MetaTrader 5をダウンロードする

MQL5言語のプログラミング例の記事

MQL5言語の中のMetaTraderプラットフォームに対してインディケータとトレーディングロボットを作成する方法を示すコード例といっしょに巨大な記事のコレクションにアクセスする。ソースコードは記事に添付されているので、あなたはそれらをMetaEditorの中で開き、そのアプリケーションがどのように機能するかを見るために実行することができます。

これらの記事は自動化されたトレーディングについて調べ始めたばかりの人にも、プログラム経験があるプロのトレーダーにも役に立つでしょう。それらは単に例を特集するのではなく、新しいアイデアも含んでいます。

最新の | ベスト

任意の複雑さのレベルのグラフィカルなパネルを作成する方法

この記事では、CAppDialog クラスに基づいてパネルを作成する方法と、パネルにコントロールを追加する方法について詳しく説明します。 パネルの構造とオブジェクトの継承を示すスキームを提供します。 この記事では、イベントの処理方法、および依存コントロールへの配信方法についても説明します。 その他の例では、サイズや背景色などのパネルパラメータを編集する方法を示します。

オシレーターでZig Zagインジケータ - を作成してみましょう。技術課題の実施例

この記事では、「インジケーターの開発を依頼するための要件定義を作成する方法」の記事で書いた課題例のうちの1つである、ZigZagインジケーターの作成をデモンストレーションします。インジケーターは、オシレーターによって決められる極値に基づいて作成されます。インジケーターには、WPR、CCI、Chaikin、RSI、Stochastic...

ディープニューラルネットワーク(その5)DNNハイパーパラメータのベイズ最適化

本稿では、様々な訓練の変形によって得られたディープニューラルネットワークのハイパーパラメータにベイズ最適化を適用する可能性について検討します。様々な訓練の変形における最適なハイパーパラメータを有するDNNの分類の質が比較されます。DNN最適ハイパーパラメータの有効性の深さは、フォワードテストで確認されています。分類の質を向上させるための方向性が特定されています。

トレーダーのハック: 定義と ForEach のブレンド (#define)

この記事は、現在MQL4でコーディングしていて、MQL5に切り替えたいとは思っていない人のためのものです。 今回はMQL4のスタイルでコードを書く方法を模索していきます。 #define プリプロセッサのマクロ置換を見ていきます。

インジケーターの開発を依頼するための要件定義を作成する方法

最もよくあるトレードシステムの開発の第一歩は、相場行動パターンを識別できるテクニカルインジケーターの作成です。 専門的に開発されたインジケーターを、フリーランスのサービスからオーダーすることができます。 この記事からは、適切な要件定義を作成する方法を学習します。より速く、希望のインジケーターを取得するのに役立ちます.

メタトレーダー5のカスタムニュースフィードを作成する

この記事では、ニュースの種類とまたその情報元の面でより多くのオプションを提供しています。柔軟なニュースフィードを作成する汎用性を考察します。 この記事では、web API を MetaTrader5 ターミナルと統合する方法について説明します。

高速数学的計算に基づくカスタムストラテジーテスター

この記事では、カスタムストラテジーテスターと最適化パスのカスタムアナライザーを作成する方法について説明します。 これにより、数学の計算モード、いわゆるフレームの仕組みを理解することができ、計算のカスタムデータをロードしその圧縮の効果的なアルゴリズムを使用できるようになります。 この記事は、EAの中でカスタム情報を保存する方法に興味がある方にも有意義なものになります。

チャネルブレイクアウトパターン

価格トレンドは、金融銘柄チャートで観察できる価格チャネルを形成します。現在のチャネルのブレイクアウトは、強いトレンド反転シグナルの1つです。本稿では、そのようなシグナルを見つける手順を自動化し、チャネルブレイクアウトパターンを取引戦略の作成に使用できるかどうかを確認する方法を提案します。

トレードDiNapoliレベル

この記事では、MQL5 標準ツールを使用してDiNapoliレベルでトレードするためのEAの実現を考察します。 そのパフォーマンスをテストし、最終的な結論まで導きます。

モメンタムピンボールトレーディング戦略

この記事では、Linda B. RaschkeとLaurence A. Connors の "Street Smarts: High Probability Short-Term Trading Strategies" に記載されているトレーディングシステムのコードを記述します。...

取引戦略におけるファジー論理

本稿では、ファジーライブラリを使用して、ファジー論理を適用した簡単な取引システムの構築例を検討します。ファジー論理、遺伝的アルゴリズムおよびニューラルネットワークを組み合わせることによりシステムを改良するための変形が提案されます。

適応型相場の実用的評価法

この記事で提案するトレーディングシステムは、株価を分析するための数学的ツールです。 ディジタルフィルタリングと離散時系列のスペクトル推定を適用します。 戦略の理論的側面について説明し、テストEAを作成します。

クロスプラットフォームEA: CExpertAdvisor と CExpertAdvisors クラス

この記事では、クロスプラットフォームのEAについて扱っています。主にクラス CExpertAdvisor と CExpertAdvisors は、この記事で説明した他のすべてのコンポーネントのコンテナとして機能します。

拡散と収束の自動探索

本稿では、シンプル、隠れ、拡張、トリプル、クワドラプル、収束のあらゆる種類の拡散、またA、B、Cクラスの拡散を考察し、それらをチャート上で検索及び表示するためのユニバーサル指標が開発されます。

クロスプラットフォームEA: カスタムストップ、ブレイクイーブン、トレーリング

この記事では、クロスプラットフォームEAでのカスタムストップレベルの設定方法について説明します。 また、時間の経過とともにストップレベルを設定するメソッドについても説明します。

CGraphic ライブラリを使用したスキャルピング相場深度の実装

この記事では、スキャルピング相場深度ツールの基本的な関数を作成します。 また、CGraphic ライブラリーをベースにしたティック・チャートを開発し、オーダーブックと統合します。 記述された相場深度を使用して、短期トレードの強力なアシスタントツールを作成することが可能になります。

グラフィカルインタフェースXI:標準グラフィックライブラリの統合(ビルド16)

グラフィックライブラリの科学的なグラフを作成するための新バージョン(CGraphicクラス)が最近発表されました。今回のアップデートでは、グラフィカルインターフェイス作成のために開発された当ライブラリにグラフを作成するための新しいコントロールを備えたバージョンが導入されます。さまざまな種類のデータを視覚化することがさらに簡単になりました。

ユニバーサルEA: CUnIndicator と予約オーダーの使用 (その 9)

この記事では、ユニバーサル CUnIndicator クラスを通じたインジケーターのタスクについて説明します。 さらに、予約オーダーを処理する新しいメソッドを考慮します。 注意: この時点でCStrategy プロジェクトの構造は、実質的な変更を受けています。 すべてのファイルは、ユーザーの利便性のため単一のディレクトリに配置されています。

クロスプラットフォームEA: ストップ

この記事では、2つのプラットフォームMetaTrader4とMetaTrader5との互換性を確保するために、EAのストップの実装について説明します。

グラフィカルインターフェイスXI:テーブルセル内のテキストエディットボックスとコンボボックス(ビルド15)

このライブラリアップデートでは、テーブルコントロール(CTableクラス)に新しいオプションが追加されます。テーブルセル内のコントロールのラインアップが拡張され、今回はテキストエディットボックスとコンボボックスが追加されます。また、このアップデートでは、実行中にMQLアプリケーションのウィンドウのイズを変更する機能も導入されています。

ターミナル間のデータ交換にクラウドストレージサービスを使用

クラウド技術の普及が進んでいます。 今日では、有料と無料のストレージサービスから選択することができます。 トレードで使用することは可能でしょうか? 本稿では, クラウドストレージサービスを利用してターミナル間でのデータ交換を行う技術を提案します。

MetaTrader5の任意のシンボルでトレーディングアイデアをテスト!

カスタムシンボルを作成すると、トレーディングシステムと金融相場分析に役立ちます。 今日ではトレーダーは、無数のチャートやテストトレード戦略をプロットすることができます。

フラグパターン

本稿では、フラグ、ペナント、ウェッジ、長方形、三角形、収縮三角形、膨張三角形のパターンを分析します。それらの類似点と相違点を分析するだけでなく、パターンを検出するための指標、及びその有効性を迅速に評価するためのテスター指標を作成します。

ユニバーサルEA: シンボルプロパティへのアクセス (その 8)

このテーマの8番目のパートは、任意のトレーディングツールへアクセスする特殊なオブジェクト CSymbol クラスの説明をします。 EAで使用する場合、このクラスはEAのプログラミングを簡素化し、その関数を拡張することができ、シンボルプロパティのセットを提供します。

グラフィカルインターフェイスXI:レンダリングされたコントロール(ビルド14.2)

ライブラリのこの新バージョンでは、すべてのコントロールが個別のOBJ_BITMAP_LABEL型のグラフィカルオブジェクトに描画されます。また、コードの最適化についても引き続き説明し、ライブラリの中核クラスの変更について説明します。

グラフィカルインターフェイスXI:ライブラリコードのリファクタリング(ビルド14.1)

ライブラリが大きくなるにつれて、コードをサイズを減らすために最適化が再び必要がです。本稿で説明するライブラリのバージョンはさらにオブジェクト指向になっており、コードの学習もさらに容易になります。読者は、最新の変更の詳細な記述によって、独自のニーズに基づいて独自にライブラリを開発できるでしょう。

クロスプラットフォームEA: タイムフィルタ

この記事では、クロスプラットフォームEAによるさまざまな時間フィルタリングメソッドの実装について説明します。 時間フィルタクラスは、特定の時間が一定の時間構成設定に該当するかどうかをチェックします。

CCanvasでのカスタム指標とインフォグラフィックス

本稿は、より複雑な構造的実装を伴う新しい種類の指標について検討し、擬似3D型指標と動的インフォグラフィックスの開発についても説明します。

クロスプラットフォームEA: マネーマネジメント

この記事では、クロスプラットフォームEAの マネーマネジメントメソッドの実装について説明します。 マネーマネジメントクラスは、EAによってエントリーされる次のトレードに使用するロットサイズの計算を担当します。

一个绘制支撑和阻力线的指标实例

本文提供了一个例子,它是关于如何实现根据指定条件绘制支撑和阻力线的指标的,另外,它也包含了一个可以使用的指标,您将看到,创建指标的过程有多么简单。您也将能学习如何通过修改指标代码来构建用于绘制任何所需线形的条件。

グラフィカルインターフェイスX:マルチラインテキストボックスでのテキスト選択(ビルド13)

本稿では、他のテキストエディタと同様に、さまざまなキーの組み合わせによってテキストを選択して選択したテキストを削除する機能を実装します。さらに、引き続きコードを最適化し、ライブラリの進化の第2段階の最終プロセスではすべてのコントロールが別々の画像(キャンバス)としてレンダリングされるため、これに向かってクラスを準備します。

Wolfe波動

このBill Wolfe氏によって提案された視覚的手法は、市場参入の瞬間と方向を特定するためのパターンを検出することを可能にし、価格目標とその到達時間を予測するのに役立ちます。本稿では、Wolfe波動を検索するジグザグに基づいた指標を作成する方法と、この指標に基づいた簡単なエキスパートアドバイザーで取引する方法について説明します。

人工知能を用いたTDシーケンシャル(トーマス デマークのシーケンシャル)

本稿では、よく知られている戦略とニューラルネットワークを融合させた成功裡の取引方法を説明します。これは、人工知能システムを用いたトーマス デマークのシーケンシャル戦略に関するもので、「セットアップ」シグナルと「インターセクション」シグナルを使用して、戦略の最初の部分のみが適用されます。

クロスプラットフォームEA: シグナル

この記事では、クロスプラットフォームEAで使用される CSignal および CSignals クラスについて解説します。 MQL4 と MQL5 の違いについて、トレードシグナルの評価に必要なデータがどのようにアクセスされるかを調べ、記述されたコードが両方のコンパイラと互換性があることを確認します。

MQL5クックブック - スライディングウィンドウ内指標の高速計算のためのリングバッファの作成

リングバッファは、スライディングウィンドウで計算を実行するときにデータを配置するのに最も簡単で効率的な方法です。本稿では、そのアルゴリズムを説明し、同アルゴリズムが如何にスライディングウィンドウでの計算を単純化して効率を向上させるかを示します。

MQL5 クックブック-ピボットトレーディングシグナル

この記事では、ピボットの反転に基づいたシグナルのクラスの開発と実装について説明します。 このクラスは、標準ライブラリを適用する戦略を形成するために使用されます。 フィルタを追加することにより、ピボット戦略を改善することができるでしょう。

グラフィカルインタフェースX: マルチラインテキストボックス内のワードラップアルゴリズム(ビルド12)

マルチラインテキストボックスの開発を続けましょう。今回の課題は、テキストがボックス幅を超えた場合には自動的にワードラップを行い、機会が生じた場合にはワードラップを取り消してテキストを前行に収めることです。

グラフィカルインターフェイスを使用したユニバーサルトレンド

この記事では、普遍的なトレンドインジケーターを、標準のインジケーターの数に基づいて作成します。 さらに作成されたグラフィカルインターフェイスは、インジケーターの種類を選択し、そのパラメータを調整することができます。 インジケーターは、色付きのアイコンのラインを持つ別のウィンドウに表示されます。

グラフィカルインターフェイスX:ソート、テーブル再構築とセル内のコントロール(ビルド11)

レンダーテーブルにデータソート、列と行の数の管理、コントロールを配置するためのテーブルのセルタイプの設定といった新しい機能を追加し続けます。

グラフィカルインターフェイスX:レンダーテーブルの更新とコード最適化(ビルド10)

レンダーテーブル(CCanvasTable)に新しい機能を補完していきます。テーブルには、ホバー時の列の強調表示;、各セルにアイコンの配列を追加する機能とそれらを切り替えるメソッド、 実行時にセルテキストを設定または変更する機能などが含まれます。