MetaTrader 5をダウンロードする

MQL5 プログラミング記事

トレーディングストラテジーをプログラミングするためのMQL5言語 を、ほとんどがコミュニティーのメンバーが書いた数多くのパブリッシュされた記事で勉強してください。記事はプログラミングに関連した任意の質問に対する解答を素早く見つけることができるようにカテゴリーに分けられています: インテグレーション、テスター、トレーディングストラテジー等。

私たちの新しいパブリケーションをフォローし、フォーラム上でそれらについてディスカッションしてください!

最新の | ベスト

指定した価格変動に基づく極値点の自動検出

グラフィカルパターンを使った自動トレード戦略には、極値を検索する機能が必要です。既存のツールは、必ずしもこのような機能がありません。この記事で説明されているアルゴリズムは、チャート上のすべての極値を検出できます。ここで説明するツールは、トレンドやレンジに効率的です。得られた結果は選択した期間によって強く影響を受けず、指定したスケールでのみ定義されています。

ウェブサイトにMetaTrader 4/5 ウェブターミナルを無料で埋め込んで利益を得ましょう

ブラウザから直接金融市場取引ができるウェブターミナルはトレーダーによく知られています。お客様のウェブサイトにウェブターミナルウィジェットを追加なさってください。これは完全に無償です。ご自分のウェブサイトでブローカーを照会して利益を得ることができます。このためにすぐに使えるWebベースのソリューションを用意させていただきました。お客様がなさるのはウェブサイトにiframeを1つ埋め込むことだけです。

モスクワ為替先物のスプレッド戦略の開発例

MT5 プラットフォームでは、同時に複数の金融商品のトレードロボットをテストすることができます。組み込みのストラテジーテスターは、自動的にヒストリーデータをブローカーのサーバーからダウンロードします。そのため、開発者は特別手動で何かをする必要はありません。シンプルかつ確実に異なるシンボルのミリ秒単位のティックによるトレード環境を再現することが可能です。この記事では、2つのモスクワ為替先物にお...

グラフィカルインタフェースX: Timeコントロール、チェックボックスコントロールのリストとテーブルのソート(ビルド6)

グラフィカルインタフェースを作成するためのライブラリの開発が続きます。今回は、チェックボックスコントロールのリストとTimeが対象となります。さらに、CTableクラスではデータを昇順または降順に並べ替えることができるようになりました。

取引通貨バスケットでの利用可能なパターン

前の記事に則って、トレーダーが認識可能なパターンについて分析を試みます。また、各パターンの利点、欠点を考慮し、それに関する推奨事項を示します。ウィリアムズのオシレータに基づいたインジケーターを分析ツールとして使用します。

インジケータのバッファや配列を使わずにヒストグラムを形成する統計分布

この記事では、グラフィックメモリの助けを借りて、相場の統計的分布ヒストグラムをプロットする可能性について説明します。サンプルのヒストグラムと mql5のグラフィカルオブジェクトの「非表示」関数があります。

GUIによる汎用的なオシレーター

この記事では、独自のグラフィカルインターフェイスを使用して、よくあるオシレーターに基づく汎用的なインジケータの作成プロセスについて説明します。GUIは、ユーザーが迅速かつ容易に、グラフ ・ ウィンドウから (開くことがなくそのプロパティ)、各オシレーターの設定を直接変更するとでき、特定のタスクに最適なオプションを選択することができます。

グラフィカルインタフェースX: テキストエディットボックス、ピクチャスライダー、及びシンプルなコントロール(ビルド5)

この記事では、テキストエディットボックス、ピクチャスライダー、および追加的なシンプルなコントロール(テキストラベルとピクチャ)の新しいコントロールについて検討します。ライブラリは成長を続けており、新しいコントロールの導入に加えて、以前作成されたものも改善されています。

不変なジグザグ

ジグザグは、MT5のユーザーの間で人気の高いインジケーターです。この記事では、ジグザグのさまざまなパターンを作成する可能性について分析します。この結果はEAの開発に有用であるばかりでなく、その関数を拡張する不変なインジケーターとなりえます。

トレーダーのライフハック: テストの比較レポート

この記事では、EAを4 つの異なるトレードでテストします。4つのテストにおけるレポートの最終的な比較は、オンラインストアでの商品のような表にします。追加として、各シンボルの分布図が自動的に作成されます。

80-20 トレード戦略

この記事では、80-20 トレード戦略を分析するためツール (インジケーターおよびEA) の開発について説明します。トレードルールは"ストリートスマート"より引用します。リンダラッシュクとローレンス · コナーズによる"短期的なトレード戦略”です。mql5を使用して、戦略ルールを定式化し、最近の相場のヒストリーベースで、インディケータとEAをテストします。

「タートルスープ」トレードシステムと ' タートル スープ プラス一 '

この記事では、2つのトレードシステム「タートルスープ」と「タートル スープ プラスワン'のルールについて扱います。リンダ ・ ブラッドフォード ・ ラシュキ と ローレンス a. コナーズによる 高確率短期のトレード戦略です。この戦略は、かなり人気があります。15~20年間の相場の動きに基づいてを開発したものです。

MQL5をプログラミングの基礎: ターミナルのグローバル変数

ターミナルのグローバル変数は、高度で信頼性の高いEAを開発するために欠かせないツールです。グローバル変数なしで MQL5で EA の開発をすることは想像を絶します。

グラフィカルインタフェースX: 標準チャートコントロール(ビルド4)

今回は、標準のチャートコントロールについて考えていきます。これによって水平スクロールを同期させる機能を持つサブチャートの配列の作成が可能になります。また、引き続き、ライブラリのコードを最適化してCPU負荷を軽減します。

MQL5 プログラミングの基礎: ファイル

この実践向きの記事は、MQL5 内のファイルの操作に焦点を当てています。基本を把握し、スキルを磨くことができるシンプルなタスクを提供しています。

グラフィカルインタフェースX: Easy And Fast (簡単で手早い)ライブラリの更新(ビルド3)

本稿では、Easy And Fast ライブラリの次のバージョン(バージョン3)を紹介します。特定の欠陥を修正して、新しい機能を追加しました。詳細は本稿で後ほどお話しします。

ニューラル ネットワーク: EAの自己最適化

ポジションを最適化し、コードのコマンドに従って定期的に条件を終了するEAを開発します。ニューラル ネットワーク (多層パーセプトロン) を分析し、戦略を実現するためのモジュールの形式で実装します。毎月 (毎週、毎日、または毎時) ニューラル ネットワークを最適化する EAを作成します。したがって、自己最適化 EA を開発します。

Rを使って高速化したMQL5の統計分布

Rで実装されている基本的な統計分布を操作するための関数を紹介します。コーシー、ワイブル、正規、対数正規、ロジスティック、指数、均一、ガンマ分布、カイ 2 乗、中央と非心 beta スチューデントの t 分布、F 分布フィッシャーの離散二項および否定的な二項分布、幾何学、幾何とポアソン分布。これらのモデルに実際の分布の適合性の程度を評価できるように、分布の理論的モーメントを計算する関数があります。

シグナルのクイック評価:トレーディング、ドローダウン/ロードとMFE/ MAE配信チャート

購読者は、多くの場合、シグナルプロバイダーのアカウントの総成長を分析することによって、適切なシグナルを検索します。しかし、特定のトレード戦略の潜在的なリスクを分析することも重要です。この記事では、その性能に基づいてトレードシグナルを評価するための簡単かつ効率的な方法を紹介します。

トレーダーライフハック:"静かな"最適化とプロットトレード分布

トレードのヒストリーの分析とポジションエントリーの時間に応じて、HTMLでトレード結果の分布図をプロットします。このチャートは、次の3つのセクションで表示されています - 時間、曜日及び月。

クロスプラットフォームEA:オーダー

MT4とMT5は、トレードリクエストで異なるルールを使用しています。この記事では、トレードプラットフォームとバージョンにかかわらず、クロスプラットフォームEAとして稼働する、クラスオブジェクトを使用します。

MT5で取引戦略を迅速に開発しデバッグする方法

スキャルピング自動システムはアルゴリズム取引の頂点にみなされていますが、コードを書くのは最も困難です。この記事では、受信ティックの分析に基づいて、戦略を構築するメソッドを示し、ビルトインツールとビジュアルテストをデバッグします。エントリーと決済の開発は、多くの場合、裁量取引の経験を必要とします。しかし、MT5ではヒストリー上で戦略をテストすることができます。

MQL5クックブック - 移動チャンネルのシグナルトレーディング

この記事では、移動チャネルに基づいたシグナルを送信するクラスを実装するプロセスについて説明します。各々は、テスト結果を取引戦略が引き続きます。標準ライブラリのクラスは派生クラスを作成するために使用します。

クロスプラットフォームEA:MQL5標準ライブラリからコンポーネントの再利用

クロスプラットフォームEAはMQL4に有用であり、MQL5標準ライブラリ内に一部コンポーネントが存在します。 この記事では、MQL4コンパイラと互換性のあるMQL5標準ライブラリの特定コンポーネントを作るメソッドを取り扱います。

クロスプラットフォームEA:序章

この記事では、クロスプラットフォームのEAを容易に開発できるメソッドを詳述します。提案メソッドは、両方のバージョンによって共有関数を統合し、互換性のない関数の派生クラスを分割します。

MQL5とQLUAの比較ーなぜMQL5での取引操作は28倍速いのか?

多くのトレーダーは、どれくらいの速さで自分の注文が取引所に到達し、どれくらいの時間で実行されるのか、そしていつトレーダーの取引ターミナルに取引操作の結果が反映されるのかということについてよく考えるものだと思います。今まで誰もMQL5とQLUAのプログラムを使用した取引操作速度の比較測定を行っていないので、この比較を行いたいと思います。

キャンバスクラスの学習。アンチエイリアスと影

キャンバスクラスのアンチエイリアシングアルゴリズムは、アンチエイリアスが使用されているすべての構造の基本です。この記事では、アルゴリズムがどのように動作するかについて扱い、可視化に関連する例を示します。また、グラフィックオブジェクトの描画の色合いをカバーし、キャンバス上の図形を描画するために開発された詳細なアルゴリズムがあります。数値解析ライブラリALGLIBは、計算に使用します。

グラフィカルインタフェースX: Easy And Fast (簡単で手早い)ライブラリの更新(ビルド2)

シリーズの前回の記事の出版以来、Easy And Fast ライブラリにはいくつかの新機能が加わりました。ライブラリの構造とコードは部分的に最適化され、CPUの負荷が少し軽減されています. 多くのコントロールクラスで繰り返して現れるメソッドは、CElement基本クラスに移動されました。

グラフィカルインタフェースIX:プログレスバーと折れ線グラフコントロール(チャプター2)

第九部の第2章はプログレスバーと折れ線グラフに専念されます。いつものように、これらのコントロールがカスタムMQLアプリケーションでどのように使用できるかを明らかにする詳細な実施例が存在します。

MQLのソケットの使用およびシグナルプロバイダになる方法

現代の情報社会はソケットの存在なしに成り立つでしょうか?1982年に登場し現在までほぼ変わることなく、ソケットは私達の為に毎秒動いています。これは私達が暮らすマトリックスの神経終末ネットワークのベースです。

グラフィカルインタフェースIX:カラーピッカーコントロール(チャプター1)

本稿は、MetaTrader取引ターミナルのグラフィカルインタフェース作成ライブラリの開発に関するシリーズの第九部の初めとなります。それは2章で構成され、カラーピッカー、カラーボタン、プログレスバーや折れ線グラフなどのコントロールとインターフェースの新しい要素が提示されてます。

グラフィカルインタフェースVIII: ファイルナビゲータコントロール(チャプター3)

シリーズの第八部の前章では、ライブラリがマウスポインタ、カレンダー、ツリービューを開発するためのいくつかのクラスによって強化されました。本稿は、MQLアプリケーションのグラフィカルインターフェースの一部として使用できるファイルナビゲーターコントロールを扱います。

トレーダーライフハック:テスト中の資産、ドローダウン、負荷と目盛りインジケータ

テストプロセスをどのように視覚的に作ることができるでしょう?答えは簡単です:ストラテジーテスターでドローダウン・預金・負荷のインジケーターを含むティック・インジケータ、バランスインジケーターを使用します。このソリューションは、ティック、相場変化、ドローダウン、資産、負荷を視覚的に追跡するのに役立ちます。

グラフィカルインタフェースVIII: ツリービューコントロール(チャプター2)

前のグラフィカルインターフェイス第八部では静的およびドロップダウンカレンダー要素に焦点が当てられました。この第2章は、グラフィカルインタフェースを作成するために使用されるすべての完全なライブラリーに含まれているツリービューという均等に複雑な要素に焦点を当てます。本稿で実装されるツリービューは複数の柔軟な設定とモードを含み、ニーズに合わせてコントロール要素を調整することができます。

グラフィカルインタフェースVIII:カレンダーコントロール(チャプター1)

このMetaTraderでのグラフィカルインタフェースの作成に専念した記事シリーズの第八部では、カレンダー、ツリービュー、およびファイルナビゲーターのような複雑な複合コントロールが検討されます。情報が大量のため、それぞれは個別の記事に書かれています。この部分の最初の章では、カレンダーコントロールとその拡張バージョンであるドロップダウンカレンダーに ついて説明します。

グラフィカルインタフェースVII: タブコントロール(チャプター2)

第七部の最初の章では、テーブルを作成するためのコントロールであるテキストラベルテーブル(CLabelsTable)、エディットボックステーブル(CTable)およびレンダーテーブル(CCanvasTable)の3つのクラスが紹介されました。本稿(チャプター2)ではタブコントロールが考察されます。

自己組織化特徴マップ(Kohonenマップ) - サブジェクトリビジッティング

この記事では、Kohonenマップで動作するのテクニックについて説明します。Kohonenマップで困難に直面し、MQL4とMQL5でのプログラミングの基本的なレベルがわかる研究者や経験豊富なプログラマーを対象としています。自己組織化特徴マップ(Kohonenマップ) - サブジェクトリビジッティング

機械学習モデルの評価と変数の選択

この記事では、機械学習モデルで使用する入力変数(予測変数)の選択、前処理および評価の詳細に焦点を当てています。新しいアプローチと予測分析とモデルの可能性と過学習への影響を考慮します。モデルを使用した全体的な結果は、この段階の結果に依存します。予測変数の選択に、新しい、オリジナルなアプローチを提供します。

グラフィカルインタフェースVII: テーブルコントロール(チャプター 1)

MetaTraderグラフィカルインタフェースに関するシリーズの第七部では、テキストラベル、エディットボックスとレンダーボックスの3つのテーブルタイプについてお話します。後1つの重要かつ頻繁に使用されるコントロールはタブで、これは、他のコントロールのグループを表示/非表示してMQLアプリケーション内でスペースを有効に使ったインタフェースを開発することを可能にします。

トレーダーの為のライフハック:1つのバックテストは良いが、4つは更に良い

最初のテストをする時にトレーダーには「4つのモードのうちのどれを使ったらいいのだろうか?」という一つの疑問が浮かんでくると思います。モードにはそれぞれにそれぞれの利点と特徴があるので、それを簡単にして、ワンクリックで一度に全てのモードを起動させましょう!この記事では、Win APIとちょっとしたマジックを使って、4つのテストチャートを一度に表示する方法をご紹介します。