MQL5 プログラミング記事

トレーディングストラテジーをプログラミングするためのMQL5言語 を、ほとんどがコミュニティーのメンバーが書いた数多くのパブリッシュされた記事で勉強してください。記事はプログラミングに関連した任意の質問に対する解答を素早く見つけることができるようにカテゴリーに分けられています: インテグレーション、テスター、トレーディングストラテジー等。

私たちの新しいパブリケーションをフォローし、フォーラム上でそれらについてディスカッションしてください!

最新の | ベスト

マルチ通貨システム エキスパートアドバイザーの作成

この記事は、複数のシンボルをトレードし、同時にいくつものトレーディングシステムを使用するエキスパートアドバイザーのストラクチャーを紹介します。もしすでにすべてのEAにおいて最適な入力パラメーターを特定し、それぞれに対して個別に良いテスト結果を得ているのであれば、もしすべての戦略を合わせて同時に全EAをテストすればどのような結果を得ることができるか、ご自身に尋ねてみてください。

かぎ足チャート用インジケーター

この記事は、様々なチャートオプションや追加関数を持つかぎ足チャート用インジケーターを紹介します。また、インジケーターのチャート化原則やMQL5実装の特徴なども紹介されています。トレーディングにおける実装の人気なものは、トレンド線から押しのけ、断続的に「肩」をあげ、「腰」を下げるYin/Yang交換戦略です。

MQL5 プログラミング基礎:配列

配列は変数や関数と共にほとんどすべてのプログラム言語に欠くことのできないものです。本稿はまず MQL5 初心者プログラマーに関心を持ってもらえる内容であり、経験あるプログラマーにとっては知識をまとめ体系化するのによい機会となるはずです。

MetaTrader 5のトレードシグナル:PAMM アカウントへのよりよい代替手段

MetaTrader 5 が今トレードシグナルを備え、そのため投資家や幹事会社に力強いツールを提供できることをうれしく思います。成功しているトレーダーのトレードをフォローする間にも、ターミナルは自動でそれらをみなさんのアカウントに再生しているのです。

チャート上でトレーディングの考え方を時間をかけずに検証する方法

本稿はトレーディングの考え方を速く視覚的に検証する方法について述べます。その方法は価格チャート、シグナルインディケータ、残高計算インディケータの組合せを基にしています。そんなわけで、これからトレーディングの考え方を検索する方法やその考え方を時間をかけずに検証する方法をみなさんと共有したいと思います。

MetaTrader 5 から MetaTrader 4へトレードをコピーする方法

今日MetaTrader 5 の実アカウントでトレードすることはできますか?そのようなトレードをどうやって行いますか?本稿はこういった疑問に対する見解およびMetaTrader 5 ターミナルから MetaTrader 4ターミナルへトレードをコピーするためのワーキングコードを提供します。本稿は Expert Advisors の開発者、実践的トレーダー双方に役立つものです。

MetaTrader 5 ターミナルのストラテジーテスタ内でティック作成をするアルゴリズム

MetaTrader 5 により内蔵ストラテジーテスタでExpert Advisors および MQL5を利用し自動トレーディングをシミュレートすることができます。このタイプのシミュレーションは Expert

アンマネージドのエクスポートを使用した MQL5へのC#コードのエクスポーズ

本稿ではMQL5 コードとマネージドの C# 間の異なる連携手法を提供します。またC# に対してMQL5を整理する方法および MQL5 スクリプト内にてエクスポートされたDLL関数を呼びだす方法例も提供します。ここでお話する例がマネージドのコードで DLLを書くことに関する将来的な研究の基になると信じています。本稿はまたすでにC#で実装されている多くのライブラリを使用するために

時系列の主要特性分析

本稿ではさまざまな時系列特性を予めすばやく判断するために設計されるクラスを紹介します。これを行うにあたり、統計的パラメータと自己相関関数を決め、時系列のスペクトル推定を実行し、ヒストグラムを作成します。

「マーケット」でプロダクトを宣伝する方法

アプリケーションをマーケットに公開すると、世界中でMetaTrader 5を使用しているすべてのトレーダーがすぐに利用できるようになります。 マーケットは収入を得るための絶好の機会で、支払いは即座お使いの口座に転送され、製品のデモ版の購入やダウンロードの分析をお手伝いします。

もっとも活発な MQL5.コミュニティメンバーは iPhonesを勝ち取りました!

もっともすぐれた MQL5.com 参加者に報酬を与えることを決めてからコミュニティの発展に貢献する参加者各位を決定する主要な基準を選んできました。その結果、ウェブサイトに多くの記事を掲載された以下のチャンピオンを得ました。 - investeo (11 件) 、victorg (10 件)、そして『コードベース』にプログラムを投稿され – GODZILLA (340 件)、Integer (61

トレーダーの作業における統計的分布の役割

本稿は、理論的統計的分布に連携するクラスについて述べた拙著『MQL5 における投擲的可能性』の続編です。われわれには理論的基盤があるので、現実のデータ設定に進み、こ基盤を情報的に利用していきたいと思います。

UML ツールを用いたExpert Advisorの開発方法

本稿では UML グラフィカル言語を用いたExpert Advisorの開発方法についてお話します。そのツールはオブジェクト指向のソフトウェアシステムのビジュアルモデル化に使用されるものです。この方法のおもなメリットはモデル化プロセスの可視化です。本稿には Software Ideas Modelerを使用したExpert Advisorの

MQL5.community 人名鑑

MQL5.com ウェブサイトはみなさんのことをとてもよく覚えています!何本のスレッドがすばらしい出来か、記事がどれほど人気か、「コードベース」のプログラムがどのくらいの頻度でダウンロードされるか。これは MQL5.comで記憶されていることのほんの小さな一部にしかすぎません。みなさんの実績はプロフィールで確認可能ですが、全体像はどうでしょうか?本稿では全 MQL5.community

経験的モード分解メソッドのイントロダクション

この記事は、経験的モード分解メソッド(EMD)に読者が慣れ親しむことが目的です。Hilbert-HUang変換の基礎部分であり、非定常・非線形的プロセスからデータを分析することを意図されています。この記事はこのメソッドの実装について紹介し、また、その特徴や使用例も提示しています。

自動売買システム作成にたいする新手法としてのオートマタ準拠プログラミング

本稿は MQL4 および MQL5で EA、インディケータ、スクリプトを作成するまったく新しい方向にわれわれを導きます。将来、このプログラミングパラダイムが EAを実装するすべてのトレーダーにとってしだいに基本となり標準となることでしょう。オートマタ準拠プログラミングパラダイムを使用することで MQL5 および MetaTrader 5

購入前に売買ロボットを検証する方法

MQL5 マーケットで売買ロボットを買うことは似たような選択肢をしのぐ明らかなメリットがあります。提供される自動化されたシステムを MetaTrader 5 ターミナルで直接徹底的に検証することができるのです。購入前にシステムを完全に把握するため、内蔵ストラテジーテスタで Expert Advisor を不都合なモードで注意して実行することができる/する必要があるのです。

MetaTrader 5での自己組織化機能マップ(Kohonenマップ)の使用

自己組織化機能マップ(Kohonenマップ)の最も興味深い特徴に一つとして、データを監視することなく分類するという点です。基礎的な形式では、入力データの類似マップを作成します。SOMマップは、高次元のデータの分類とビジュアル化のために使用することができます。この記事では、Kohnenマップのいくつかの簡単な使用方法を紹介します。

ジグザグおよび ATR例によるクラスとしてのインディケータ実装

インディケータを計算する最適な方法についての議論は尽きるところがありません。どこでインディケータ値を計算すべきでしょうか?インディケータ自体でしょうか、またはそのインディケータを使う Expert Advisor に全ロジックを埋め込むのがよいのでしょうか?本稿では、カスタムインディケータ iCustom のソースコードをExpert Advisor

ランダムウォーク理論とトレンドインディケータ

ランダムウォークは現実のマーケットデータと実によく似ていますが、大きな特徴がいくつかあります。本稿ではコインン投げゲームを使用するシミュレーションでランダムウォークのプロパティを考察します。データのプロパティを調査するためトレンドインディケータを作成します。

時系列予測に対する ENCOG マシン学習へのMetaTrader 5インディケータ使用

本稿ではMetaTrader 5 の ENCOGへの連携をご紹介します。これは発展したニューラルネットワークとマシン学習のフレームワークです。 標準的テクニカルインディケータを基にしたシンプルなニューラルネットワークインディケータとニューラルインディケータを基にしたExpert Advisor についても語ります。ソースコード、コンパイルされたバイナリ、

マーケット価格予測に対する汎用回帰モデル

マーケット価格は需要と供給の間の安定したバランスから形作られ、それは逆に経済、政治、心理要因の多様性に依存します。こういった要因の影響原因同様、性質の異なることですべての構成要素を直接考慮するのは困難です。本稿は 念入りに作られた回帰モデルを基にしたマーケット価格予測について述べます。

C plus plus テンプレートの代用としての疑似テンプレート使用

本稿はテンプレートは使わないが、プログラムスタイルはテンプレートに合ったものを保持する方法について述べていきます。カスタムメソッドを使ってテンプレートを実装することをお伝えします。また、指定のテンプレートを基にしたコード作成用既製のスクリプトを添付しています。

価格 Correlationの統計データを基にしたシグナルのフィルタリング

過去の価格変動と将来のトレンドの間に関連はあるのでしょうか?前日の値動き特性が本日繰り返されるのはなぜでしょうか?価格変動予想に統計は有用でしょうか?答えはあり、それはポジティブなものです。もしお疑いならこの記事はそんな方向けです。MQL5のシステムでトレーディングシステム向けの作業フィルター作成方法をお話します。それは価格変動の興味深いパターンを表します。

直線回帰例によるインディケータスピードアップの3手法

本稿では、インディケータメソッドの計算アルゴリズムの最適化を取り上げます。みなさんはご自身のニーズにもっとも合うメソッドをお探しのことと思います。本稿では3種類の手法について述べます。その一つはきわめて簡単なものです。次のひとつはしっかりした数学の知識が必要です。そして最後のひとつには多少のウィットが必要です。はここで述べられる手法のほとんどを理解するのにインディケータまたはMetaTrader5

MQL5での統計確率分布

本稿は、適用統計に使用されるランダム変数の確率分布(標準、対数正規分布、二項分布、ロジスティック分布、指数分布、コーシー分布、ストゥーデンとの t-分布、 ラプラス分布、 ポアソン分布、双曲線正割分布、 ベータ分布、ガンマ分布)について述べます。またこういった分布を処理するクラス特性についても述べます。

ソースコードのトレーシング デバッギング 構造分析

実行されたコードのストラクチャーの作成とトレーシングの複雑な問題は、特に困難なく解決することができます。これは、MetaTrader5から可能になりました。これは、MQL5言語の新しい機能である、様々な複雑なデータ型の自動生成やローカルスコープ外に出た際の除去などのおかでです。この記事は、その方法論や、すぐ使えるツールを紹介します。

Expert Advisors最適化のカスタム基準作成

MetaTrader 5 クライアント端末は Expert Advisor パラメータを最適化する幅広い機会を提供します。またストラレジーテスタに含まれる最適化評価基準に対して、開発者には自身の基準を作成するチャンスが与えられています。これは Expert

サルでも解るMQL5 ウィザード

2011年初頭、 MQL5 ウィザードの第一版を発売しました。この新しいアプリケーションはトレーディングロボットを自動で作成する便利なツールを提供します。MetaTrader 5 ユーザーはだれでも、MQL5でプログラミングする方法を知らなくても独自のExpert Advisor を作成することができるのです。

高度適応インディケータ理論および MQL5への実装

本稿は高度適応インディケータとその MQL5への実装について述べます。適応型サイバーサイクル、適応型重心、適応型RVIです。すべてのインディケータはJohn F. Ehlersの原著 "Cybernetic Analysis for Stocks and Futures" で紹介されていました。

指数平滑法を用いた時系列予測

この記事は、読者に短期間の時系列分析にて使用される指数平滑法モデルに馴染みを持ってもらうことを目的としています。加えて、最適化や予測結果の評価に関連する問題も扱い、スクリプトやインジケーターのいくつかの例を提供します。この記事は、指数平滑法モデルに基づいた予測の原則の初歩の知識として役に立つと思います。

トレーディングシステム作成のための判別分析の利用

トレーディングシステムを開発するとき、たいていインディケータとそのシグナルの最良の組合せを選ぶのに問題が起こります。判別分析はそのような組合せを見つける方法の一つです。本稿では、マーケットデータ収集のための EA 開発例を提供し、f Statistica ソフトウェアにおいてFOREXマーケットに対する予測モデル構築のための判別分析の使用を解説します。

Expert Advisor ビジュアルウィザードを用いたExpert Advisorsの作成

MetaTrader 5 用Expert Advisor ビジュアルウィザードは、数分でExpert Advisを設計することができる理解しやすい定義済みトレーディンブロックセットを伴う高い直観的グラフィカル環境を提供します。Expert Advisor

トレーダミネーター 3:売買ロボットの台頭

記事 "Dr. Tradelove..." で Expert Advisorを作成しました。それは選択済みのトレーディングシステムのパラメータを自立的に最適化するものです。それ以上に EAにある一つのトレーディングシステムのパラメータだけを最適化するのではなく、複数あるトレーディングシステムから最良のものを選ぶExpert Advisorを作成しようと決めました。それがどうなったか見ていきます。

MQL5 コードの保護:パスワード保護、キージェネレータ、時間制限、リモートライセンス、高度 EA ライセンスキー暗号化技術

開発者のほとんどは自分の書いたコードの保護を必要としています。本稿は MQL5 ソフトウェアを保護するいくつかの異なる方法を紹介します。 - MQL5 スクリプト、Expert Advisors、インディケータに対しライセンス機能を提供する手法を紹介します。パスワード保護、キージェネレータ、アカウントライセンス、時間制限判定、MQL5-RPC 呼び出しを使用するリモート保護も取り上げます。