、さらに、あなたの個別な要求に応じてツールのカスタマイズが可能です。

MQL4からMQL5へのインディケータ変換

本稿では、MQL4で書かれた価格コンストラクションをMQL5に変換する特徴に特化して述べます。 MQL4からMQL5へのインディケータ変換計算プロセスを簡単にする手法として関数のmql4_2_mql5.mqhライブラリを提案します。その使用法はMACD、ストキャスティック、RSIインディケータの変換基礎に記載されています。

MQL5での「スネーク」ゲームの作成

本稿では『スネーク』ゲームのプログラム例を述べていきます。MQL5では、主にイベントハンドル機能によりゲームのプログラムが可能となりました。オブジェクト指向プログラミングによりこのプロセスが格段に簡素化されます。本稿では、イベント処理機能 標準的な MQL5 ライブラリクラスの使用例、また定期的関数呼び出しの詳細を学習します。

MQL5でICQを用いたExpert Advisorの連携

本稿は、Expert Advisor と ICQ ユーザー間の情報交換について述べていきます。いくつかの例を提供します。ICQ クライアントを使用し、携帯電話やPDAでクライアント端末から遠隔でトレーディング情報を受け取りたい方には興味を引かれる資料を提供することとなるでしょう。

MQL5におけるトレーディング用コントロールパネルの作成

この記事は、MQL5のコントロールパネルの開発における問題を取り扱っています。インターフェイスは、イベントハンドリングによって管理されています。加えて、管理の柔軟なセットアップ方法が複数あります。コントロールパネルは、ポジションを扱い、また、設定、修正、削除や、未決注文も管理します。

異なる国での異なるタイムゾーンに基づくトレーディング戦略例

インターネット検索をしていると、多くの戦略を見つけるのはたやすいことです。そこから多様な提案を得ることができます。インサイダーの方法を採り入れ、異なる大陸の異なるタイムゾーンに基づく戦略作成の手順を見ていきます。

遺伝的アルゴリズム - とても簡単です!

この記事では、執筆者は遺伝的アルゴリズムを使用した進化計算について紹介しています。例を用いながらアルゴリズムの機能について紹介し、実用的な推奨される用例を提示しています。

「サル」でもわかるMQL:オブジェクトクラスの設計 構築方法

ビジュアルデザインのサンプルプログラムを作成することで、MQL5にてどのようにクラスを設計し、構築するかについて紹介致します。この記事は、MT5アプリケーションに取り組む、プログラム初心者のために執筆されています。オブジェクト指向プログラミングの理論の奥深くまで到達せずに、クラスを作成する技術の簡潔、かつ簡単な理解を提供します。

初心者のための複数インディケータバッファの作成

複雑なコードは一組の簡単なコードから構成されます。簡単なコードに慣れていれば、複雑なコードはそれほど複雑に見えません。本稿では、複数のインディケータバッファによって1件のインディケータを作成する方法について考察していきたいと思います。例として、アルーンインディケータを細かく分析し、2つの異なるバージョンのコードを提示します。

MetaTrader 5とMATLABの連携

本稿はMetaTrader 5とMatLab数学的パッケージの連携について詳しく述べていきます。それは、データ変換のメカニズム、デスクトップMatLabとの連携のためのユニバーサルライブラリの開発手順をさします。またMatLab環境で生成されるDLLの使用についても述べていきます。本稿は C++ 言語とMQL5をご存じの経験者を対象としています。

グラフィックコントロールオプションを用いたインディケータ作成

マーケットの動きに通じた方はMACDインディケータ(移動平均収束拡散)をご存じでしょう。価格の変動を分析するのに力強いツールで、コンピュータ分析手法が登場したごく初期段階からトレーダーに利用されているものです。本稿では MACDの潜在的修正と修正間でグラフィカルに切り替える可能性のあるインディケータへの実装について考察していきます。

MQL5におけるイベント操作: オンザフライのMA期間変更

期間13の単純なMA(移動平均)インディケータがチャートに適応されているとします。期間を20に変更したいと思いますが、インディケータ プロパティ

初心者のためのMQL5におけるデジタルフィルタの実践的実装

トレーディングシステムを構築するトピックを扱うフォーラムではデジタルシグナルのフィルタリングに関する考え方が広く議論されてきています。MQL5においてデジタルフィルタの標準コードを作成しないことは思慮が足りないかもしれません。本稿では、『初心者のためのMQL5におけるカスタムインディケータ』よりシンプルなSMAのインディケータ

МetaTrader 5からWCFサービスを利用し.NETアプリケーションにクオートをエクスポートする方法

MetaTrader 5からご自身のアプリケーションにクオートをエクスポートしたくありませんか?MQL5-DLLジャンクションを使用するとそのソリューションの作成が可能です!本稿でMetaTrader

MQL5におけるインディケータemissionの描写

本稿では、マーケットリサーチの新手法であるインディケータ エミッションについて考察していきたいと思います。エミッションの計算は異なるインディケータの交点が基本になります。ティックのあとに異なる色や形のポイントが多数表示されます。それらは星雲、雲、軌道、線、アーチなど様々なクラスターを形成します。こういった形は市場価格を左右する見えないバネや力を検出するのに役立ちます。

データの交換方法:10分で書くMQL5のためのDLL

シンプルなDLLを書く方法や異なるシステム バインディングの特殊機能は何かを覚えている開発者はあまりいないと思います。いくつか例を挙げながら、10分でDLLを書く手順を網羅するとともに、バインディング実装の技術的詳細もいくらか説明していきたいと思います。異なるタイプの変数(数値、配列、ストリングなど)に置き換えた例を取り上げ、ビジュアル

プライスヒストグラム(マーケット特性)とMQL5への導入

「マーケットプロファイル」は非常に優秀な思索家、

初心者のためのクイックスタート、あるいはショートガイド

読者の皆さんこんにちは!この記事では、Expert Advisorsの作成やインディケーターの使い方などの基本的なコツを簡単に素早く掴めるように説明していきたいと思います。初心者対象で難しいサンプルの紹介は行いません。

オーダーストラテジー多目的Expert Advisor

この記事では、未処理のオーダーを有効に活用するストラテジーや、それを表すためのメタ言語やそれに基づき動作する多目的ExpertAdvisorを中心に見ていきます。

MQL5でのトレードオペレーション - 簡単です

ほとんどすべてのトレーダーは利益をあげるためにマーケットに参加しますが、中にはそのプロセス自体を楽しむトレーダーもいます。しかし、手動のトレードだけが、エキサイティングな体験をさせてくれるわけではありません。自動トレードシステムの開発も非常に興味深いものです。トレードロボットの作成は面白いミステリー小説を読むのと同じくらい面白いものです。

MQL5 で多色インジケーターを作成する

この記事では、多色のインジケーターを作成する方法あるいは既存のものを多色に変える方法を検討する。MQL5 は情報を便利な形で提示することを可能にする。さてインジケーターの付いた十を越えるチャートを見て RSI (相対力指数)あるいは統計レベルの解析を行う必要はない、インジケーターの値に異なった色でローソク足を塗ればよい。

MQL5を初体験

MQL5のトレーディングストラテジーのプログラム言語を学ぶと決めたものの 、それについて何も知らないのですか?私たちはMQL5とMetaTrader 5のターミナルを新しい参加者の視点から見てみた上で、この短い紹介記事を書いています。この記事では、この言語を使ってできることの簡単なイメージだけではなく、MetaTrader 5とターミナルを使う上でのいくつかのヒントも見つかるはずです。

一瞬でトレードロボットを作る方法

金融市場でのトレードには深刻なものを含む多くのリスクがあります。すべてのトレーダーの夢は、絶えずいい状態でいて、恐怖、欲望、あせりなどの人間的な弱さを持たないトレードツールを持つことです。

トレーリングストップを採用した利益を生み出すアルゴリズム

この記事では、異なるエントリーとトレーリングストップを使ったエグジットで利益を生むアルゴリズムの可能性について学んでいきたいと思います。エントリーのタイプとして、ランダムエントリーとリバースエントリーを使用します。使う逆指値注文はトレーリングストップとトレーリングテイクです。この記事では、年間約30%の利益を生み出すアルゴリズムを紹介します。

セマフォインディケーターを使った簡単なトレーディングシステム

複雑なトレーディングシステムも、よく見てみると複数の簡単な取引シグナルに基づいていることがわかります。ですから、開発の初心者はすぐに複雑なアルゴリズムを書き始める必要はありません。この記事ではセマフォインディケーターを使って取引を行うトレーディングシステムの例を紹介します。

マルチタイムフレームとマルチ通貨パネルの作成

この記事では、オブジェクト指向プログラミングを使うMetaTrader 5のマルチタイムフレームとマルチ通貨パネルの作成の仕方を解説します。主な目的は、パネルのコードを変更することなく、価格や価格の変化、インディケーターの値や売買条件のカスタマイズなど 多くの異なった種類のデータを表示することのできる汎用パネルの作成です。

オブジェクト指向プログラミング

オブジェクト指向プログラミングに関する多相性やカプセル化などについて理解する必要はありません。これらの機能を使うだけで良いのです。この記事ではオブジェクト指向プログラミングの基本を例を使って具体的に見ていきます。

カスタムグラフィックコントロール パート3. フォーム

この記事はグラフィックコントロールに関する3つの記事の最後になります。代表的なグラフィカルインターフェースである、フォームの作成や、他のコントロールとの併用の仕方についても紹介します。コントロールライブラリーにはFormクラスの他に、CFrame、CButton、CLabelといったクラスが加えられました。

カスタムグラフィックコントロールパート1:簡単なコントロールを作成する

本稿では、グラフィックコントロールの一般的な原則を網羅します。グラフィックオブジェクトの作業を早く便利に行うためのツールを用意し、テキストや数値データの入力のために簡単なコントロールを作成する方法や、その使用方法の例を分析していきます。

MQL5ウィザード:新バージョン

本稿では、最新のMQL5ウィザードで利用できる新しい特徴について述べます。シグナルのアーキテクチャが変更され、さまざまなマーケットパターンにもどつくトレーディングロボットを作成することができるようになっています。本稿に含まれる例では、エキスパートアドバイザのインタラクティブな作成手順を説明しています。

MQL5のExpert Advisorsのテストと最適化を行うためのガイド

ここでは、コードエラーを見つけ解決するための段階的な手順について説明します。またExpert Advisor(以下EA)への入力パラメータのテストと最適化の手順についても説明します。Meta Trader 5のクライアント端末のStrategy Testerの使い方がわかれば、ご自身のEAに最も適したシンボルや入力パラメータセットを見つけることができるようになります。