フィラデルフィア連邦準備制度(Fed)業況指数 (Federal Reserve Bank (Fed) of Philadelphia Business Conditions)

国:
米国
USD, 米ドル
セクター
ビジネス
33.8 41.7
36.3
最後の発表 重要性 実際 予測
36.3
33.8
次の発表 実際 予測
  • 概要
  • チャート
  • 履歴
  • ウィジェット

フィラデルフィア連邦準備制度理事会の業況指数は、フィラデルフィア連邦準備区の製造業における現在の状況を測定しています。この地域には、ペンシルバニア州、ニュージャージー州、デラウェア州が含まれます。

予測値は、地域の有力企業の調査に基づいて計算されています。業界のビジネス状況の一般的な評価に加えて、ビジネスリーダーは、自社の状況が改善するか、悪化するか、変わらないかを推定するよう求められます。特に、新規注文、出荷、未発注、仕入先納期、在庫、支払価格、受領価格、従業員数、週当たりの平均労働時間を評価します。

フィラデルフィア連邦準備銀行の担当地域は、経済的に最も活発な地域のひとつです。そのため、業況指数はアナリストによって監視されることがよくあります。製造部門は通常、より鮮明な周期的性質を示し、経済全体よりも早い現在の変化を反映しています。したがって、この市場の参加者の期待は米国経済の先行指標となります。

指数は、肯定的な予測の割合と否定的な割合の割合との差として計算されます。最終的な指標値が正であれば、これは、地域におけるビジネス状況の期待が改善されたことを意味します。ゼロ以下の指標は、景気の製造業部門における景況感の悪化を示しています。

しかし、フィラデルフィア連邦準備制度の業況指数がドル相場の変動を引き起こすことはめったにありません。

直近値:

実際のデータ

予想値

"フィラデルフィア連邦準備制度(Fed)業況指数 (Federal Reserve Bank (Fed) of Philadelphia Business Conditions)"マクロ経済指標の利用可能な全履歴のチャート。 破線は、指定された日付の経済指標の予測値を示しています。

実際の価値と予測値との大幅な偏差は、FX市場における国内通貨の短期的な強化または弱体化を引き起こす可能性があります。 国(地方)経済の危機的状態の接近を示す指標の閾値は特別な場所を占めます。

日付 (GMT)
参照
実際
予測
10 2018
33.8
41.7
36.3
9 2018
36.3
39.8
38.8
8 2018
38.8
28.9
29
7 2018
29
33.2
34.8
6 2018
34.8
41.9
38.7
5 2018
38.7
44.9
40.7
4 2018
40.7
44
47.9
3 2018
47.9
39.3
41.2
2 2018
41.2
42.3
42.2
1 2018
42.2
51.9
52.7
12 2017
53.5
48.8
50.1
11 2017
50.1
51.2
46.4
10 2017
46.4
37.6
55.2
9 2017
55.2
48.8
42.3
8 2017
42.3
30.1
36.9
7 2017
36.9
31.3
6 2017
31.3
34.8
5 2017
34.8
45.4
4 2017
45.4
59.5
3 2017
59.5
53.5
2 2017
53.5
56.6
1 2017
56.6
52.6
12 2016
52.6
29.3
11 2016
29.3
32.6
10 2016
32.6
37.5
9 2016
37.5
45.8
8 2016
45.8
33.7
7 2016
33.7
29.8
6 2016
29.8
36.1
5 2016
36.1
42.2
4 2016
42.2
28.8
3 2016
28.8
17.3
2 2016
17.3
19.1
1 2016
19.1
23
12 2015
23
43.4
11 2015
43.4
36.7
10 2015
36.7
44
9 2015
44
43.1
8 2015
43.1
41.5
7 2015
41.5
39.7
6 2015
39.7
33.9
5 2015
33.9
35.5
4 2015
35.5
32
3 2015
32
29.7
2 2015
29.7
50.9
1 2015
50.9
51.9
12 2014
51.9
57.7
11 2014
57.7
54.5
10 2014
54.5
56
9 2014
56
66.4

ウェブサイト用の経済指標カレンダーウィジェット

あなただけの経済イベントカレンダーを作成します。 やることは、サイズと表示期間を指定するだけです。 このウィジェットはあなたのウェブサイトで自由に使うことができます。 提供されたコードは変更しないでください。

カレンダーのデータは現状のまま提供されます。 経済指標の公開頻度とスケジュール、経済指標の値は、我々の知識なしに変更される可能性があります。 提供された情報を使用なされる場合、カレンダーデータに基づいて取引の決定を下すのに伴うすべてのリスクを受け入れるものとします。

表示領域

ウィジェットの種類

情報表示

デフォルトカレンダー期間

ウィジェット言語

埋め込みコード

ウィジェットコ―ドをコピーするコピー済み

プレビュー