日本稼働率 (Japan Capacity Utilization Rate)

国:
日本
JPY, 日本円
セクター
ビジネス
-3.6% -0.2%
-1.8%
最後の発表 重要性 実際 予測
0.1%
-3.6%
次の発表 実際 予測
  • 概要
  • チャート
  • 履歴
  • ウィジェット

稼働率は、現在使用されている生産能力のパーセンテージを示します。これは、生産の増加と製造品の需要の指標です。

80%未満であれば、生産は減少したと見なされます。稼働率が80%を超えて安定している場合、ほとんどの場合、レートは上がり始めます。

指標の伸びは、インフレ圧力と経済成長を刺激します。

稼働率は、経済学および管理会計における概念であり、企業または国が実際にその設備の生産能力をどの程度使用しているかを示します。したがって、それは、設備が完全に使用されている場合に、設置された機器で「実際に」生産される実際の生産量と、それとともに「生産される」可能性のある潜在生産量との関係を指します。

製造工業の生産能力を、操業日数や設備、労働力に一定の基準を設け、これらの条件が標準的な状態で生産可能な最大生産量を能力として定義し、これを指数化したものです。

予想を上回る読みは日本円にとってプラスと見られます。ただし、日本円は国内の指標よりも海外の指標の影響を強く受ける傾向があります。

直近値:

実際のデータ

予想値

"日本稼働率 (Japan Capacity Utilization Rate)"マクロ経済指標の利用可能な全履歴のチャート。 破線は、指定された日付の経済指標の予測値を示しています。

実際の価値と予測値との大幅な偏差は、FX市場における国内通貨の短期的な強化または弱体化を引き起こす可能性があります。 国(地方)経済の危機的状態の接近を示す指標の閾値は特別な場所を占めます。

日付 (GMT)
参照
実際
予測
3 2020
-3.6%
-0.2%
-1.8%
2 2020
-1.8%
-0.8%
1.1%
1 2020
1.1%
-0.5%
-0.4%
12 2019
-0.4%
0.2%
-0.3%
11 2019
-0.3%
0.7%
-4.5%
10 2019
-4.5%
0.3%
1.0%
9 2019
1.0%
-0.6%
-2.9%
8 2019
-2.9%
-0.2%
1.1%
7 2019
1.1%
-0.3%
-2.6%
6 2019
-2.6%
-0.2%
1.7%
5 2019
1.7%
0.2%
1.6%
4 2019
1.6%
0.2%
-0.4%
3 2019
-0.4%
0.3%
1.0%
2 2019
1.0%
-0.4%
-4.7%
1 2019
-4.7%
-0.3%
-1.9%
12 2018
-1.9%
0.3%
1.0%
11 2018
1.0%
0.4%
4.0%
10 2018
4.0%
-0.1%
-1.5%
9 2018
-1.5%
-0.1%
2.2%
8 2018
2.2%
0.1%
-0.6%
7 2018
-0.6%
0.0%
-2.2%
6 2018
-2.2%
0.0%
-2.1%
5 2018
-2.1%
-1.2%
1.8%
4 2018
1.8%
0.3%
0.5%
3 2018
0.5%
1.0%
1.3%
2 2018
1.3%
-0.3%
-7.3%
1 2018
-7.3%
-0.1%
2.8%
12 2017
2.8%
-0.3%
0.0%
11 2017
0.0%
0.1%
0.2%
10 2017
0.2%
-0.1%
-1.5%
9 2017
-1.5%
-0.5%
3.3%
8 2017
3.3%
0.2%
-1.8%
7 2017
-1.8%
0.4%
2.1%
6 2017
2.1%
-0.3%
-4.1%
5 2017
-4.1%
-0.2%
4.3%
4 2017
4.3%
0.1%
-1.6%
3 2017
-1.6%
1.3%
3.2%
2 2017
3.2%
0.1%
1 2017
0.1%
0.6%
12 2016
0.6%
3.0%
11 2016
3.0%
1.4%
10 2016
1.4%
-2.0%
9 2016
-2.0%
2.6%
8 2016
2.6%
0.6%
7 2016
0.6%
1.5%
6 2016
1.5%
-2.4%
5 2016
-2.4%
-1.0%
4 2016
-1.0%
3.2%
3 2016
3.2%
-5.4%
2 2016
-5.4%
2.6%

ウェブサイト用の経済指標カレンダーウィジェット

あなただけの経済イベントカレンダーを作成します。 やることは、サイズと表示期間を指定するだけです。 このウィジェットはあなたのウェブサイトで自由に使うことができます。 提供されたコードは変更しないでください。

カレンダーのデータは現状のまま提供されます。 経済指標の公開頻度とスケジュール、経済指標の値は、我々の知識なしに変更される可能性があります。 提供された情報を使用なされる場合、カレンダーデータに基づいて取引の決定を下すのに伴うすべてのリスクを受け入れるものとします。

表示領域

ウィジェットの種類

情報表示

デフォルトカレンダー期間

ウィジェット言語

日付形式

埋め込みコード

ウィジェットコ―ドをコピーするコピー済み

プレビュー