米国U6失業率 (United States U6 Unemployment Rate)

国:
米国
USD, 米ドル
セクター
労働
7.5% 7.1%
7.4%
最後の発表 重要性 実際 予測
7.4%
7.5%
次の発表 実際 予測
  • 概要
  • チャート
  • 履歴
  • ウィジェット

米国U6失業率は、米国の失業率計算方法の代替案を提供し、多くの場合、最も真実を明らかにする失業指標とみなされ、また、全民間労働力に対する失業者の割合を示しています。しかし、主要失業率指標U3とは異なり、U6には過去4年間に積極的に雇用を探してきた個人が考慮されるとともに、以下の 「境界線」とみなされる失業者カテゴリが含まれます。

  • 成功しなかった試み(12ヶ月間)の後に求職を停止した個人。彼らは現在の経済状況では失望し、現時点では雇用を不可能としています。これらの失業者は「落胆した労働者」と呼ばれています。
  • 仕事を見つけることができるが現時点で雇用を求めていない個人
  • 学校に戻り、就職を拒否した個人
  • 不利な経済状況のためにパートタイムまたは臨時の仕事をしている個人: 現在フルタイムの仕事がありません。このカテゴリはU3では就業者とみなされ、失業統計には含まれていません。

多くの経済学者は、U6はU3指標指標に含まれていないが労働市場に間接的に関係する個人を考慮するため、国の失業状況をよりよく明らかにしていると信じています。

失業統計データは、全国の約11万人(6万世帯)のインタビューによって収集されています。16歳未満の個人、軍に勤務する個人、矯正施設及び精神病院にいる個人は調査から除外されます。

失業率は、国の経済発展の重要な指標の1つです。これは予測指標ではありません。その伸びや減少は、経済状況の変化の結果です。

失業の減少は、ドル相場にプラスと見られます。

直近値:

実際のデータ

予想値

"米国U6失業率 (United States U6 Unemployment Rate)"マクロ経済指標の利用可能な全履歴のチャート。 破線は、指定された日付の経済指標の予測値を示しています。

実際の価値と予測値との大幅な偏差は、FX市場における国内通貨の短期的な強化または弱体化を引き起こす可能性があります。 国(地方)経済の危機的状態の接近を示す指標の閾値は特別な場所を占めます。

日付 (GMT)
参照
実際
予測
9 2018
7.5%
7.1%
7.4%
8 2018
7.4%
7.4%
7.5%
7 2018
7.5%
8.0%
7.8%
6 2018
7.8%
7.7%
7.6%
5 2018
7.6%
7.9%
7.8%
4 2018
7.8%
7.8%
8.0%
3 2018
8.0%
7.9%
8.2%
2 2018
8.2%
8.1%
8.2%
1 2018
8.2%
8.2%
8.1%
12 2017
8.1%
7.7%
8.0%
11 2017
8.0%
8.2%
7.9%
10 2017
7.9%
8.4%
8.3%
9 2017
8.3%
8.6%
8.6%
8 2017
8.6%
8.5%
8.6%
7 2017
8.6%
8.6%
6 2017
8.6%
8.4%
5 2017
8.4%
8.6%
4 2017
8.6%
8.9%
3 2017
8.9%
9.2%
2 2017
9.2%
9.4%
1 2017
9.4%
9.2%
12 2016
9.2%
9.3%
11 2016
9.3%
9.5%
10 2016
9.5%
9.7%
9 2016
9.7%
9.7%
8 2016
9.7%
9.7%
7 2016
9.7%
9.6%
6 2016
9.6%
9.7%
5 2016
9.7%
9.7%
4 2016
9.7%
9.8%
3 2016
9.8%
9.7%
2 2016
9.7%
9.9%
1 2016
9.9%
9.9%
12 2015
9.9%
9.9%
11 2015
9.9%
9.8%
10 2015
9.8%
10.0%
9 2015
10.0%
10.3%
8 2015
10.3%
10.4%
7 2015
10.4%
10.5%
6 2015
10.5%
10.7%
5 2015
10.7%
10.8%
4 2015
10.8%
10.9%
3 2015
10.9%
11.0%
2 2015
11.0%
11.3%
1 2015
11.3%
11.2%
12 2014
11.2%
11.4%
11 2014
11.4%
11.5%
10 2014
11.5%
11.8%
9 2014
11.8%
12.0%
8 2014
12.0%
12.2%

ウェブサイト用の経済指標カレンダーウィジェット

あなただけの経済イベントカレンダーを作成します。 やることは、サイズと表示期間を指定するだけです。 このウィジェットはあなたのウェブサイトで自由に使うことができます。 提供されたコードは変更しないでください。

カレンダーのデータは現状のまま提供されます。 経済指標の公開頻度とスケジュール、経済指標の値は、我々の知識なしに変更される可能性があります。 提供された情報を使用なされる場合、カレンダーデータに基づいて取引の決定を下すのに伴うすべてのリスクを受け入れるものとします。

表示領域

ウィジェットの種類

情報表示

デフォルトカレンダー期間

ウィジェット言語

埋め込みコード

ウィジェットコ―ドをコピーするコピー済み

プレビュー