MetaTrader 5をダウンロードする

MQL5 プログラミング記事

トレーディングストラテジーをプログラミングするためのMQL5言語 を、ほとんどがコミュニティーのメンバーが書いた数多くのパブリッシュされた記事で勉強してください。記事はプログラミングに関連した任意の質問に対する解答を素早く見つけることができるようにカテゴリーに分けられています: インテグレーション、テスター、トレーディングストラテジー等。

私たちの新しいパブリケーションをフォローし、フォーラム上でそれらについてディスカッションしてください!

最新の | ベスト

領域法

取引システム『領域法』は、RSIオシレーターの通常ではない解釈において使われます。この記事では、領域法を可視化するインディケータと、このシステムに基づいてトレードを行うエキスパートアドバイザを提供します。記事では、様々な通貨ペアや時間軸、面積値でのエキスパートアドバイザの詳細なテスト結果が記述されています。

エキスパートアドバイザとインディケータに素早く制御パネルを追加する方法

自分のエキスパートアドバイザやインディケータに便利な制御パネルを追加したいけど、何をどうしたら良いかわかりませんか?この記事では、貴方のMQL4/MQL5プログラムに入力パラメータを持つダイアログパネルを『取り付ける方法』をステップバイステップでご紹介します。

ビル・ウィリアムズのシステムに基づく取引システムモジュール

この記事では、ビル・ウィリアムズの取引システムや、このシステムパターンをチャート上で発見しマーキングする為に開発されたMQL5モジュールの使用方法、見つけたパターンでの自動売買の原則、また様々な取引銘柄でのテスト結果を公開しています。

ユニバーサルEA:シグナルの標準メタトレーダーモジュールとの統合(その7)

このパートでは、シグナルモジュールとCStrategyエンジンの統合の可能性が、メタトレーダーの標準ライブラリにあることについて記述します。この記事では、カスタム戦略を作成するメソッドと同様に、シグナルの操作メソッドについて説明します。

実際ティックでの取引ストラテジーのテスト

この記事では、簡単な取引ストラテジーを3つのモード(履歴からの記録ティックを使用した『リアルティックに基づいた全てのティック』、『1分足OHLC』、『全ティック』)でテストします。

ユニバーサルEA:カスタムトレーリングストップ(その6)

The sixth part of the article about the universal Expert Advisor describes the use of the trailing stop feature. The article will guide you through how to create a custom trailing stop module using...

エリック・ナイマンの『チャネル』インディケータ

この記事では、エリック・L・ナイマン氏の著書『トレーダーの小百科事典』を元に『チャネル』インディケータの作成について述べていきます。このインディケータは、指定した期間で計算したベアとブルの値に基づき、トレンドの方向を表示します。この記事では、サンプルコードと共にインディケータの計算と構築の原理を説明し、インディケータをベースにエキスパートアドバイザを作成し、外部パラメータの最適化について述べ...

MQL5でのエラー処理とロギング

この記事では、ソフトウェアにおける一般的なエラー処理の問題について述べていきます。また、ロギングについて言及し、MQL5のツールによるデータロガーの実装例をデモンストレーションします。

ユニバーサルEA:保留注文とサポートヘッジ(その5)

この記事では、CStrategyの取引エンジンのさらなる詳細を扱います。多くの要望により、取引エンジンに保留中のサポート関数を追加しました。また、MT5の最新バージョンでは、ヘッジオプションを使用してアカウントをサポートしています。同じサポートがCStrategyに追加されています。この記事では、有効なヘッジオプションを持つアカウントのCStrategyと同様に、予約注文のアルゴリズムについ...

マーケットでの公開前にトレードロボットに行うべき検査

マーケットの全ての製品は、均一な品質基準を確保する為に、公開前に事前の必須検査を受けます。この記事では、開発者が自分のテクニカルインディケータやトレードロボットで犯しがちなミスについてお話しします。また、マーケットへ提出する前の、製品の自己テストの方法もご紹介します。

ユニバーサルEA:グループでの取引とストラテジーのポートフォリオを管理する(その4)

CStrategyの取引エンジンについての一連の記事の最後のパートでは、XMLファイルからストラテジーをロードする方法を行います。複数の取引アルゴリズムの同時動作を考慮し、単一の実行可能モジュールからのEAを選択する簡単なパネルを提示し、その取引モードを管理します。

MQL5の料理本 - 移動チャネルのプログラミング

本稿では、等間隔チャネルシステムのプログラミング法について取り扱っています。等間隔チャネル構築の細部まで本稿で紹介します。チャネル分類について説明したのち、移動チャネルのプログラミング法について提案します。コード実行にはオブジェクト指向型プログラムを使用しています。

ユニバーサルEA:カスタムストラテジーと補助トレードクラス(その3)

この記事では、ストラテジーの取引エンジンのアルゴリズムを分析していきます。シリーズの3番目の部分は、このアプローチを使用して、特定の取引ストラテジーを開発する方法の詳細な分析があります。特別な注意が補助アルゴリズムに必要です - EAは、従来のインデクサーを使用して、システムとデータへのアクセスをログに記録します(Close[1]、Open[0]など)

ユニバーサルEA:イベントモデルと取引ストラテジープロトタイプ(パート2)

この記事は、ユニバーサルEAのシリーズです。このパートでは、データ処理に基づいて、オリジナルのイベント・モデルについて解説し、エンジンのストラテジーの基本クラスの構造を扱います。

エキスパートアドバイザーを使って自分ルールでシグナルをコピーするには?

シグナルを購読していると、このような状況が起こることがあります。貴方の取引口座はレバレッジが1:100であるのに、プロバイダのレバレッジは1:500かつ最小ロットでトレードを行っていて、貴方の取引残高はほぼ同じ。そしてこの時コピー係数は10%から15%になるという状況です。この記事では、このような場合にどのようにコピー係数を上げたら良いかをお話しします。

ユニバーサルEA:戦略トレードモード(その1)

EAの開発者は、プログラミングのスキルに関係なく、信頼性の高い取引プロセスを整理するため、同じタスクとアルゴリズムの問題に直面しています。この記事では、これらのタスクの解決に着手し、トレードアイデアを記述するための便利なCStrategyエンジンの可能性を説明します。

エキスパートアドバイザの自己最適化:進化的遺伝的アルゴリズム

この記事では、進化的アルゴリズムにある主要な原理と、その多様性および特徴について検証します。実験を使用した簡単なエキスパートアドバイザの例では、最適化が私達の取引システムに何をもたらすかを見ていきます。遺伝的、進化的、またその他のタイプの最適化を実装するプログラムのセットを検証し、取引システムのパラメータの最適化や予測変数のセットの最適化時の適用例をご紹介します。

グラフィカルインタフェース V:コンボボックス要素(チャプター 3)

シリーズの第五部の最初の2つの記事では、スクロールバーとビューリストを作成するためのクラスが作成されました。この章では、コンボボックスコントロールのクラスを作成する方法についてお話します。これはまた、とりわけ第五部の前の章で考慮された要素を含むコンパウンドコントロールです。

初心者のためのMQL5:グラフィックオブジェクトのアンチバンダルプロテクト

グラフィックコントロールパネルが削除されたり、他の誰かによって変更されている場合、プログラムに対し、何をすべきか?この記事では、チャート上の「オーナーレス」オブジェクトを処理します。アプリケーションが削除された後に、プログラムで作成されたオブジェクトが残っている場合の処理を行います。

グラフィカルインタフェースVI:スライダーとデュアルスライダーコントロール(チャプター 2)

前回の記事では、チェックボックス、編集コントロールやチェックボックスやコンボボックスを持つ編集コントロールの4つの頻繁にグラフィカルインタフェースで使用されるコントロールでライブラリを改良しました。第六部の第2章は、スライダーとデュアルスライダーコントロールに専念されます。

グラフィカルインタフェースVI:チェックボックスコントロール、編集コントロールとその混合型(チャプター 1)

本稿は、MetaTrader端末でグラフィカルインタフェースを作成するためのライブラリの開発に関するシリーズの第六部の始まりです。第1章ではチェックボックスコントロール、編集コントロールとその混合型についてお話します。

モスクワ証券取引所(MOEX)の為のトレードロボット作成は何から始めたら良いか

モスクワ証券取引所のトレーダーの多くが。自分のトレードアルゴリズムを自動化したいと考えていても、何から始めたら良いかわからずにいます。MQL5言語は膨大な取引機能を提供するだけでなく、アルゴトレードにおける最初の一歩を最大限に簡単なものにするクラスも提供しています。

トレーダーの為の正規表現

正規表現(英語ではregular expressions) とは、正規表現のパターンやマスクと呼ばれる指定されたルールに従ったテキストを処理する為の特別な言語です。この記事では、MQL5のRegularExpressionsライブラリを使用した取引レポートの処理をご紹介し、それを使った最適化結果をデモンストレーションします。

手動取引のサポーターを作成する

近年、為替市場の為のトレードロボットの数は、雪だるま式に増えています。これらのトレードロボットの中には、様々な概念や戦略がありますが、負けない人工知能の作成は誰も成し遂げていません。その為、多くのトレーダーは手動取引を支持しています。しかし、このようなスペシャリストの為に、トレードパネルと呼ばれるロボットアシスタントが作成されています。この記事では、トレードパネルの作成例を『ゼロから』ご紹介...

グラフィカルインタフェース V:リストビュー要素(チャプター 2)

前の章では、縦横スクロールバーを作成するためのクラスを書きました。この章では、それを実装します。縦スクロールバーはそのコンパウンドの一部となるリストビュー要素を作成するためのクラスが記述されます。

グラフィカルインタフェース V: 縦横のスクロールバー(チャプター 1)

MetaTrader環境でのグラフィカルインタフェースを作成するためのライブラリの開発の検討が続きます。シリーズの第一部の最初の記事では、縦横のスクロールバーを作成するためのクラスを作成します。

MQL5言語でのTelegram用ボットの作成

この記事では、MQL5言語でのTelegram用ボットの作成を順を追って説明していきます。この資料は、トレードロボットを自分のモバイルデバイスに繋げたい人にとって、興味深いものになると思います。記事では、トレードシグナルのリンクの実行、サイト上の情報の検索、取引口座の状態や相場、チャートのスクリーンショットをあなたのモバイルデバイスへ送信するボットの例をご紹介します。

シグナル計算機

シグナル計算機は、MetaTrader 5のターミナルから直接動作し、ターミナルがシグナルの事前選択とソートを行います。これこそがこの計算機の大きな長所でもあります。これによって、MetaTrader 5のターミナルでは、自分の取引口座と最大限に互換性のあるシグナルのみユーザーに見えることになります。

GUIコントロールのレイアウトとコンテナの使用:CGrid クラス

この記事では、1つのレイアウトマネージャを使用して、レイアウトやコンテナに基づいて、GUI作成の代替方法を提示しています。CGridクラスは、グリッドレイアウトを使用して、他のコンテナやコントロールのコンテナとして機能する補助コントロールです。

ファジーロジックの概要

ファジーロジックは、数学的論理と集合論の境界を拡張します。この記事では、マムダニ型とスゲノ型モデルを使用して、2つのファジー推論システムを説明し、ファジー理論の基本的な原則を取り扱います。MQL5FuzzyNetライブラリを使用して、これら2つのシステムに基づいてファジーモデルの実装について説明します。

MQL5 でのアサーション

この記事では、MQL5でのアサーションの利用について扱います。アサーションメカニズムとアサーションを実装するための一般的なガイダンスを2つの例として提供します。

グラフィカルインタフェースIV:マルチウィンドウモードと優先度のシステム(チャプター2)

この章では、MQLアプリケーションでのマルチウィンドウインタフェースの作成の可能性をもたらすライブラリの実装を拡張します。また、グラフィカルオブジェクト上でのマウスの左クリックの優先順位のシステムを開発します。これは、要素がユーザのアクションに応答しない場合に発生する問題を回避するために必要です。

グラフィカルインタフェースIII:シンプルボタンと多機能ボタンのグループ(チャプター 2)

シリーズの最初の章は、シンプルボタンと多機能ボタンについてでした。2番目の記事は、アプリケーション内でユーザーがセット(グループ)のうちオプションのいずれかを選択することができる際の要素の作成を可能にする相互接続されたボタンのグループに専念します。

グラフィカルインタフェース III: シンプルなボタンと多機能ボタン(チャプター 1)

ボタンについて考えましょう。ここでは、簡単なボタン、拡張機能を持ったボタン(アイコンボタンとスプリットボタン)、また相互接続されたボタン(ボタングループとラジオボタン)を作成するためのいくつかのクラスの例を説明していきます。そのうえ、それらの能力を拡大するためのコントロールのために既存クラスにいくつかの追加を導入します。

グラフィカルインタフェース II:メインメニュー要素(チャプターー4)

これは、グラフィカルインターフェイスに関するシリーズの第二部の最終章です。ここでは、メインメニューの作成を検討します。このコントロールの開発とユーザの行動に正確な反応するライブラリクラスのハンドラ設定が実証されます。また、メインメニューの項目にコンテキストメニューを取り付ける方法についても説明します。そのに加えて、現在非アクティブな要素のブロックも言及されます。

グラフィカルインタフェース II:ライブラリのイベントハンドラの設定(チャプター3)

以前の記事には、メインメニューの構成部分を作成するためのクラスの実装が含まれています。ここで、主要な基本クラスと作成されたコントロールのクラスでイベントハンドラを細かく見ることにします。また、マウスカーソルの位置に応じたチャートの状態の管理にも特別な注意が払われます。

MQL5でのZIPアーカイブの扱い

MQL5は常に進化しています。この度新しい機能が追加されました。この革新により、DLLなしでZIPアーカイブを標準MQL5ツールで実行できるようになりました。この記事ではCZipクラスの使い方と、ZIPアーカイブの読み込み・生成・修正を例として扱います。

グラフィカルインタフェース IV:情報インターフェース要素(チャプター1)

開発の現段階では、グラフィカルインタフェース作成のライブラリは、フォームとそれに取り付けることができるいくつかのコントロールを含んでいます。今後の記事の1つがマルチウィンドウモードについてになることは、以前に言及されました。そのための準備が整ったので、それは次の章で対処します。この章では、ステータスバーとツールチップ情報インタフェース要素を作成するためのクラスを作成します。

マーケット理論

現在のところ、どの商品市場や相場にも適応可能で、ミクロでもマクロでも使うことができるような完璧な相場理論というものは存在していません。この記事では、利益分析に基づいた新しい相場理論のエッセンスを紹介し、現在の価格変化とメカニズムの原則を明らかにします。実際の価格上でコントロール可能なバーチャルプライスの連鎖を形成することにより、最適な値を見つけることができます。相場の形成と変化のメカニズムも...

MetaTrader 5にポジション計算のヘッジシステムが追加されました

リテールFXトレーダーの可能性を拡大する為に、プラットフォームに2つ目の計算システムであるヘッジングが追加されました。これからは、シンボルごとに、反対方向のものを含む、多数のポジションを持つことができます。これによって、いわゆる『ロック』を使った取引戦略を実装することができ、つまり、もし価格がトレーダーに反する方向へ向かった場合、反対方向にポジションを開くことができます。