米国コア小売売上高前月比 (United States Core Retail Sales m/m)

国:
米国
USD, 米ドル
セクター
消費者
-0.1% 0.3%
0.2%
最後の発表 重要性 実際 予測
0.3%
-0.1%
次の発表 実際 予測
  • 概要
  • チャート
  • 履歴
  • ウィジェット

コア小売売上高前月比は、報告月の小売売上高の前月に比べた変化を示します。自動車の売上高は、揮発性が高いために計算から除外されています。

計算には、固定小売店を持つ店舗と持たない店舗(紙及び電子カタログ、モバイルスタンド、在宅での販売、自動販売機などを使用)の2種類が考慮されます。

この指標は全国のあらゆる種類とサイズの小売業者約12,000社の書面による調査に基づいて計算されています。サンプルは、新しい新興企業を含むように四半期ごとに更新され、閉鎖された企業は除外されます。

この指標の季節的な変動性は高く、全国の小売売上高の20%がクリスマスや年末年始に発生します。よって、経済学者は、「生の」指標の代わりに指標の季節調整版を解釈します。

アナリストは、国の経済状況を評価するためにこの指標を広く使用します。

  • 経済分析局は、GDPの計算にこのデータを使用します。
  • 労働統計局は、消費者物価指数を作成する際に小売売上高データを適用します。
  • FEDは、この指標を使用して、国の経済活動の一般的な分析のコンテキストで消費者の購買構造を評価します。
  • 投資家はデータを顧客活動の評価に使用します。

小売売上高の発表は、ドル相場に影響を与える可能性がある重要な要因の1つです。小売売上高の伸びの鈍化は、消費者支出水準の低下を示します。これは経済活動の低下を招き、ドル相場にマイナスの影響を与える可能性があります。

直近値:

実際のデータ

予想値

"米国コア小売売上高前月比 (United States Core Retail Sales m/m)"マクロ経済指標の利用可能な全履歴のチャート。 破線は、指定された日付の経済指標の予測値を示しています。

実際の価値と予測値との大幅な偏差は、FX市場における国内通貨の短期的な強化または弱体化を引き起こす可能性があります。 国(地方)経済の危機的状態の接近を示す指標の閾値は特別な場所を占めます。

日付 (GMT)
参照
実際
予測
9 2018
-0.1%
0.3%
0.2%
8 2018
0.3%
0.3%
0.9%
7 2018
0.6%
0.3%
0.2%
6 2018
0.4%
0.2%
1.4%
5 2018
0.9%
0.2%
0.4%
4 2018
0.3%
0.2%
0.4%
3 2018
0.2%
0.2%
0.2%
2 2018
0.2%
0.2%
0.1%
1 2018
0.0%
0.2%
0.1%
12 2017
0.4%
0.2%
1.3%
11 2017
1.0%
0.2%
0.4%
10 2017
0.1%
0.2%
1.2%
9 2017
1.0%
0.1%
0.5%
8 2017
0.2%
0.1%
0.4%
7 2017
0.5%
0.1%
0.1%
6 2017
-0.2%
0.1%
-0.3%
5 2017
-0.3%
0.1%
0.4%
4 2017
0.3%
0.1%
0.0%
3 2017
0.0%
0.0%
2 2017
0.2%
1.2%
1 2017
0.8%
0.4%
12 2016
0.2%
0.3%
11 2016
0.2%
0.6%
10 2016
0.8%
0.7%
9 2016
0.5%
-0.2%
8 2016
-0.1%
-0.4%
7 2016
-0.3%
0.9%
6 2016
0.7%
0.4%
5 2016
0.4%
0.8%
4 2016
0.8%
0.2%
3 2016
0.2%
0.0%
2 2016
-0.1%
-0.4%
1 2016
0.1%
0.1%
12 2015
-0.1%
0.3%
11 2015
0.4%
0.1%
10 2015
0.2%
-0.4%
9 2015
-0.3%
-0.1%
8 2015
0.1%
0.6%
7 2015
0.4%
0.4%
6 2015
-0.1%
0.8%
5 2015
1.0%
0.1%
4 2015
0.1%
0.7%
3 2015
0.4%
-0.1%
2 2015
0.0%
-0.9%
1 2015
-1.1%
-1.0%
12 2014
-0.9%
0.5%
11 2014
0.5%
0.3%
10 2014
0.4%
-0.2%
9 2014
0.0%
0.3%
8 2014
0.3%
0.1%

ウェブサイト用の経済指標カレンダーウィジェット

あなただけの経済イベントカレンダーを作成します。 やることは、サイズと表示期間を指定するだけです。 このウィジェットはあなたのウェブサイトで自由に使うことができます。 提供されたコードは変更しないでください。

カレンダーのデータは現状のまま提供されます。 経済指標の公開頻度とスケジュール、経済指標の値は、我々の知識なしに変更される可能性があります。 提供された情報を使用なされる場合、カレンダーデータに基づいて取引の決定を下すのに伴うすべてのリスクを受け入れるものとします。

表示領域

ウィジェットの種類

情報表示

デフォルトカレンダー期間

ウィジェット言語

埋め込みコード

ウィジェットコ―ドをコピーするコピー済み

プレビュー