米国個人消費前月比 (United States Personal Spending m/m)

国:
米国
USD, 米ドル
セクター
消費者
0.9% 0.4%
0.1%
最後の発表 重要性 実際 予測
0.4%
0.9%
次の発表 実際 予測
  • 概要
  • チャート
  • 履歴
  • ウィジェット

個人消費前月比は、指定された月に消費者が消費した資金の前月と比較した総額の変化を反映しています。計算には、耐久財及び非耐久財及びサービス、銀行振込、利払いなどの支出が含まれます。

US BEA (Bureau of Economic Analysis) は、「個人所得及び支出報告書」報告書の一部として、この指標を個人所得とともに発表します。アナリストはしばしば、これらの2つの指標を組み合わせて解釈します。なぜなら、これらの2つの値の間の比率は、消費者行動の評価とさらなる行動の予測において考慮されるからです。例えば、消費者が収入を過度に浪費して貯蓄が減少すると、将来の経済成長は減速するかもしれません。

消費者支出は国のGDPの重要な部分です。そのため、指数は現在の期間のGDPを予測するために使われます。この値は、インフレ率の計算にも使われます。さらに、投資家は様々な種類の商品やサービスに対する支出の割合の変化を理解する必要があるので、この指標を注意深く監視します。この情報は、投資計画の効率を向上させるのに役立ちます。

指標値の上昇はインフレ率の上昇を示すため、米ドル相場にプラスの影響を与える可能性があります。

直近値:

実際のデータ

予想値

"米国個人消費前月比 (United States Personal Spending m/m)"マクロ経済指標の利用可能な全履歴のチャート。 破線は、指定された日付の経済指標の予測値を示しています。

実際の価値と予測値との大幅な偏差は、FX市場における国内通貨の短期的な強化または弱体化を引き起こす可能性があります。 国(地方)経済の危機的状態の接近を示す指標の閾値は特別な場所を占めます。

日付 (GMT)
参照
実際
予測
3 2019
0.9%
0.4%
0.1%
2 2019
0.1%
0.4%
0.3%
1 2019
0.1%
0.3%
-0.6%
12 2018
-0.5%
0.4%
0.6%
11 2018
0.4%
0.4%
0.8%
10 2018
0.6%
0.3%
0.2%
9 2018
0.4%
0.4%
0.5%
8 2018
0.3%
0.4%
0.4%
7 2018
0.4%
0.3%
0.4%
6 2018
0.4%
0.4%
0.5%
5 2018
0.2%
0.5%
0.5%
4 2018
0.6%
0.3%
0.5%
3 2018
0.4%
0.4%
0.0%
2 2018
0.2%
0.4%
0.2%
1 2018
0.2%
0.2%
0.4%
12 2017
0.4%
0.3%
0.8%
11 2017
0.6%
0.3%
0.2%
10 2017
0.3%
0.2%
0.9%
9 2017
1.0%
0.3%
0.1%
8 2017
0.1%
0.3%
0.3%
7 2017
0.3%
0.2%
0.2%
6 2017
0.1%
0.3%
0.2%
5 2017
0.1%
0.3%
0.4%
4 2017
0.4%
0.2%
0.3%
3 2017
0.0%
0.0%
2 2017
0.1%
0.2%
1 2017
0.2%
0.5%
12 2016
0.5%
0.2%
11 2016
0.2%
0.4%
10 2016
0.3%
0.7%
9 2016
0.5%
-0.1%
8 2016
0.0%
0.4%
7 2016
0.3%
0.5%
6 2016
0.4%
0.4%
5 2016
0.4%
1.1%
4 2016
1.0%
0.1%
3 2016
0.1%
0.2%
2 2016
0.1%
0.1%
1 2016
0.5%
0.1%
12 2015
0.0%
0.5%
11 2015
0.3%
0.0%
10 2015
0.1%
0.1%
9 2015
0.1%
0.4%
8 2015
0.4%
0.4%
7 2015
0.3%
0.3%
6 2015
0.2%
0.7%
5 2015
0.9%
0.1%
4 2015
0.0%
0.5%
3 2015
0.4%
0.2%
2 2015
0.1%
-0.2%

ウェブサイト用の経済指標カレンダーウィジェット

あなただけの経済イベントカレンダーを作成します。 やることは、サイズと表示期間を指定するだけです。 このウィジェットはあなたのウェブサイトで自由に使うことができます。 提供されたコードは変更しないでください。

カレンダーのデータは現状のまま提供されます。 経済指標の公開頻度とスケジュール、経済指標の値は、我々の知識なしに変更される可能性があります。 提供された情報を使用なされる場合、カレンダーデータに基づいて取引の決定を下すのに伴うすべてのリスクを受け入れるものとします。

表示領域

ウィジェットの種類

情報表示

デフォルトカレンダー期間

ウィジェット言語

日付形式

埋め込みコード

ウィジェットコ―ドをコピーするコピー済み

プレビュー