MetaTrader 5をダウンロードする

MQL5言語を使ったMetaTrader 5の統合についての記事

トレーダは革新的なアプローチをしばしば要する、興味深いチャレンジに出会います。このカテゴリは、価格データとトレーディング結果を評価し、分析し、処理するための、決して思いもしなかったソリューションを提供する記事を特集します。記事は様々な統合ソリューションについて書かれており、データベースとICQの結合、OpenCLの使用、そしてソーシャルネットワーク、DelphiとC#の使用を含んでいます。

特別に用意された数学的なニューラルなパッケージ、さらにはもっと多くのものをどのように使うかを知るために読み進んでください。作者になる そしてMQL5.communityのメンバーと独自のアイデアをシェアしてください。

最新の | ベスト
123

有望なシグナルの自動選択

この記事では、MetaTrader5 プラットフォームのトレードシグナルの分析に専念し、購読者アカウントでのトレードオペレーションの自動実行が可能になります。 また、この記事では、潜在的に有望なトレードシグナルを検索するツールを開発し、ターミナルから直接行います。

METATRADER 5で外部仮想通貨取引を行う方法

MQL5に、カスタム銘柄やチャートを開発する新しい機能が追加されました。本稿では、MetaTrader 5を使用した外部仮想通貨取引における当機能の使用を考察します。

戦略バランス曲線の品質評価としての R 乗

この記事では、カスタム最適化基準R乗の構築について扱います。 この基準は、戦略のバランス曲線の品質を推定し、安定した戦略を構築するために使うことができます。 今回は、このメトリックのプロパティと品質の推定に使用される、構造と統計的手法について説明します。

クロスプラットフォームEA: CExpertAdvisor と CExpertAdvisors クラス

この記事では、クロスプラットフォームのEAについて扱っています。主にクラス CExpertAdvisor と CExpertAdvisors は、この記事で説明した他のすべてのコンポーネントのコンテナとして機能します。

クロスプラットフォームEA: カスタムストップ、ブレイクイーブン、トレーリング

この記事では、クロスプラットフォームEAでのカスタムストップレベルの設定方法について説明します。 また、時間の経過とともにストップレベルを設定するメソッドについても説明します。

ディープニューラルネットワーク(その4)ニューラルネットワークモデルの作成、訓練、テスト

本稿では、darchパッケージ(v.0.12.0)の新しい機能について考察し、異なるデータタイプ、構造及び訓練シーケンスを有するディープニューラルネットワーク訓練を説明します。訓練結果も含まれています。

クロスプラットフォームEA: ストップ

この記事では、2つのプラットフォームMetaTrader4とMetaTrader5との互換性を確保するために、EAのストップの実装について説明します。

ディープニューラルネットワーク(その3)サンプル選択と次元削減

本稿は、ディープニューラルネットワークに関する一連の記事の続きです。ここでは、ニューラルネットワークの訓練データの準備に当たってのサンプルの選択(ノイズ除去)、入力データの次元数の削減、及びデータセットの訓練/検証/テストセットへの分割を検討します。

ディープニューラルネットワーク(その2)予測変数の変換と選択

このディープニューラルネットワークシリーズ第2稿では、モデルを訓練するためのデータを準備する過程で予測変数の変換と選択を検討します。

ターミナル間のデータ交換にクラウドストレージサービスを使用

クラウド技術の普及が進んでいます。 今日では、有料と無料のストレージサービスから選択することができます。 トレードで使用することは可能でしょうか? 本稿では, クラウドストレージサービスを利用してターミナル間でのデータ交換を行う技術を提案します。

MetaTrader5の任意のシンボルでトレーディングアイデアをテスト!

カスタムシンボルを作成すると、トレーディングシステムと金融相場分析に役立ちます。 今日ではトレーダーは、無数のチャートやテストトレード戦略をプロットすることができます。

ユニバーサルEA: シンボルプロパティへのアクセス (その 8)

このテーマの8番目のパートは、任意のトレーディングツールへアクセスする特殊なオブジェクト CSymbol クラスの説明をします。 EAで使用する場合、このクラスはEAのプログラミングを簡素化し、その関数を拡張することができ、シンボルプロパティのセットを提供します。

ディープニューラルネットワーク(その1)データの準備

この一連の記事では、取引を含んだ多くの分野で応用されているディープニューラルネットワーク(DNN)の探索を続けます。ここでは、実践的な実験によって新しい方法や概念をテストするとともにこのテーマの新しい次元を探求する予定です。シリーズの最初の記事は、DNNのデータを準備することを目的としています。

MQL5ソースコードに基づくドキュメントの作成

本稿では、必要なタグの自動マークアップから始まるMQL5コードのドキュメントの作成について考察し、Doxygenソフトウェアの使い方と正しい設定の仕方、html、HtmlHelp、PDFなどのさまざまな形式で結果を受け取る方法についても説明します。

クロスプラットフォームEA: タイムフィルタ

この記事では、クロスプラットフォームEAによるさまざまな時間フィルタリングメソッドの実装について説明します。 時間フィルタクラスは、特定の時間が一定の時間構成設定に該当するかどうかをチェックします。

クロスプラットフォームEA: マネーマネジメント

この記事では、クロスプラットフォームEAの マネーマネジメントメソッドの実装について説明します。 マネーマネジメントクラスは、EAによってエントリーされる次のトレードに使用するロットサイズの計算を担当します。

クロスプラットフォームEA: シグナル

この記事では、クロスプラットフォームEAで使用される CSignal および CSignals クラスについて解説します。 MQL4 と MQL5 の違いについて、トレードシグナルの評価に必要なデータがどのようにアクセスされるかを調べ、記述されたコードが両方のコンパイラと互換性があることを確認します。

MQL5クックブック - スライディングウィンドウ内指標の高速計算のためのリングバッファの作成

リングバッファは、スライディングウィンドウで計算を実行するときにデータを配置するのに最も簡単で効率的な方法です。本稿では、そのアルゴリズムを説明し、同アルゴリズムが如何にスライディングウィンドウでの計算を単純化して効率を向上させるかを示します。

クロスプラットフォームEA: オーダーマネージャ

この記事では、クロスプラットフォームEAのオーダーマネージャの作成について説明します。 オーダーマネージャは、EAによってエントリーされたオーダーと決済、および両方で独立した記録を保持します。

MetaTrader 4でMQL5ウィザードの既製エキスパートアドバイザーが機能

本稿ではMetaTrader 4のためのMetaTrader 5取引環境の簡単なエミュレータについてお話しします。このエミュレータは標準ライブラリの取引クラスの移行と調整を実装するものです。その結果、MetaTrader 5ウィザードで生成されたエキスパートアドバイザーは、そのままMetaTrader 4でコンパイルして実行することができます。

可視化の可能性 Rのプロットに似たMQL5のグラフィックス ライブラリ

トレードロジックを勉強する際、チャートの視覚的な表現は非常に重要です。科学分野で人気のある数々のプログラミング言語 (R や Python など) は可視化のための関数”プロット”があります。これらは視覚化するために、線、点の分布、ヒストグラムなどを描くことができます。MQL5でも、CGraphics クラスを使用して、同じことができます。

ウェブサイトにMetaTrader 4/5 ウェブターミナルを無料で埋め込んで利益を得ましょう

ブラウザから直接金融市場取引ができるウェブターミナルはトレーダーによく知られています。お客様のウェブサイトにウェブターミナルウィジェットを追加なさってください。これは完全に無償です。ご自分のウェブサイトでブローカーを照会して利益を得ることができます。このためにすぐに使えるWebベースのソリューションを用意させていただきました。お客様がなさるのはウェブサイトにiframeを1つ埋め込むことだけです。

クロスプラットフォームEA:オーダー

MT4とMT5は、トレードリクエストで異なるルールを使用しています。この記事では、トレードプラットフォームとバージョンにかかわらず、クロスプラットフォームEAとして稼働する、クラスオブジェクトを使用します。

クロスプラットフォームEA:MQL5標準ライブラリからコンポーネントの再利用

クロスプラットフォームEAはMQL4に有用であり、MQL5標準ライブラリ内に一部コンポーネントが存在します。 この記事では、MQL4コンパイラと互換性のあるMQL5標準ライブラリの特定コンポーネントを作るメソッドを取り扱います。

クロスプラットフォームEA:序章

この記事では、クロスプラットフォームのEAを容易に開発できるメソッドを詳述します。提案メソッドは、両方のバージョンによって共有関数を統合し、互換性のない関数の派生クラスを分割します。

MQLのソケットの使用およびシグナルプロバイダになる方法

現代の情報社会はソケットの存在なしに成り立つでしょうか?1982年に登場し現在までほぼ変わることなく、ソケットは私達の為に毎秒動いています。これは私達が暮らすマトリックスの神経終末ネットワークのベースです。

機械学習モデルの評価と変数の選択

この記事では、機械学習モデルで使用する入力変数(予測変数)の選択、前処理および評価の詳細に焦点を当てています。新しいアプローチと予測分析とモデルの可能性と過学習への影響を考慮します。モデルを使用した全体的な結果は、この段階の結果に依存します。予測変数の選択に、新しい、オリジナルなアプローチを提供します。

エキスパートアドバイザとインディケータに素早く制御パネルを追加する方法

自分のエキスパートアドバイザやインディケータに便利な制御パネルを追加したいけど、何をどうしたら良いかわかりませんか?この記事では、貴方のMQL4/MQL5プログラムに入力パラメータを持つダイアログパネルを『取り付ける方法』をステップバイステップでご紹介します。

ユニバーサルEA:カスタムトレーリングストップ(その6)

The sixth part of the article about the universal Expert Advisor describes the use of the trailing stop feature. The article will guide you through how to create a custom trailing stop module using...

ユニバーサルEA:保留注文とサポートヘッジ(その5)

この記事では、CStrategyの取引エンジンのさらなる詳細を扱います。多くの要望により、取引エンジンに保留中のサポート関数を追加しました。また、MT5の最新バージョンでは、ヘッジオプションを使用してアカウントをサポートしています。同じサポートがCStrategyに追加されています。この記事では、有効なヘッジオプションを持つアカウントのCStrategyと同様に、予約注文のアルゴリズムについ...

ユニバーサルEA:グループでの取引とストラテジーのポートフォリオを管理する(その4)

CStrategyの取引エンジンについての一連の記事の最後のパートでは、XMLファイルからストラテジーをロードする方法を行います。複数の取引アルゴリズムの同時動作を考慮し、単一の実行可能モジュールからのEAを選択する簡単なパネルを提示し、その取引モードを管理します。

ユニバーサルEA:カスタムストラテジーと補助トレードクラス(その3)

この記事では、ストラテジーの取引エンジンのアルゴリズムを分析していきます。シリーズの3番目の部分は、このアプローチを使用して、特定の取引ストラテジーを開発する方法の詳細な分析があります。特別な注意が補助アルゴリズムに必要です - EAは、従来のインデクサーを使用して、システムとデータへのアクセスをログに記録します(Close[1]、Open[0]など)

ユニバーサルEA:イベントモデルと取引ストラテジープロトタイプ(パート2)

この記事は、ユニバーサルEAのシリーズです。このパートでは、データ処理に基づいて、オリジナルのイベント・モデルについて解説し、エンジンのストラテジーの基本クラスの構造を扱います。

ユニバーサルEA:戦略トレードモード(その1)

EAの開発者は、プログラミングのスキルに関係なく、信頼性の高い取引プロセスを整理するため、同じタスクとアルゴリズムの問題に直面しています。この記事では、これらのタスクの解決に着手し、トレードアイデアを記述するための便利なCStrategyエンジンの可能性を説明します。

エキスパートアドバイザの自己最適化:進化的遺伝的アルゴリズム

この記事では、進化的アルゴリズムにある主要な原理と、その多様性および特徴について検証します。実験を使用した簡単なエキスパートアドバイザの例では、最適化が私達の取引システムに何をもたらすかを見ていきます。遺伝的、進化的、またその他のタイプの最適化を実装するプログラムのセットを検証し、取引システムのパラメータの最適化や予測変数のセットの最適化時の適用例をご紹介します。

トレーダーの為の正規表現

正規表現(英語ではregular expressions) とは、正規表現のパターンやマスクと呼ばれる指定されたルールに従ったテキストを処理する為の特別な言語です。この記事では、MQL5のRegularExpressionsライブラリを使用した取引レポートの処理をご紹介し、それを使った最適化結果をデモンストレーションします。

MQL5言語でのTelegram用ボットの作成

この記事では、MQL5言語でのTelegram用ボットの作成を順を追って説明していきます。この資料は、トレードロボットを自分のモバイルデバイスに繋げたい人にとって、興味深いものになると思います。記事では、トレードシグナルのリンクの実行、サイト上の情報の検索、取引口座の状態や相場、チャートのスクリーンショットをあなたのモバイルデバイスへ送信するボットの例をご紹介します。

シグナル計算機

シグナル計算機は、MetaTrader 5のターミナルから直接動作し、ターミナルがシグナルの事前選択とソートを行います。これこそがこの計算機の大きな長所でもあります。これによって、MetaTrader 5のターミナルでは、自分の取引口座と最大限に互換性のあるシグナルのみユーザーに見えることになります。

GUIコントロールのレイアウトとコンテナの使用:CGrid クラス

この記事では、1つのレイアウトマネージャを使用して、レイアウトやコンテナに基づいて、GUI作成の代替方法を提示しています。CGridクラスは、グリッドレイアウトを使用して、他のコンテナやコントロールのコンテナとして機能する補助コントロールです。

MQL5でのZIPアーカイブの扱い

MQL5は常に進化しています。この度新しい機能が追加されました。この革新により、DLLなしでZIPアーカイブを標準MQL5ツールで実行できるようになりました。この記事ではCZipクラスの使い方と、ZIPアーカイブの読み込み・生成・修正を例として扱います。