取引口座モニタリングは不可欠なトレーダーツールです。

14 9月 2018, 11:53
MetaQuotes Software Corp.
0
2 648

取引口座モニタリングでは、完了したすべての取引に関する詳細なレポートが提供されます。すべての取引統計は自動的に収集され、わかりやすい図やグラフとして提供されます。取引口座モニタリングを有効にすると、成長のダイナミクス、取引履歴、取引商品の配分、損失と利益のある取引のシェア、取引活動統計、預金金額など数多くのパラメータを追跡できます。

サービスの利用を開始するには、MQL5.comで個人的シグナルを作成します

Сreate your personal signal

以下のサンプルに従ってシグナル登録用紙に記入してください。すべての情報は、ラテン文字を使用して入力されます。

  1. [This is my personal signal](これは私の個人的なシグナルです)オプションにチェックを入れます。この場合、シグナルはプライベートになり、あなたのみがすべてのデータを見ることができます。シグナルをパブリックにするには、このオプションをオフにします。
  2. シグナル名を指定します。
  3. 取引プラットフォームを選択します。
  4. 取引口座のログインを入力してください。
  5. パスワードを入力します。必ず投資家のパスワードを指定してください。
  6. 取引サーバを検索するためにブローカー名を指定します。
  7. アカウントの種類を選択します。
  8. 契約条件を読みます。
  9. これで、準備万端です。口座モニタリングが有効になりました。

Fill out the signal registration

モニタリングの追加が完了して数分後には、取引履歴全体が口座からアップロードされ、拡大された取引レポートが作成されます。

Trading account monitoring

これで、[マイシグナル]セクションでの口座モニタリングが可能になります。取引を分析し、取引戦略を調整し、パフォーマンスを向上させることができます。


口座モニターを有効化する >>


MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元の記事: https://www.mql5.com/ru/articles/5178

強化学習におけるランダム決定フォレスト 強化学習におけるランダム決定フォレスト

バギングを使用するランダムフォレスト(RF)は最も強力な機械学習方法の1つですが、グラジエントブースティングには若干劣ります。本稿では、市場との相互作用から得られた経験に基づいて意思決定を行う自己学習型取引システムの開発を試みます。

トレードロボットをオーダーするための要件定義を作成する方法 トレードロボットをオーダーするための要件定義を作成する方法

自分自身のトレーディングストラテジーを使用してトレードしていますか。 システムトレードのルールをアルゴリズムとして正式に記述できる場合は、自動化されたEAにトレードを委託することをお勧めします。 ロボットは、人間の弱点であるところの睡眠や食品を必要としません。 この記事では、フリーランスのサービスでトレードロボットを発注する際の要件定義の作成方法を示します。

ディープニューラルネットワーク(その4)ニューラルネットワーク分類器のアンサンブル: バギング ディープニューラルネットワーク(その4)ニューラルネットワーク分類器のアンサンブル: バギング

本稿では、バギング構造を持つニューラルネットワークのアンサンブルを構築および訓練する方法について説明します。また、アンサンブルを構成する個々のニューラルネットワーク分類器の超パラメータ最適化の特性も特定されます。このシリーズの前の記事で得られた最適化ニューラルネットワークの品質は、作成されたニューラルネットワークのアンサンブルの品質と比較されます。アンサンブルの分類の質をさらに向上させる可能性が考慮されます。

14,000自動売買ロボットがMetaTraderマーケットに 14,000自動売買ロボットがMetaTraderマーケットに

最大級のアルゴリズム取引既成アプリストアでは13,970件の製品があります。これには4,800件のロボット、6,500件の指標、2,400件のユーティリティその他のソルーションが含まれます。半分以上のアプリケーション (6,000) はレンタルもできます。全製品の4分の1(3,800)は無料でダウンロードできます。