MQL4言語のプログラミング例の記事

MQL5言語の中のMetaTraderプラットフォームに対してインディケータとトレーディングロボットを作成する方法を示すコード例といっしょに巨大な記事のコレクションにアクセスする。ソースコードは記事に添付されているので、あなたはそれらをMetaEditorの中で開き、そのアプリケーションがどのように機能するかを見るために実行することができます。

これらの記事は自動化されたトレーディングについて調べ始めたばかりの人にも、プログラム経験があるプロのトレーダーにも役に立つでしょう。それらは単に例を特集するのではなく、新しいアイデアも含んでいます。

最新の | ベスト

トレードシグナルの定性的分析とその選択の仕方

この記事では、シグナルプロバイダのパフォーマンス評価について説明します。 従来のアプローチとは若干異なる角度からシグナルトレードの結果を強調する追加項目を提供します。 適切な管理と完全トレードの概念について説明します。 また、得られた結果を用いて、最適な選択にこだわるとともに、複数のシグナルのポートフォリオをします。

トレードにおける角度 さらなる考察が必要です

本稿では, MT4ターミナルにて角度の測定によるトレード分析のメソッドについて考察します。 この記事では、トレンドの動きの分析に角度を使用する一般的な計画だけでなく、トレード角度の分析の実用的なアプリケーションへの非標準メソッドを実装します。 この記事はまた、トレードに役立つ結論を導き出します。

MT4のストラテジーテスターでバイナリーオプションを行う方法

バイナリーオプションストラテジーを構築し、MT4のストラテジーテスターで検証する方法をご紹介します。

MT4のポートフォリオトレード

この記事では、ポートフォリオトレードの原則と外国為替相場への応用を明らかにします。簡単な数学的ポートフォリオの配置モデルが考えられています。半自動化されたトレードのポートフォリオのインジケーターとEA:この記事では、実用的なMT4でのポートフォリオトレードの実装例があります。トレード戦略、ならびに利点と落とし穴の要素が記載されています。

レンジやトレンド相場を例にストラテジーテスターを使ったインジケーターの最適化

多くの戦略では、レンジか否かを検出することが不可欠です。ストラテジーテスターを使用する方法を示し、ADXを最適化します。同様に、このインジケータがニーズを満たすかどうかを決定し、レンジやトレンドの平均を知ることができます。

MQL4による取引におけるファジー論理の適用

この記事ではMQL4による取引におけるファジー論理の適用例をご紹介します。MQL4の為のFuzzyNetライブラリを使用したエキスパートアドバイザとインディケータの開発を解説していきます。

マーケット用の任意の非標準チャートのインディケータを作成するには

オフラインチャートとMQL4言語でのプログラミングによって、任意のタイプのチャートを獲得することができます。(『三目並べ』、『練行足』、『カギ』、『レンジバー』、等量チャートなど)本稿ではDLLを使用せずにこれを行う方法を紹介します。したがって、このような"2in1"のインディケータをマーケットで公開したり、購入することができます。

大きなプログラムでの注文に関する考察

複雑なプログラムでの注文に関する考察の一般的な原則を研究していきます。

ユニットテストの助けを借りたコードのクオリティー向上

シンプルなプログラムにさえ信じられないようなエラーがよくあるものです。「どうしてそんなふうになったんだろう?」というのが、そのようなエラーが明らかになったとき最初に思うことです「どうしたらエラーを出さずにすむのだろう?」というのは、あまり頻繁に心に浮かばない第2の問いです。完璧に欠点のないコードを作成するのは不可能です。特に大規模なプロジェクトでは。ですが、ちょうどよいタイミングでエラーを検...

ろうそく方向の統計的回帰研究

やってくる短い時間間隔に対して、ろうそく足インディケータの定期的な傾向を基に、1日の特定時刻の市場動向を予想することは可能なのでしょうか?まず第一にそのような発生が検出されるなら、可能です。この疑問はおそらくどのトレーダーの心にも浮かんだことのあるものでしょう。本稿の目的は、ろうそく足の方向の統計的回帰に基づき、特定の時間間隔で市場動向の予想を試みることです。

ニューラルネットワークFANN2MQL のチュートリアル

本稿は、FANN2MQL によるニューラルネットワークの使用方法を簡単な例を用いて説明するために書かれました。

Meta COT プロジェクト - MetaTrader 4 における CFTC レポート分析の新たな展望

本稿では、MetaTrader における CFTC レポートデータ(オープンインターネット)の使用について述べます。提案されている META COT プロジェクトを詳しく説明し、必要な情報をロードし処理する方法をお伝えします。プロジェクトに入っている Expert Advisor は本稿で紹介するコンセプトの有効性を分析するのに役立つものです。最後に、なんらかの結論を導き、有用な提案をします。

開発者諸君、己を守れ!

知的財産の保護はいまだに大きな問題です。本稿では MQL4 プログラム保護の基本原則について説明します。これら原則により、みなさんの開発結果が盗難にあわないよう、すくなくとも盗人の『仕事』をひじょうに複雑にして行わなくなるようにします。

金融証券の重ね合わせとインターフェース

通貨ペアの変動に影響を与える要因が多いほど、その変動を評価し将来を予測するのが困難になります。そのため、通貨ペアの構成要素と時間と共に変化する各国通貨の値をなんとか抽出することができれば、その動向に影響を与える要因数と共に、この通貨を通貨ペアと比較して各国通貨の動きの自由度の範囲を定めることができるかもしれません。結果、その変動推定と将来予測の精度を挙げることになるでしょう。どうすればそれが...

トレーダーのキット:デコインディケータ

本稿では、インディケータを装飾する際の主要なタスク、そのソリューションと自動化を見つけ出します。

MеtaTrader 4 と MATLAB エンジン(仮想 MATLAB マシン)間のインタラクション

本稿では DLL ライブラリ- MetaTrader 4 と MATLAB の数学的デスクトップパッケージのインタラクションを可能にするラッパーの作成に関する考察を行います。また落とし穴とそれを克服する方法を説明します。本稿は Borland C++ Builder 6 コンパイラを使用している準備済みの C/C++ プログラマ―を対象としています。

メタトレーダーでニューラルネットワークを利用する

本稿は、みなさんのコードに複数のニューラルネットワークを取り入れて無料の人工ニューラルネットワークライブラリ(FANN)を活用し、MQL4 コードでニューラルネットワークを簡単に利用する方法をお見せします。

最小の遅れでの効果的な平均化アルゴリズム:インディケータおよび Expert Advisor での使用

本稿は私が作成したハイクオリティーなカスタム平均化関数:JJMASeries()、JurXSeries()、JLiteSeries()、ParMASeries()、 LRMASeries()、T3Series()、MASeries()、について説明します。SmoothXSeries() 関数呼び出しによるインディケータ内でのこれら関数の最新の置換法を考察します。

ニューロネット用レシピ

本稿は、『多層』ケーキを焼く初心者を対象としています。

MQL4 でダブルスの作業をする

本稿では、一般的なプログラムエラーについて考察します。それは MQL4 プログラムでdouble の数字を処理するときに発生するものです。

MetaTrader 4 クライアントターミナルのプログラムフォルダ

本稿では、MetaTrader 4 クライアントターミナルのプログラムフォルダの内容を説明します。本稿は、クライアントターミナル操作の詳細をすでに理解し始めた方に有用です。

Sleep か否か?

EA のアクションの間にポーズを実装する Sleep() 関数の代替使用を提案します検討する方法によりマシンタイム賢い使い方ができます。

怠惰は進歩への誘因である半自動マーキングテンプレート

チャート作業例があまたある中で、マニュアルでテンプレートをマーキングする方法があります。トレンドライン、チャンネル、サポート/レジスタンスレベルなど、はチャートに示されます。確かにこの類の作業をする特殊なプログラムがいくつかあります。どの方法を使うかは各自が決めることです。本稿では、検討材料として、マニュアルのマーキング方法に続いて繰り返されるルーチンアクションのエレメントをいくつか自動化す...

コメントによってコード内エラーを判断する方法

本稿では、コメントを基に MQL4 コード内のエラーを検索する方法について説明します。この方法は、ほどほどに大きなコード内のエラーによって生じるコンパイル中に問題が発生する場合に便利であることが判ります。

怠慢は、進歩またはグラフィックスとインタラクティブに作業する方法への刺激

トレンドライン、フィボナッチレベル、チャートにマニュアルで入れられたアイコンとインタラクティブに動作するインターフェース用インディケータ。それにより、フィボナッチレベルのゾーンを色付きで描画し、価格がトレンドラインを交差する瞬間を表示し、『価格レベル』オブジェクトを管理することができます。

高速で再描画しない ZigZag の書き方

ZigZag タイプのインディケータを描くかなりユニバーサルな方法を提案します。この方法にはすでに説明されているZigZag のかなりの部分を含み、この方法で比較的簡単にZigZag を作成することができます。

MQL4 によるHTML チュートリアル

HTML は今や広く普及している文書タイプです。MetaTrader 4 クライアントターミナルによって、ステートメント、検証レポート、最適化レポートを .htm ファイルとして保存することが可能です。MQL4 プログラムではそのようなファイルから情報を得ることが必要な場合があります。本稿では、HTML からタグ構成や内容を取得する方法のバリエーションの一つを説明します。

WinAPI によるファイル処理

MQL4 環境は安全な『サンドボックス』の概念を基にしています。言語を用いたファイルの読み出しと保存は一部の定義済みフォルダでのみ許可されています。これは MetaTrader 4 のユーザーを HDD 上の重要なデータを破壊する潜在的な危険から守ってくれます。ですが、その安全領域を残しておくことが必要な場合もあります。本稿はそれを簡単に正確に行う方法の問題に特化しています。

再起動なしでの MQL4 プログラムの外部パラメータ変更

本稿では、再起動せずオンザフライで MQL4 プログラムの外部パラメータを変更する方法について説明します。

市場変動およびその予測の統計分析

本稿はマーケティングに対する統計的アプローチの大きく開かれた機会について考えます。残念ながら、初心者トレーダーはわざと統計のじつにすばらしい科学を利用しそびれてしまいます。同時に、それは市場分析時、無意識に利用する唯一のものです。また、統計は数多くの疑問に対する答えを提供してくれます。

非トレード EA 検証インディケータ

インディケータはすべて2グループに分けることができます。静的インディケータ。それの表示は一度示されると常に履歴で同じままで、新規の着信クオートで変化することはありません。動的インディケータ。現在の変動に対する状態のみ表示し、新価格が来ると完全に再描画されます。静的インディケータの効率は直接チャートで見ることができます。動的インディケータが正常に動作しているかどうか確認するには?本稿が取り組む...

MetaTrader 4 クライアントターミナルと MS SQL Server の統合

本稿は dll を用いたMetaTrader 4 クライアントターミナルの MS SQL Server との統合例を提供します。また、С++ および MQL4 両言語でのソースコード、既製のコンパイル済み Visual C++ 6.0 SP5 プロジェクトを添付しています。

誤った考え、パート2統計は、偽りの科学か、暴落するなくてはならない歴史です。

統計的なメソッドに客観的な現実、つまり金融上の出来事に適用とする試みは、不十分なデータや、確率分布やプロセスの非定常性に直面し、虚しく失敗してしまっています。この記事では、そのような金融上の出来事ではなく、主観的な意見を記述し、トレーダーがどのようにこれらを防ごうとしたか、トレーダーシステムについて記述します。トレーディング結果の統計的な規則性の抽出は、むしろ大変面白い作業です。時折、このプ...

オープンされたポジションの二段階の修正

二段階アプローチにより、トレンドに近い状況でのポジションの不必要なクロージングや再オープンを避けることができます。

MetaTrader 4とMatlabのDDEによる連携

MatlabからMetaTrader 4へDDEを用いてのデータの移送方法のステップごとのインストラクション

誤信、パート1:資産管理は一番ではなく、あまり重要ではない

0.1ロットに基づく戦略の結果のテストの最初のデモは、フォーラムでは事実上標準になっています。プロからは「そこまで悪くない」というコメントを得て、初心者は「0.1」のテストが堅実な結果をもたらすと考え、肯定的な数学的予想が自動的にポジティブな結果を提供すると考え、攻撃的な資産管理を導入しようとしますl。どのような結果が得られるのか見てみましょう。それとともに、とてもためになるいくつかの人工的...

フラクタルを利用した水平ブレークスルーレベルの描画

本稿は、アップ/ダウン フラクタルを用いてサポート/レジスタンス レベルを表示するインディケータの作成について説明します。

インジケーターの外部パラメーターのグラフィックコントロール

インジケーターの外部変数は、パラメーターが変更できる特別なウィンドウを用いてコントロールされ、そのインジケーターは再度使用されます。これらの操作の不便さは、スクリーン上に必要なパラメータを表示させ、視覚的にインジケータを管理する必要性を生み出しました。

Accumulation/Distributionへのインサイトと、そのゴール地点

Accumulation/Distribution (A/D)インジケーターは、一つ興味深い特徴があります - このインジケータチャートのトレンド線のブレークアウトは、特定の確率にてやがて来る価格チャートのトレンド線のブレークアウトを示唆します。この記事は、MQL4プログラミングに慣れ親しんでいない人にとってはとても役に立ち、面白い記事になるかと思います。この観点から最も簡単なコードの構造を...