• Overview
  • Reviews
  • Comments (2)
  • What's new

Pafpaf BTCUSD

1.自動売買ソフトウェア(EA)の特徴

当自動売買ソフトウェア(EA)の特徴を詳しくお伝え致します。

FX 証券会社:CryptoGT、FXGT etc...

プラットフォーム:MT5 専用

取引通貨:ビットコインドル (BTCUSD)

取引スタイル:スキャルピング~中期

取引時間軸:15 分足 (M15)

まず、チャート上では、インジケーターなどは必要ありません。

当 EA へ全て組み込まれています。

推進はビットコインドル (BTCUSD) 15 分足用です。

ビットコインはご存じの通り、値動きが激しいです。

ほとんどがレンジですが、ブレイクするととんでもないほど動きます。

保有ポジション損失リスクを抑えたハーフ&ハーフのトラップ&リピートタイプ EA

利益はあっても保有ポジションによる損失(ロスカット)を減らす工夫として

値幅設定レンジ中央値より上では売りのトラップ&リピート、

中央値より下では買いのトラップ&リピートを行います。

パラメーター設定では、注文範囲の調整・フィルターによる発注抑制・トレーリングストップ

の機能を備えています。

トラップ&リピートタイプの取引では、弱点があります。

●レンジの高値圏、安値圏でのトラップポジションが塩漬けになってしまう

●ポジション方向と逆行した場合に損失が増える

●多量発注のため大きな証拠金がいる

他にもあるとは思います。致命的な弱点と思いませんか。

当 EA はリスクを減らしていますが、無くなってはいません。

当 EA を使用したことによる損失の責任は持ちませんので、ご利用は皆様のご判断でお願いしま

す。

初期設定の上限値は 13900 ドル、下限値は 3000 ドルと設定しています。

この場合の中央値は 8450 ドル辺りになります。

この中央値より上では売りのトラップ、中央値より下では買いのトラップを行うという仕組み

になっています。

中央値より上か下かの判断は1本前の週足終値で判断し、

中央値を超えたことにより取引方向が反転した場合は、

全ポジション決済と全発注のキャンセルを行います。

全ポジション決済時の保有ポジションは中央値付近のものだけになっていますので、大きな損

失は発生しないように工夫しています。

工夫により当 EA は、高値圏での買いトラップ・安値圏での売りトラップの塩漬けは発生しにく

くなっています。

★保有ポジション損失を減らす工夫★

日足長期移動平均線による相場上昇、下降の判断フィルターを適用。

買いトラップ適用時にフィルターが下降相場と判断したとき、売りトラップ適用時にフィル

ターが上昇相場と判断したときには、トラップの発注をしません。

時折、仕掛けをしない時が発生しますが、大きく相場が逆行しているときにエントリを続け、

保有ポジション損失を増やし続けるということはありません。

発注範囲(パラメーター設定)は値動きとともに移動していくので、発注範囲から外れた発注

は自動的にキャンセルします。

★利益を増加させる工夫★

トラップ&リピートタイプに効力があるとされるトレーリングストップ機能とトレンド相場で

ポジションサイズ調整機能を実装しており、利益確定を極大化させます。

フォワードデモ運用口座を確認しながらご利用をお勧めいたします。

ブローカーによっては、レートも違うので、ご心配の方は、スリッページ設定を緩めることも

ご検討くださいませ。

スリッページ範囲:3~20pips


2.パラメータ設定

当自動売買ソフトウェア(EA)には、以下の設定パラメータがあります。

当自動売買ソフトウェア(EA)をより安心してご使用頂く為にも、バックテストにてパラ

メータをクリックで変更して動作を確認してみてください。

チャート上で右クリックをし ExpertsAdvisors → Properties → パラメータの入力から

変更できます。

尚、ポジション量の設定に関する項目以外の推奨は、デフォルト(初期値)で調整済ですので

特に変更頂く必要はありません。

変更される場合は、十分なバックテストを行なったうえで、変更後の特徴をしっかり把握した

うえで変更されることをお勧めいたします。

変数名 パラメーター名称 デフォルト

MAGIC マジックN o(※1) 1000

Slippage スリッページ 3

RangeMax 取引通貨幅の上限値 13900

RangeMin 取引通貨幅の下限値 3000

pips 発注実施範囲 100000

StepPips トラップ仕掛け 2500

BaseLots 基本ロット数 0.01

TS 発動 pips トレーリングストップ発動 pips 4000

stoploss 損切確定 0

TS 発動時の最小 TP トレーリング機能使用時の最小利益確定 2000

トレンド時の倍率 トレンド発生時ロット調整機能(BaseLots×〇倍) 2

※その他のパラメーター設定は、変更しないようお願い致します。

<注意>バージョンアップ等の際に上記の初期値が異なる場合もあります。ご了承ください。

(※1)当自動売買ソフトウェア(EA)独自の認識番号になります。他の当自動売買ソフト

ウェア(EA)と同時に使用する場合は、他のEAのマジック No と競合しないように設定を変

更してください。

(※2)自動複利マネージメント機能で稼働の際は、最初のポジションのレバレッジ設定とな

ります。尚、最初のポジションのレバレッジ設定を上げ過ぎると、2 回目、3 回目のポジション

をもって含み損が拡大した際に強制ロスカットになる恐れがあります。敢えてリスクを取る覚

悟があって、積極的に運用したいのであれば、かまいませんが、一応の目安の当自動売買ソフ

トウェア(EA)の推奨値は、「0.01」になります。次項目の「リスクマネージメント」を参

考にしながら設定を行なってください。複利運用をされる場合には、十分にバックテストにて

当自動売買ソフトウェア(EA)の動作を理解した上で行ってください。

(※3)ロット数の設定に関しては、次項目の「リスクマネージメント」を参考にしてくださ

い。

(※4)例としてこの数字が「3」の場合は最初のポジション以降、最大 2 回追加のポジショ

ンを取り最大の総ポジション量が設定値の3になります。

(※5)例としてこの数字が「5」の場合は最初のポジション以降、5p相場が逆行する度に

追加のポジションを取ります。スリページや業者の約定具合で設定値とずれが生じる場合があ

ります。


3.リスクマネージメント

当自動売買ソフトウェア(EA)は、途中、相場状況によっては含み損が大きくなったりする

場合もありますので、資金マネージメントには十分注意をしてください。

また、なかなか負けないからといって、最初のロット数を増やしすぎてしまうと、たまたま負

けてしまったときに資金の多くを失ってしまう可能性もありますので、十分な注意が必要です。

ご自身の資金に対する、損失許容額を最初にしっかりと決めて頂いて、デモトレードやバック

テストを参考にしながら、ロット数の調整を行なってください。

尚、推奨は 100 万円に対して、単利の場合は 0.01Lot(=1000 通貨)です。

Recommended products
Filter:
No reviews
Version 1.1 2020.04.10
パラメータ名を英語に変更