MetaTrader 5をダウンロードする

MetaTrader5の任意のシンボルでトレーディングアイデアをテスト!

29 9月 2017, 07:26
MetaQuotes Software Corp.
0
308

MetaTrader5 のカスタムシンボルは、トレーディングシステムを開発し、あらゆる金融相場を分析するための新たな機会を提供します。 今日ではトレーダーは、無数のチャートやテストトレード戦略をプロットすることができます。 このためには、ティックまたは分の履歴に基づいてカスタムシンボルを作成する必要があります。 カスタムシンボルは、フリーソースコードライブラリもしくはマーケットからのトレーディングロボットをテストするために使用できます。


カスタムシンボルの作成

マーケットウォッチに既に存在するカスタムシンボルを作成してみましょう。 シンボルウィンドウをマウスの右ボタンで開き、カスタムシンボルの作成に使用するものを選択します。


カスタムシンボルの作成 をクリックした後、必要に応じて、[コントラクト仕様] で名前を設定し、必要なパラメータを変更します。


すべてのカスタムシンボルは、シンボルツリーの個別の <Custom> ディレクトリに配置され、現在接続されているブローカーに関係なく常に存在します。 カスタムシンボルの価格データは、トレードサーバーのデータが格納されているディレクトリの外部にある別のカスタムディレクトリに保存されます。

C:\Users\[windows account]\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\[instance id]\bases\Custom

これは、カスタムシンボルを作成するもう1つの利点であり、各ブローカーから必要なシンボルをカスタムグループにコピーするだけです。 従来のシンボルと同じように、カスタムシンボルを削除できるのは、開いているチャートがなく、マーケットウォッチに存在しない場合だけです。


カスタムシンボルの設定

カスタムシンボルを含むトレード戦略のテスト結果に影響を与えるクオートの精度、コントラクトサイズ、シンボル通貨、決済メソッドと他のすべてのパラメータを設定することができます。



履歴のインポート

カスタムシンボルを作成した後、クオート履歴を追加する必要があります。 最初に、既存のシンボルに基づいて履歴を作成するメソッドを見てみましょう。 シンボル ウィンドウで、履歴の準備メソッドに応じて [Bars] または [Ticks] タブを開きます。 必要な期間のリクエストを行い、エクスポートを実行します。 MetaTrader5の全履歴が分データに基づいているため、足を受信するには、M1 の時間枠を選択します。


エクスポートは、次のような名前を持つテキスト csv ファイルの形式で行われます。EURUSD_M1_201701020000_201707251825 は、シンボル名、タイムフレーム、および1分までのエクスポートされた履歴の時間の境界があります。 次に、足をエクスポートするときの形式の外観を示します。

<DATE>	        <TIME>	        <OPEN>	<HIGH>	<LOW>	<CLOSE>	<TICKVOL><VOL>	     <SPREAD>
2017.01.02	00:03:00	1.05141	1.05141	1.05141	1.05141	6	15000000	118
2017.01.02	00:04:00	1.05141	1.05141	1.05141	1.05141	2	5000000	        112
2017.01.02	00:05:00	1.05158	1.05158	1.05148	1.05158	10	17000000	101
2017.01.02	00:06:00	1.05148	1.05158	1.05148	1.05158	7	13000000	101

ティック履歴をエクスポートすると、CSV ファイルのサイズが大幅に大きくなり、各ティックのデータがミリ秒単位で受信されます。 このデータを使用して、ターミナルは他のすべての時間枠に基づいて1分のヒストリーを形成します。

<DATE>          <TIME>          <BID>   <ASK>   <LAST>  <VOLUME>
2017.07.03      00:03:47.212    1.14175 1.14210 0.00000 0       
2017.07.03      00:03:47.212    1.14168 1.14206 0.00000 0       
2017.07.03      00:03:47.717    1.14175 1.14206 0.00000 0       
2017.07.03      00:03:54.241    1.14175 1.14205 0.00000 0       
2017.07.03      00:03:57.982    1.14165 1.14201 0.00000 0       
2017.07.03      00:04:07.795    1.14175 1.14201 0.00000 0       
2017.07.03      00:04:55.432    1.14164 1.14200 0.00000 0       
2017.07.03      00:14:33.743    1.14173 1.14203 0.00000 0       
2017.07.03      00:14:33.743    1.14173 1.14201 0.00000 0       
2017.07.03      00:16:44.901    1.14174 1.14195 0.00000 0       

したがって、サードパーティのソースを使用してカスタムシンボルの履歴を作成する場合は、上に表示される形式に従ってデータを準備する必要があります。

履歴をインポートするには、同様の手順を実行します。 EURUSD_my のカスタムシンボルを検索するCustom\<Custom group> フォルダで、[ティック] タブに移動し、必要な CSV ファイルを選択して [インポート] をクリックします (足をインポートする場合も同様です)。


履歴をインポートした後は、足やティックを追加、削除、または変更して編集できます。

作成されたカスタムシンボルはマーケットウォッチで利用可能になり、チャートを開くことができます。 したがって、カスタムシンボルは、任意のカスタムインジケータと相場からの分析ツールの立ち上げなど、MetaTrader5 のテクニカル分析の全体の豊富なアーセナルを適用することができます。


カスタムシンボルでのトレーディング戦略のテスト

マルチスレッドのMetaTrader5ストラテジーテスターを使用すると、複数の金融商品のリアルティックでの戦略トレードをテストできます。 すべての利点を使用して、カスタムシンボルの戦略をテストします。 これを行うには、高品質な分の (できればティック) 履歴をインポートし、トレード環境の詳細な復元に必要な各ツールのプロパティを設定します。 その後、必要な EA を選択し、テストの設定を設定します。 全体のプロセスは、ブローカーによって提供される従来のトレーディングシンボルのタスクに似ています。


必要なすべてのシンボルをテスターに提供して、トレード口座通貨でのマージンと利益を計算する必要があります。 マージンと利益を計算する場合、ストラテジーテスタは自動的に利用可能なクロスレートを使用します。 AUDCAD を作成するとします。 [ Forex ] タイプのマージン計算を使用したカスタムシンボルとアカウント通貨は USD です。 この場合、テスターは、外国為替シンボル名に基づいて、次のオーダーで必要なシンボルを検索します。

  1. まず、ドルのシンボルの検索とUSDCAD. カスタム (トレード利益を計算するための) フォームが実行されます (マージンを計算するため) .
  2. シンボルのいずれかが存在しない場合、この検索は、必要な通貨ペアに対応する最初のシンボル (ぞれドルと USDCAD) に対して実行されます。 たとえば、ドルと USDCAD のシンボルが見つかりました。 これは、マージンと利益を計算するために使用されるレートを意味します。
他の種類のマージン計算 (CFD、先物、 株取引) を備えたツールでは、通貨ペアを使用して計器通貨をデポジット1に変換する必要があります。 資産通貨は CHF ですが、ポンドで表される利益とマージン通貨でカスタムシンボルを作成したと仮定します。 この場合、テストシンボルの検索は次のオーダーで実行されます。
  1. GBPCHF (GBP 対 CHF) に対応するトレーディングシンボルの有無がチェックされます。
  2. そのようなシンボルが存在しない場合、この検索は、その名前で GBPCHF に対応する最初のトレーディングシンボル (たとえば GBPCHF または GBPCHF def) に対して実行されます。

カスタムシンボルを使用してテストする場合、トレーディングアカウントに必要なすべての通貨ペアがあることを確認します。 それ以外の場合、テスト中の結果とマージンの計算はできません。


ローカルネットワークのカスタムシンボルに対する戦略の最適化

独自のエージェントとは別に、ローカルネットワークおよびリモートエージェントのエージェントを使用して、カスタムシンボルのトレード戦略を最適化することができます。 MetaTrader5 ストラテジーテスターのもう一つの利点は、トレードシステムの最適なパラメータの検索に費した時間を短縮することができることです。

カスタムシンボルを使用した最適化にMQL5 クラウドネットワークを使用することはできません。 同じ名前のカスタムシンボルが、異なる価格履歴が異なるトレーダーのコンピュータに存在する可能性があるという事実によるものです。 ネットワークエージェント間のテスト結果の不一致に加えて、大量の再ロードと履歴データの同期を引き起こす可能性があります。これは、 過度のインターネットの使用につながる.


カスタムシンボルを操作するための関数

MQL5 言語を使用してカスタムシンボルを操作することもできます。 カスタムシンボルセクションの関数は、そのために設計されています。 MQL5 アプリケーションを使用すると、サードパーティのソースのデータに基づいて、指定したプロパティを使用して必要な金融商品をすばやく作成できます。 したがって、任意のシンボルの履歴データの収集と準備を自動化し、カスタムインデックスやその他のデリバティブを作成し、 MetaTrader5 ストラテジーテスターでテストすることができます。

Function

Action

CustomSymbolCreate

指定したグループに、指定した名前のカスタムシンボルを作成します。

CustomSymbolDelete

指定した名前のカスタムシンボルを削除する

CustomSymbolSetInteger

カスタムシンボルの整数型プロパティの値を設定します。

CustomSymbolSetDouble

カスタムシンボルの プロパティ値を設定する

CustomSymbolSetString

カスタムシンボルの文字列型プロパティの値を設定します。

CustomSymbolSetMarginRate

カスタムシンボルのオーダーの種類と方向に応じたマージンを設定する

CustomSymbolSetSessionQuote

指定したシンボルと曜日の指定したクオートセッションの開始時刻と終了時間を設定します

CustomSymbolSetSessionTrade

指定したシンボルと曜日の指定したトレーディングセッションの開始時刻と終了時間を設定します。

CustomRatesDelete

指定した時間間隔でカスタムシンボルの価格履歴からすべての足を削除する

CustomRatesReplace

指定した時間間隔内のカスタムシンボルの価格履歴を、MqlRates 型配列のデータに完全に置き換えます。

CustomRatesUpdate

不足している足をカスタムシンボル履歴に追加し、既存のデータを MqlRates 型配列のものと置き換えます。

CustomTicksDelete

指定した時間間隔でカスタムシンボルの価格履歴からすべてのティックを削除します。

CustomTicksReplace

指定した時間間隔内のカスタムシンボルの価格履歴を、MqlTick 型配列のデータに完全に置き換えます。

これらの関数は、 "相場情報の取得"セクションの関数を補完するものです。 シンボルのプロパティを取得するだけでなく、カスタムツールにも設定できます。


MetaTrader5の任意のシンボルでトレーディングアイデアをテスト!

MetaTrader5 プラットフォームは、アルゴリズムトレーダーにとって最も幅広い機会を提供します。 これはほんの一部です:

トレーダーは、そのブローカーはまだ持っていないシンボルでも、MetaTrader5 プラットフォームでアクセスする必要があります。 任意の金融相場で独自のシンボルとテストトレーディング戦略を作成できます!

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元の記事: https://www.mql5.com/ru/articles/3540

MetaTrader5のカスタムウォークフォワード最適化 MetaTrader5のカスタムウォークフォワード最適化

この記事では、MQL で実装された組み込みのテスターおよび補助ライブラリを使用して、ウォークフォワード最適化による正確なシミュレーションを扱います。

フラグパターン フラグパターン

本稿では、フラグ、ペナント、ウェッジ、長方形、三角形、収縮三角形、膨張三角形のパターンを分析します。それらの類似点と相違点を分析するだけでなく、パターンを検出するための指標、及びその有効性を迅速に評価するためのテスター指標を作成します。

ターミナル間のデータ交換にクラウドストレージサービスを使用 ターミナル間のデータ交換にクラウドストレージサービスを使用

クラウド技術の普及が進んでいます。 今日では、有料と無料のストレージサービスから選択することができます。 トレードで使用することは可能でしょうか? 本稿では, クラウドストレージサービスを利用してターミナル間でのデータ交換を行う技術を提案します。

ディープニューラルネットワーク(その2)予測変数の変換と選択 ディープニューラルネットワーク(その2)予測変数の変換と選択

このディープニューラルネットワークシリーズ第2稿では、モデルを訓練するためのデータを準備する過程で予測変数の変換と選択を検討します。