English Русский 中文 Español Deutsch Português 한국어 Français Italiano Türkçe
サルでも解るMQL5 ウィザード

サルでも解るMQL5 ウィザード

MetaTrader 5 | 29 10月 2015, 07:38
3 318 0
MetaQuotes
MetaQuotes

2011年初頭、 MQL5 ウィザードの第一版を発売しました。この新しいアプリケーションはトレーダーに自動売買ロボットを自動で作成する便利なツールを提供します。MetaTrader 5 ユーザーはだれも、たとえMQL5でプログラミングする方法を知らなくても独自のExpert Advisor を作成することができるのです。

ウィザードの新バージョン ではプログラムの機能性を拡げました。それにより複数シグナルを組み合わせて Expert Advisors を作成することができます。この改善により、詳しい正確なシグナルを取得するために Expert Advisor で洗練された分析を行うことができます。言うまでもありませんが、この改善により EAを作成する手順が難しくなったりしてはいません。EA 構築のための基本として要求されるパラメータを順を追って選択すればいいようになっています。

各ステップを個別で考察し、Expert Advisorを作成するための全ステップを追っていきます。まずは EA がトレードを行うツールと時間枠を決めます。:それぞれ EUR/USD 、M10とします。以下のシグナルを使用します。

これでExpert Advisorに対する基本パラメータの概要がわかりました。それではMQL5 ウィザードの作業を開始します。プログラム開始にあたり、プログラムを開き、メインメニューの「ファイル」タブから「作成」をクリックします。表示されたウィンドウ内で「Expert Advisor作成」を選択します。

Expert Advisor作成

次のウィンドウ内で EA がトレードを行うシンボルおよび時間枠を指定します。現在の初期値を残すなら、連携する際にあらゆるシンボルと時間枠でトレード可能な汎用 Expert Advisor を受け取ることになります。ただ、他のインスツルメントに適用すると予想外の結果を得ることになる可能性があるため、ここでは EURUSDについて日中に対するEA作成を行いたいと思います。よって、 EURUSD と M10を指定します。

Expert Advisorの一般的プロパティ

ここはもっともおもしろいステップです。シグナル選択です。それを基に Expert Advisor がトレードを行うものです。この時点で標準ライブラリには トレーディングシグナル20個の既製モジュールが含まれており、それは標準インディケータのロジックを基にしたものです。そこから必要なシンボルを選びます。

トレーディングシグナルの既製モジュール

それから選択した各シグナルに対するパラメータを構成します。MA ~ IntradayTimeFilterです。

移動平均のシグナル

選択されたシグナルはそれ自体のパラメータセットを持ちます。たとえば MA に対しては、その期間 (31)、現在バーからの移動 (0)、平均化メソッド(指数)、MA(終値)を適用する価格、シグナルのウェイト(1.0)を指定する必要があります。

各トレーディングシグナルの詳細については MQL5 参照資料に記載があります。

選択されたシグナル

すべてのシグナルのパラメータ設定が済むと、Expert Advisorはほとんど準備が整っています。ただひとつ、トレーリングストップおよび資金管理モジュールを構成する必要があります。ただし、このステップは本稿の対象ではありません。というわけで今回のExpert Advisor はトレーリングなしで構築し、固定ロットでトレードします。

これらパラメータの構成方法についてもっと学習したい場合は、記事『MQL5 ウィザード:プログラムなしのExpert Advisors作成』をご一読ください。

前述のステップののち、資金管理戦略を選択し、結果できた Expert Advisorコードが入手可能な MetaEditor に戻ります。

できあがったExpert Advisorのコード

EAをコンパイルするには、コントロールパネルの「コンパイル」を押します。このあと、MetaTrader 5 のクライアント端末を起動し ナビゲーター -> Expert Advisorsで選択し、Expert Advisを実行します。

MetaTrader 5 ストラテジーテスタに作成されたExpert Advisor

これで最短時間、最小労力でフル装備のExpert Advisorを作成しました。もうMetaTrader 5 ユーザーはだれしも簡単に速くEAを作成することができます。

MQL5 ウィザードはトレーディングロボットを作成する力強いツールです。いまやプログラミングの技能や経験に関わらずだれもが Expert Advisor を作成できるのです。数回クリックするだけで必要なオプションを選択できます。そして作成された Expert Advisor はみなさんの戦略に従いトレーディングを行うのです。

今日これからMQL5 ウィザードを試し、ご自身の特別なトレーディング戦略に応じた EA を作成してください!


MetaTrader 5をダウンロード


MetaQuotes Ltdによってロシア語から翻訳されました。
元の記事: https://www.mql5.com/ru/articles/287

Expert Advisors最適化のカスタム基準作成 Expert Advisors最適化のカスタム基準作成
MetaTrader 5 クライアント端末は Expert Advisor パラメータを最適化する幅広い機会を提供します。またストラレジーテスタに含まれる最適化評価基準に対して、開発者には自身の基準を作成するチャンスが与えられています。これは Expert Advisorsを検証し最適化する数えきれない可能性に導きます。本稿ではそのような基準を、複雑なもの単純なもの双方、作成する実践的方法について記述します。
高度適応インディケータ理論および MQL5への実装 高度適応インディケータ理論および MQL5への実装
本稿は高度適応インディケータとその MQL5への実装について述べます。適応型サイバーサイクル、適応型重心、適応型RVIです。すべてのインディケータはJohn F. Ehlersの原著 "Cybernetic Analysis for Stocks and Futures" で紹介されていました。
統計的推定 統計的推定
シーケンスの統計的パラメータの推定はたいへん重要なものです。それはたいていの数学的モデルと手法が異なる前提に基づいているからです。たとえば、分布法則の正常化、分散値、その他パラメータです。よって時系列を分析し推定するとき、主要な統計的パラメータを素早く明確に推定できるシンプルで使い勝手のよいツールが必要です。本稿では、もっともシンプルなランダムシーケンスの統計パラメータとビジュアル分析のメソッドをいくつか取り上げ述べていきます。それにより MQL5 でこれらメソッド、またニュープロットアプリケーションを用いて計算した結果の視覚化メソッドを実装します。
指数平滑法を用いた時系列予測 指数平滑法を用いた時系列予測
この記事は、読者に短期間の時系列分析にて使用される指数平滑法モデルに馴染みを持ってもらうことを目的としています。加えて、最適化や予測結果の評価に関連する問題も扱い、スクリプトやインジケーターのいくつかの例を提供します。この記事は、指数平滑法モデルに基づいた予測の原則の初歩の知識として役に立つと思います。