日本銀行(BoJ)マネタリーベース前年比 (Bank of Japan (BoJ) Monetary Base y/y)

国:
日本
JPY, 日本円
セクター
金銭
0.4% 1.0%
2.8%
最後の発表 重要性 実際 予測
-2.3%
0.4%
次の発表 実際 予測
  • 概要
  • チャート
  • 履歴
  • ウィジェット

日銀は国の行政機関ではないものの金融政策は行政の範疇に属すると考えられ、独立行政委員会に準じる存在と位置づけられています。物価の長期的な安定はマクロ経済的に重要であるところ、政治部門は短期的な手法をとることを選好しがちであるため、長期的な公益確保・政治的中立性の観点から自主性・独立性が認められています。

マネタリーベース前年比は、指定された月の流通している日本円(貨幣及び紙幣)の合計金額と、日銀の与信機関の口座を含むすべての銀行口座の預金総額の前年同月と比較した変化を示します。

マネタリーベースは貨幣供給の生成に使われます。この指数は国のインフレを定義します。予測値を上回る指標値は日本円にとってプラスと見られます。マネタリーベースは、流通している国内通貨と日本銀行が保有する当座預金の総額の変動を測定します。 お金の供給が増加すると、追加の支出が発生し、それがインフレにつながります。

日銀は日本円の供給量を急激に増加させているが、それによってインフレになることはありませんでした。多くの日本人は資金を貯蓄する傾向があり、特に高齢者では”タンス預金”と呼ばれる現金による貯蓄を好む傾向があります。日本は世界でも稀にみる現金主義の国だが、近年キャッシュレス化の動きを政府が後押ししています。

マネタリーベースは、「日本銀行が世の中に直接的に供給するお金」のことです。具体的には、市中に出回っているお金である流通現金(「日本銀行券発行高」+「貨幣流通高」)と日本銀行当座預金(日銀当座預金)の合計値です。

直近値:

実際のデータ

予想値

"日本銀行(BoJ)マネタリーベース前年比 (Bank of Japan (BoJ) Monetary Base y/y)"マクロ経済指標の利用可能な全履歴のチャート。 破線は、指定された日付の経済指標の予測値を示しています。

実際の価値と予測値との大幅な偏差は、FX市場における国内通貨の短期的な強化または弱体化を引き起こす可能性があります。 国(地方)経済の危機的状態の接近を示す指標の閾値は特別な場所を占めます。

日付 (GMT)
参照
実際
予測
8 2022
0.4%
1.0%
2.8%
7 2022
2.8%
4.3%
3.9%
6 2022
3.9%
6.3%
4.6%
5 2022
4.6%
7.3%
6.6%
4 2022
6.6%
6.6%
7.9%
3 2022
7.9%
5.7%
7.6%
2 2022
7.6%
6.8%
8.4%
1 2022
8.4%
7.8%
8.3%
12 2021
8.3%
8.6%
9.3%
11 2021
9.3%
8.1%
9.9%
10 2021
9.9%
10.4%
11.7%
9 2021
11.7%
12.6%
14.9%
8 2021
14.9%
13.1%
15.4%
7 2021
15.4%
17.1%
19.1%
6 2021
19.1%
22.1%
22.4%
5 2021
22.4%
25.2%
24.3%
4 2021
24.3%
21.9%
20.8%
3 2021
20.8%
20.5%
19.6%
2 2021
19.6%
20.1%
18.9%
1 2021
18.9%
19.0%
18.3%
12 2020
18.3%
17.6%
16.5%
11 2020
16.5%
18.1%
16.3%
10 2020
16.3%
16.3%
14.3%
9 2020
14.3%
13.5%
11.5%
8 2020
11.5%
11.4%
9.8%
7 2020
9.8%
6.3%
6.0%
6 2020
6.0%
2.6%
3.9%
5 2020
3.9%
2.1%
2.3%
4 2020
2.3%
3.2%
2.8%
3 2020
2.8%
3.7%
3.6%
2 2020
3.6%
3.2%
2.9%
1 2020
2.9%
3.1%
3.2%
12 2019
3.2%
2.8%
3.3%
11 2019
3.3%
2.6%
3.1%
10 2019
3.1%
2.9%
3.0%
9 2019
3.0%
3.4%
2.8%
8 2019
2.8%
3.9%
3.7%
7 2019
3.7%
3.2%
4.0%
6 2019
4.0%
2.2%
3.6%
5 2019
3.6%
2.0%
3.1%
4 2019
3.1%
2.9%
3.8%
3 2019
3.8%
3.7%
4.6%
2 2019
4.6%
4.4%
4.7%
1 2019
4.7%
5.2%
4.8%
12 2018
4.8%
7.0%
6.1%
11 2018
6.1%
6.3%
5.9%
10 2018
5.9%
5.7%
5.9%
9 2018
5.9%
5.4%
6.9%
8 2018
6.9%
5.5%
7.0%
7 2018
7.0%
7.4%
7.4%

ウェブサイト用の経済指標カレンダーウィジェット

あなただけの経済イベントカレンダーを作成します。 やることは、サイズと表示期間を指定するだけです。 このウィジェットはあなたのウェブサイトで自由に使うことができます。 提供されたコードは変更しないでください。

カレンダーのデータは現状のまま提供されます。 経済指標の公開頻度とスケジュール、経済指標の値は、我々の知識なしに変更される可能性があります。 提供された情報を使用なされる場合、カレンダーデータに基づいて取引の決定を下すのに伴うすべてのリスクを受け入れるものとします。

WordPress Webサイト用の公式プラグインを使用

WordPress Webサイト用の公式プラグインを使用

ダウンロード
ウィジェットの種類
言語
カラーテーマ
日付形式
サイズ
×
情報表示
デフォルトカレンダー期間
埋め込みコード