MetaTrader 5をダウンロードする

トレードにおける角度 さらなる考察が必要です

28 8月 2017, 07:38
12m
0
131

イントロダクション 幾何学の角度とトレーディング

幾何学では、角度は2つの線 (角度の両側) で形成され、共通の終点 (角度の頂点) を共有します。
 


角度の概念は、トレードではわずかに変更されます。 角度は、ポイント数に対するバーの数の比率です。 ここの足は標準 (M1、M5、等) および非標準的なタイムフレームによって提供される時間です。 ポイントは、小数点以下桁数4または5の精度で価格測定の単位を表します。


MT4ターミナルでは、次の角度計算と作図オプションが提供されています。


1) シンプルな角度 (角度によるトレンド線)。




2) ギャンファンアングル。



ギャンファンアングル。

 

3) ギャングリッド。



ギャングリッド。

ターミナルで利用可能な上記は、ギャンによって記述された角度で、人気のあるトレードメソッドに基づいています。

角度の分析に基づいている先進的なトレードがあります。 角度を使用した技術分析への革新的なアプローチの1つは、A.Praslov によるSinFractalというインジケーターです。 以下の図は、角度を使用したトレンド分析の本質を示しています。


SinFractal

SinFractal の計算に基づいて、著者は複数のタイムフレームで28の通貨ペアを同時に分析し、一連の角度のインジケーターを作成することができました。 この方法で、バスケット戦略を使用してトレードを成功させることができます。

ここで疑問が生じるかもしれません。なぜギャンによって提供される方法では十分ではないのか。 個人的には、この質問への答えは、角度のトレンド分析技術を改善しようとして、ギャンは、角度を勉強し続けたという事実にあります。 

私の意見では、トレードの角度を使用するメソッドの明確な理論はまだ開発されていません。 従来の角度 (SinFractal で使用されているものを含む) に加えて、分析の質を改善するために新しいタイプを追加することをお勧めします:垂直方向および回転角度。  

光線物理学とトレンド運動: 技術分析における光学的アナロジー

Forksの著者アンドリュースは、金融相場は物理学の法則に従うと示唆しました。アンドリュースは、通常のサイクルを描画し、その振動の位相でサイクルトレンドの動きを相関させました。


 
アンドリュースのアイデアは、物理学の法則は、トレンドで何が起こっているのかを理解するのに役立ち、示唆されたトレンドは顧客の環境に売り手の環境から落ちる光のビームのように見えます。 この現象は、反射の光学的法則 (入射光線と反射光線の角度) と同じように考えることができます。 光学系では、傾斜角とOYによって形成された角度に依存し、トレードのすべての角度は、トレンドラインと軸 OX 軸によって形成されています。


したがって、光学系の法則に従って、チャート上の角度の新しいタイプ、すなわち、垂直方向の角度 (トレンドとオイ軸の間の角度) を取得します。

そして、最終的にはすべてのトレーダーによく知られている旋回角度になります。 光学系の観点から、この角度を考えてみましょう。

光学系の法則は光線と同様にトレンドを考慮することができます。 したがって、トレンドの挙動に光線の伝播の物理学を推定します。 光線は表面から反射し、トレンドの方向が反対に逆転すると、変えられます。 光の拡散 (分解) の法則を利用すれば、多くの興味深い類似性を観察することができます。

  • 光学系では、分散は単色の色から成るスペクトルで、白色光の分解です。 専門的に言えば、分散はより小さいタイムフレームで形作られた全体のトレンドの分解です。
  • 光学系では、メディアの屈折率は、その周波数 (色) に依存し、技術的な分析の各マイナートレンドの回転角度は、時間枠に応じて、異なるものになります。

光学系のトレンドプロパティは、波としてのトレンドを分析することができます。 この分析は、エリオット波動理論に関連することができます。これも非常に人気があります.


価格チャートの角度を測定する 

3点で角度を測定するには、 Angles_3_points 角度インジケーターを使用して、対ポイント分の比率に基づいて角度を計算します。

このインジケーターは、逆3角関数を使用して角度を計算します。角度の接線は、その長さが知られている隣接する1つに反対側の脚の比率を使用して、最初に計算されます。 次に、アークタンジェントはそれに基づいて計算されます (角度の大きさ)。 この値とピップと値の両極端の差は、価格表に表示されます。

重要:実際の計算角度の値は、チャートに表示される角度と視覚的に異なる場合があります。

実際の計算角度は、正確な角度値です。 正確な角度の計算の元のアルゴリズムは、インジケーターのソースコードで提供されます。
チャートに表示されている視覚的な角度は、特定の時間と価格のスケールで全体の価格チャートの知覚の利便性を優先し、ターミナルによって変換されています。 

M1 タイムフレームの旋回角度を測定する例。



M1 旋回角度

M1のタイムフレームは、必然的に大量のノイズを含み、非常に細かい相場イメージになります。 M1 でこのノイズをフィルタリングすることは、非自明なタスクであり、今は必要ありません。 この時間枠の下の回転角度の値を覚えておきましょう: 48 度

さて、時間枠を増やします。 回転角度はМ5で変更され、現在は104 度に等しくなります。 これは見た目が似ています:



M5 旋回角度



角度はМ15で大きくなり、現在は112 度に等しくなります。


M15 旋回角度

Н1:


H1 の回転角度。

For Н4:


H4 の回転角度。

D1:


D1 の回転角度。

現在のトレンドが別のタイムフレームのトレンドの合計から成っているという仮定、白い光の分解のニュートンの法則に類似しています。

上記に基づいて以下の結論を出すことができます。

1. 個々のトレンド反転角度は、各通貨ペアの各タイムフレームに存在します。
2. 上下の回転角度には個々のサイズがあります。
4. 垂直レベル (トレンドとOY軸によって形成) は、従来の水平方向の角度 (トレンドとOY軸によって形成 と同様の分析に使用することができます。
5. 各期間は一般的なトレンドになるため、角度を使用したトレンド分析には2つの方法があります:
a) 各期間の各トレンドを個別に分析
b) 総合 (平均) トレンドの分析

しかし、光学系の法則を使用しても十分ではありません。 あらゆる物理プロセスのようなトレンドは、詳細に考慮する必要があります。 

たとえば、入射角の効果は、技術的な分析の目的でも有効です。 




トレンド分類の観点から、この図を光学系から解釈してみましょう。 図2では、反射光線が OX 軸に沿って表示されている場合の完全なリフレクション角度を示しています。 

結論: 任意の時間枠には4つのトレンドタイプがあります。
1. 上昇トレンド
2. 下降トレンド
3. アッパーレンジトレンド (上昇トレンドが終わったが、トレンドはまだ逆転していない)
4. ローワーレンジトレンド (下降トレンドは終わったが、トレンドはまだ逆転していない)

光学系の面で分析すれば平坦化の概念を広げることができる。 レンジの標準的なトレードの定義に加えて、上昇トレンド (上部レンジ) または下降の (下のレンジ) の上部に発生します。 レンジを分析する場合は、発生した時間枠を確認する必要があります。


D1 のレンジの例


D1 のレンジ。

ここでは D1 のレンジは1374ポイント (4 桁のクオート) のチャネルによって制限されています。 1つは価格がこのチャネルを抜けるまでこの時間枠の安定したトレンドを期待できません。

角度解析の観点から見ると、トレンドが水平方向に移動し、その旋回角度を増加させ、トレンドが反転しているようです。 しかし、時にはトレンドがより高い時間枠のトレンドに影響されます。 この場合、逆転は取り消され、トレンドはより高い時間枠の一般的な動きによって「主要な」方向に続く。

以上の考え方に基づいて、基本的な角度解析の問題を定式化することができます。 :

  •  1つの期間内のトレンドを分析するための最も効果的な角度の決定
  •  トレードに役立つ角度シグナルを識別する
  •  1つの時間枠内でのトレンド反転角度の決定 


技術的な分析にはどの角度が効果的でしょうか?

既に説明したように、次の種類の角度を使用してトレンド分析を行うことができます。

  •  水平 (トレンドと OX 軸の間);
  •  垂直 (トレンドとオイ軸の間);
  •  回転角度 (2 つの異なるトレンド方向の間)。

別の期間に使用する場合の水平方向と垂直方向の角度の関数を考慮してみましょう。


下記の画像はМ1における角度の見え方です:



M1での最も効果的な角度は水平線で、他の角度は分析が困難です。
M5の時間枠を考慮します。



М15.



Н1.


H1 の分析の有効な角度。

Н4.



D1.


D1 の分析の有効な角度。

異なるタイムフレームの異なる角度の使用についての結論:

  •   下のタイムフレーム (M1、М5) では、視覚的に水平方向の角度を使用する方が便利です (チャート上に明確に表示されます)。
  •   中程度のタイムフレーム (М15、Н1、Н4)でが、旋回、水平および垂直の角度をよく見ます;
  •   より高いタイムフレーム (H4 )では、縦の角度および回転角度は水平な角度が最小化され、読みにくくなります。
  •   角度表示器は、M1からН4が最適です。水平または垂直の角度は、別のタイムフレームより便利です。
  •   回転角度は頻繁に新しいトレンドの方向の前に増加するが、逆転よりもむしろトレンドの継続を予想する角度のようでもあります;
  •   トレンドの逆転を明確にする回転角度はまだ見つけられませんでした;
  •   また、1つの時間枠の回転、水平および垂直方向の角度の組合せで、実用的な適用および明白な関係は見出せません。
  •   効果的なトレンド分析に、新しい角度タイプを検討する必要があります。


テクニカル分析の新しい角度

最終結果と角度の必要なタイプを受け取るために、次のようにしましょう。

1) アンドリューの正中線を取り、中央の代わりに角度の線に基づいて構築します。

2) アンドリュースの中央線の回転、水平と垂直の角度を描画します。

水平アンドリュースの角度 (赤線の色) は、垂直アンドリュースの角度よりも大きい場合、下降トレンドの兆候です。
垂直アンドリュースの角度 (青線の色) が水平アンドリュースの角度よりも大きい場合、上昇トレンドの兆候です。
 



これらはかなり明確です。 角度のトレンドを決定するための効果的なシグナルを見つけましょう。

新しいアンドリュースの角度を使用してシグナルを検出する結果は次のとおりです。


売り (売り決済)シグナル。


シグナルで売りをする。

買い (買い決済)シグナル。


シグナルで買いをする。

М1の例 (5 decimal places).


М1のシグナルの例.

売りシグナル: 上部の赤い天井が、アッパーリードトラフの後。
売り決済(買い)上部の天井後に上部の青色のトラフ

М5.


М5のシグナルの例.

М15.


М15のシグナルの例.

現在の値は再描画されますが、角度インジケーターは履歴データに対しても実行します。
再描画効果を滑らかにするために、同時に複数の異なった時間枠を分析する使用することができます。

この例では、2つのタイムフレームを3つの代わりに使用し (つまり、2つの角度のインジケーターに比例した数のバーがあります)、次の結果を取得します。上記の図では、より高い時間枠の値に基づいて、低い時間枠 (細い線) のインジケーター値を修正することができます。


Н1での2つのインジケーター 



M1からH1の異なる時間枠でシグナルをどのように受け取るか見ていきましょう。

トレードシグナルの説明:

予備シグナル:
1. "注意、買いの準備" P: アッパーブルー天井;
2. "注意、売りの準備": アッパーレッドトラフ;
3. "注意、買い": アッパーレッド天井;
4. "注意、売りの準備": アッパーブルートラフ;

エグゼクティブシグナル:
1. "買い": アッパーブルートラフ;
2. "売る: アッパーレッド天井;
3. "買い決済": アッパーレッド天井;
4. "売り決済": アッパーブルートラフ;
5. "追加買い": 2 年連続アッパーブルートラフ;
6. "追加売り": 2 年連続アッパーレッド天井。

たとえば、 H4など、より高いタイムフレームにインジケータを使用し続けると、次の結果が得られます。


H4 のシグナルの例。

ご覧のように、H4 では角度表示器の精度が失われます。 角度表示器の使用は H4 の実用的ではありません。 その他の分析ツールやアプローチは、ここで使用する必要があります。

結論

テクニカル分析における角度の使用について少しばかり考察しました。 様々な角度の使用の亜種を示しています。 

まだ異なるタイムフレームの角度の総和の関数を研究する必要があります。 良い結果は Prasov によって達成されました。 トレードの角度を使用する高度な有用戦略を提供します。

新たな角度の研究が続き、すでに知られている以上に未知の点があります。 これらのインジケーターは、角度の測定へのアプローチを見つけるために複数の試みの結果として得られました。 

この記事では、オーダーのためにアングルインジケーターを試用しました。 (自分自身はプログラムしていない):

Angles_3_points インジケーターは、履歴の角度を測定するための3つのポイントを手動で設定するために設計されています 。 ポイントは、ターミナルで行われるメソッドと同様に、ダブルクリックで必要な場所に設定されます。 ポイントポジションが固定されると、次の場所を設定できます。 チャート上のポイントを移動できます。 これを行うには、目的のポイントをダブルクリックして、新しい場所にドラッグしてから、もう一度ダブルクリックします。 角度を測定した結果が価格表に表示されます。
つまり、インジケーターの値は、標準のツールよりも信頼性が高いです。 "角度による近似曲線"). 

ChartAngles インジケーターは、角度を自動的に測定し、チャートの下の追加ウィンドウに表示します。 このインジケーターは、通常タイプ (水平、垂直、旋削)、アンドリュースの角度 (水平、垂直、旋回) の2種類の角度を描画します。 必要なレベルは設定で有効にする必要がありますが、残りは無効にする必要があります。 インジケーターの設定では、さまざまな角度の線の色を構成できます。 このインジケーターはジグザグインジケーターを使用します。 このインジケーターは、Angles_3_points で説明されている画面変形除去の原理を使用します。 バーの数は、インジケーターがどの角度をプロットするかに基づいて、パラメータで送信されます。

DegreeAngles_Zero インジケーターは、角度を自動的に測定し、異なる数のバーを使用して、2つの異なる角度のチャートの下の追加ウィンドウに描画します。 その特徴として、ジグザグのインジケーターを使用するのではなく、回帰直線を使用しています。 これでインジケーターの値がより正確になります。 2つのインジケーターのバーの数、線の色と幅、および角度の種類も設定します。 その後、インジケーターが角度を描画します。 

アンドリュースのラインから得られた、インジケーターの有用なシグナルを使用してこと繰り返します。 垂直方向と水平方向の角度は、線だけでなく、そのクロス点に基づいて、トレンドを決定するのに役立ちます。 ターニングアンドリュースの角度はまた、実用的なトレードに有用であると思われます。 

このインジケーターを用いたEAは現在開発中です。

Angles_3_points インジケーターを適切に操作するには、添付されたフォントをインストールする必要があります。


 

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元の記事: https://www.mql5.com/ru/articles/3237

添付されたファイル |
ChartAngles_v3.ex4 (58.18 KB)
6ijt0_GILSANUB.zip (46.57 KB)
Angles_3_points.mq4 (100.23 KB)
ZUP - ペサベントパターンの不可逆なジグザグ。グラフィカルインターフェイス ZUP - ペサベントパターンの不可逆なジグザグ。グラフィカルインターフェイス

ZUP プラットフォームの最初のバージョンのリリース後、10年に渡り、複数の変更と改善がありました。その結果、現在は迅速なMT4のグラフィカルアドオンがあり、相場データの分析が便利になりました。今回は、ZUPインジケータープラットフォームのグラフィカルインターフェイスを使用するメソッドについて説明します。

MT4のストラテジーテスターでバイナリーオプションを行う方法 MT4のストラテジーテスターでバイナリーオプションを行う方法

バイナリーオプションストラテジーを構築し、MT4のストラテジーテスターで検証する方法をご紹介します。

トレードシグナルの定性的分析とその選択の仕方 トレードシグナルの定性的分析とその選択の仕方

この記事では、シグナルプロバイダのパフォーマンス評価について説明します。 従来のアプローチとは若干異なる角度からシグナルトレードの結果を強調する追加項目を提供します。 適切な管理と完全トレードの概念について説明します。 また、得られた結果を用いて、最適な選択にこだわるとともに、複数のシグナルのポートフォリオをします。

エラー 146 (「トレードコンテキスト ビジー」) と、その対処方法 エラー 146 (「トレードコンテキスト ビジー」) と、その対処方法

この記事では、MT4において複数のEAの衝突をさける方法を扱います。ターミナルの操作、MQL4の基本的な使い方がわかる人にとって、役に立つでしょう。