MQL5 プログラミング記事

トレーディングストラテジーをプログラミングするためのMQL5言語 を、ほとんどがコミュニティーのメンバーが書いた数多くのパブリッシュされた記事で勉強してください。記事はプログラミングに関連した任意の質問に対する解答を素早く見つけることができるようにカテゴリーに分けられています: インテグレーション、テスター、トレーディングストラテジー等。

私たちの新しいパブリケーションをフォローし、フォーラム上でそれらについてディスカッションしてください!

最新の | ベスト

「新しいトレーディングの特質」に基づいたエキスパートアドバイザー : Bill Williams著

この記事ではエキスパートアドバイザーの開発について論じる、これは私の著作 "New Trading Dimensions: How to Profit from Chaos in Stocks, Bonds, and Commodities" (新しいトレーディングの次元:株式、ボンド、商品の混沌から儲ける方法) by Bill Williams

トレードシステムの評価 - 参入、退出と取引における一般の有効性

トレードシステムの有効性と利益性を決定できる多数の尺度がある。しかし、トレーダーは常にどのシステムでも試したいと考えている。この記事はどのようにして有効性の尺度に基づいた統計が MetaTrader 5 のプラットフォームに使えるかを教えるものである。 これは取引による統計の解釈を、S.V.Bulashev(ブラシェフ)による著作"Statistika dlya

他のインジケーターをベースにインジケーターを作成する

MQL5ではインジケーターをゼロから、あるいは他に顧客の端末に組み込まれていたり、カスタムのものだったりで既に存在するものからなど、どちらからでも作成することができる。 そしてまたここで2つの方法がある - あるインジケーターに新しい計算やグラフィックスタイルを加えることでを改良する方法、あるいは顧客の端末に組み込みあるいはカスタムのものを iCustom() あるいは

独自のトレーリングストップ注文を作成する方法

トレーダーの基本原則 - 利得を増やし、損失を削る!この論説では基本技術の一つ、この原則に従うことを可能にする - 保護的停止レベル (ストップ・ロスレベル) をポジションの利得が増大した時点で動かす、すなわちトレーリングストップレベルを考察する。ここではSAR と NRTR

トレードロボットのプロトタイプ

この論説ではトレーディングシステムのアルゴリズムと要素の作成の原理を要約しシステム化する。この論説はエキスパートアルゴリズムの設計について考察する。トレーディングシステムCExpertAdvisor クラスのある例について考察する。これはトレーディングシステムを素早く簡単に開発するのに使える。

エキスパートアドバイザーの資金管理のためのファンクション

トレード戦略の開発は主に市場に入り、そして、出るためのパターンの探索と、ポジションの維持に注目している。もし自動トレーディングのためにあるパターンをルールとして形式化できれば、トレーダーはポジションの量、マージンのサイズを計算する問題に立ち向かい、さらに貸付資金の安全なレベルを維持して自動モードでオープンなポジションを確実にするであろう。この論説では MQL5

スタンダードライブラリーのクラスとグーグルチャートAPIを用いて情報ボードを生成する

MQL5 プログラミング言語は主に自動取引システムと複雑な技術的解析の道具の創造をターゲットとしている。

MQL5でExpert Advisorを書くための初心者向けステップバイステップガイド

MQL5のExpert Advisorプログラミングはシンプルで簡単に学べます。ステップバイステップガイドでは、策定されたトレーディングストラテジーに基づきシンプルなExpert Advisorを書くのに必要な基本的ステップを説明します。Expert Advisorの構造、内蔵 テクニカルインディケーターとトレーディング関数の使用、 デバッグモード の詳細とストラテジーテスターの使用を紹介します。

MQL5でのティックインディケーターの作成

本記事では価格のティックチャートをプロットするティックインディケーターと指定ティック数でロウソク足をプロットするTickロウソク足インディケーターの2つのインディケーター作成を考えます。 各インディケーターは受信価格をファイルに書き、このインディケーターのリスタート後にその保存データを使用します。 (これらのデータは他のプログラムでも使用されます)

MQL5での作画スタイル

MQL4では、6つ作画スタイルがありますが、MQL5では18の作画スタイルがあります。そのため、MQL5の作画スタイルを紹介する記事を書くに値するかもしれません。本記事では、MQL5での作画スタイルの詳細を考えます。 さらに、 インディケーターを作成してどのようにこれらの作画スタイルを使い、プロットを洗練するかお見せします。

MQL5でのインディケーター の呼び方

MQLプログラミング言語の新バージョンでは、 インディケーター扱いアプローチが変化しただけでなく、インディケーター作成の新しい方法があります。さらに、 インディケーターバッファーの取り組みがより柔軟になり、今では希望のインデックス方向を指定し、好きなだけインディケーター値を入手できます。本記事ではインディケーター呼び出しとインディケーターバッファーからのデータ検索の基本方法を 説明します。

の処理 トレードイベント in Expert Advisor を使って OnTrade() 関数

MQL5は様々なタイプのイベント (タイマーイベント、トレードイベント、カスタムイベントなど)を含め、非常に多くの革新をもたらしました。イベントを取り扱う性能で全く新しいタイプの自動・準自動の売買プログラムを作成できます。本記事ではトレードイベントを考え、トレードイベントを処理するOnTrade() 関数のコードを書きます。

MQL5入門: シンプルなExpert Advisorとカスタムインディケーターの書き方

MetaTrader 5 クライアントターミナルのMetaQuotesプログラミング言語 5 (MQL5)は、MQL4に比べ新しい可能性を含み、性能がより高いです。本記事はこの新しいプログラミング言語を紹介します。Expert Advisorとカスタムインディケーターの書き方のシンプルな例を本記事で紹介します。これらの例を理解するのに必要なMQL5言語の詳細についても考察します。

初心者のためのMQL5: Expert Advisorでのテクニカルインディケーター使用ガイド

Expert Advisorで内蔵またはカスタムインディケーターの値を入手するには、まずそのハンドラーを対応する関数を使って作成しなければなりません。本記事の例は、自分のプログラム作成時にどのようにテクニカルインディケーターを使うか説明します。本記事はMQL5

MQL5でのオブジェクト作成と削除の順番

MQL5プログラムでは、すべてのオブジェクトはカスタムオブジェクトだろうと、動的配列またはオブジェクト配列は特定の方法で作成され削除されます。 しばしば オブジェクトは他のオブジェクトの一部で、非初期化のオブジェクト削除の順は特に重要になります。本記事ではオブジェクトを使用するメカニズムの例を紹介します。

Expert Advisorの限界と検証

このシンボルは月曜ににトレードできる? ポジションをオープンするのに必要なお金が十分ある? ストップロスが起こった時ロスの大きさは? ペンディングオーダーの数を制限するには? トレード操作が実行されたのは現在のバーそれとも以前のバー? トレードロボットがこの種の検証をできない場合、どんなトレードストラテジーも負け戦略になる可能性があります。本記事はどんなExpert

インディケーターを別のインディケーターに適用

OnCalculate() 関数呼び出しショートフォームのインディケーターを書くとき、インディケーターが価格データだけでなく、他のインディケーターデータによっても計算できる事実を見逃すかもしれません。 (内蔵またはカスタムのインディケーターにかかわらず)。他のインディケーターデータに正しく適用するためにインディケーターを改善したいですか?本記事ではそのような修正に必要なステップを復習します。

MQL5: 自分のインディケーターの作成

インディケーターとは何でしょう?スクリーン上に便利な方法で表示したい計算値の一式です。値の一式は配列としてプログラムに表されます。そのため、インディケーターの作成は配列 (価格配列) を取り扱い、他の配列 (インディケーター 値)に結果を記録するアルゴリズムを書くことを意味します。True Strength

新しいレールへの第一歩: MQL5内のカスタムインディケーター

新しいターミナルと言語のすべての可能性と特徴をリストすることはしません。それらはあまりにも多くありすぎ、新規の特徴によっては別の記事で説明するに値します。またここにはオブジェクト指向プログラミングで書かれたコードがありません。開発者にとってさらに有利になる点として、ただ単に言及するにはあまりにも真剣なトピックです。本記事ではインディケーターとその構造・図面・タイプ・プログラミング

新しいMetaTrader 5 とMQL5の登場

これはMetaTrader5のただの簡単なレビューです。このような短い時間でシステムのすべての特徴を述べることはできません。2009年9月9日に試用を開始しました。これはシンボル的な日付でラッキーナンバーになると信じています。ベータ版のMetaTrader5とMQL5を手に入れて数日が経ちました。まだ全ての特徴を使ってはいませんが、すでに関心させられました。