イングランド銀行金融政策委員会低下への投票 (Bank of England (BoE) Monetary Policy Committee (MPC) Vote Cut)

国:
英国
GBP, ポンド
セクター
金銭
2
0
最後の発表 重要性 実際 予測
2
次の発表 実際 予測
  • 概要
  • チャート
  • 履歴
  • ウィジェット

イングランド銀行のイングランド金融政策委員会の金利引き下げへの投票は、イングランド銀行金融政策委員会会議の2週間後に金利決定と共に公開されます。

金融政策委員会は毎年8回開催され、国家金融政策を決定し、金利を設定します。各会議は3日続きます。委員会のメンバーは、1日目には、現在の経済的処分 (内部的な議題と世界経済の状態、財政的および経済的条件に影響を及ぼす主な事象) を研究します。2日目には、現在の国家通貨政策に関する見解を議論します。3日目には、メンバーは金融政策措置と金利について投票します。

BoEは、インフレを目標水準まで上昇させるために金利を引き下げる可能性があります。反対に、インフレ率が目標水準を上回った場合、BoEはGBPをより高価にするために (他の手段の複合体に加えて) 金利を引き上げます。

BOEの金利引き下げへの投票数は、現在のインフレ率が不十分だと指摘し、金融政策緩和策を提案している委員の数を示します。指標自体がGPBのボラティリティを引き起こすことはありません。しかし、短期的な金利の変化が予想される場合、関連する票の数の増加は短期間で相場を変化させる可能性があります。

直近値:

実際のデータ

"イングランド銀行金融政策委員会低下への投票 (Bank of England (BoE) Monetary Policy Committee (MPC) Vote Cut)"マクロ経済指標の利用可能な全履歴のチャート。

日付 (GMT)
参照
実際
予測
2
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
9
9
1
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0

ウェブサイト用の経済指標カレンダーウィジェット

あなただけの経済イベントカレンダーを作成します。 やることは、サイズと表示期間を指定するだけです。 このウィジェットはあなたのウェブサイトで自由に使うことができます。 提供されたコードは変更しないでください。

カレンダーのデータは現状のまま提供されます。 経済指標の公開頻度とスケジュール、経済指標の値は、我々の知識なしに変更される可能性があります。 提供された情報を使用なされる場合、カレンダーデータに基づいて取引の決定を下すのに伴うすべてのリスクを受け入れるものとします。

表示領域

ウィジェットの種類

情報表示

デフォルトカレンダー期間

ウィジェット言語

日付形式

埋め込みコード

ウィジェットコ―ドをコピーするコピー済み

プレビュー