米国政府給与 (United States Government Payrolls)

国:
米国
USD, 米ドル
セクター
労働
-6 K 2 K
-14 K
最後の発表 重要性 実際 予測
19 K
-6 K
次の発表 実際 予測
  • 概要
  • チャート
  • 履歴
  • ウィジェット

政府給与の変化は、報告された月に米国の公共部門ででの新しい雇用の数を示しています。報告書は、政府機関及び部門の常勤従業員数に関するデータに基づいて計算されています。

政府給与は経済的健康の第二の指標です。ここの空席数は比較的一定であり、常に金融及び経済の変動に直接関係しているとは限りません。しかし、この数字は一般的な非農業部門雇用者数報告書に含まれており、この重要な指標に影響を与える可能性があります。

雇用されている市民の数の変化は、ドル市場の最も強力な短期的な要因の1つです。そのため、このレポートの一部である政府の給与計算は、米ドル相場に影響を及ぼす可能性があります。予想を上回る指標の伸びは、ドル相場にプラスの影響を与える可能性があります。

直近値:

実際のデータ

予想値

"米国政府給与 (United States Government Payrolls)"マクロ経済指標の利用可能な全履歴のチャート。 破線は、指定された日付の経済指標の予測値を示しています。

実際の価値と予測値との大幅な偏差は、FX市場における国内通貨の短期的な強化または弱体化を引き起こす可能性があります。 国(地方)経済の危機的状態の接近を示す指標の閾値は特別な場所を占めます。

日付 (GMT)
参照
実際
予測
11 2018
-6 K
2 K
-14 K
10 2018
4 K
13 K
-3 K
9 2018
13 K
8 K
16 K
8 2018
-3 K
-1 K
-6 K
7 2018
-13 K
18 K
14 K
6 2018
11 K
10 K
5 K
5 2018
5 K
8 K
-3 K
4 2018
-4 K
14 K
0 K
3 2018
1 K
8 K
6 K
2 2018
26 K
11 K
1 K
1 2018
4 K
26 K
-6 K
12 2017
2 K
6 K
13 K
11 2017
7 K
17 K
-3 K
10 2017
9 K
-2 K
3 K
9 2017
7 K
11 K
5 K
8 2017
-9 K
19 K
-13 K
7 2017
4 K
37 K
6 2017
35 K
-7 K
5 2017
-9 K
1 K
4 2017
17 K
2 K
3 2017
9 K
-2 K
2 2017
8 K
17 K
1 2017
-10 K
-8 K
12 2016
12 K
6 K
11 2016
22 K
7 K
10 2016
19 K
3 K
9 2016
-11 K
23 K
8 2016
25 K
50 K
7 2016
38 K
33 K
6 2016
22 K
17 K
5 2016
13 K
-7 K
4 2016
-11 K
24 K
3 2016
20 K
9 K
2 2016
12 K
-10 K
1 2016
-7 K
11 K
12 2015
17 K
12 K
11 2015
14 K
-6 K
10 2015
3 K
-12 K
9 2015
24 K
36 K
8 2015
33 K
21 K
7 2015
5 K
4 K
6 2015
0 K
4 K
5 2015
18 K
15 K
4 2015
10 K
-9 K
3 2015
-3 K
7 K
2 2015
7 K
2 K
1 2015
-10 K
9 K
12 2014
12 K
8 K
11 2014
7 K
7 K
10 2014
5 K
12 K

ウェブサイト用の経済指標カレンダーウィジェット

あなただけの経済イベントカレンダーを作成します。 やることは、サイズと表示期間を指定するだけです。 このウィジェットはあなたのウェブサイトで自由に使うことができます。 提供されたコードは変更しないでください。

カレンダーのデータは現状のまま提供されます。 経済指標の公開頻度とスケジュール、経済指標の値は、我々の知識なしに変更される可能性があります。 提供された情報を使用なされる場合、カレンダーデータに基づいて取引の決定を下すのに伴うすべてのリスクを受け入れるものとします。

表示領域

ウィジェットの種類

情報表示

デフォルトカレンダー期間

ウィジェット言語

日付形式

埋め込みコード

ウィジェットコ―ドをコピーするコピー済み

プレビュー