MQL5 リファレンスネットワーク関数 

ネットワーク関数

MQL5プログラムはリモートサーバとデータを交換したり、プッシュ通知、メールやデータをFTP経由で送信することができます。

  • Socket*関数群により、システムソケット経由でリモートホストとのTCP接続(安全なTLSを含む)を確立することができます。操作の原則は簡単です: ソケットを作成し、サーバに接続し、データの 読み書きを開始します。
  • WebRequest関数はWebリソースの使用のために設計されており、HTTPリクエスト(GETやPOSTを含む)を簡単に送信することができます。
  • SendFTPSendMailSendNotificationはファイル、メール、モバイル通知を送信するより簡潔な関数です。

エンドユーザのセキュリティのために、許可されたIPアドレスのリストはクライアント端末側で実装されています。このリストには、MQL5プログラムがSocket *およびWebRequest関数を介して接続することを許可されているIPアドレスが含まれています。例えば、プログラムがhttps://www.someserver.comに接続する必要がある場合、このアドレスはリスト内の端末ユーザーによって明示的に示されるべきです。プログラムでアドレスを追加することはできません。

リストへのアドレスの追加

追加の設定が必要であることをユーザに通知するためにMQL5プログラムに明示的なメッセージを追加します。これは、#property descriptionAlertPrintのいずれかで行うことができます。

関数

アクション

SocketCreate

指定されたフラグを使ってソケットを作成し、そのハンドルを返す

SocketClose

ソケットを閉じる

SocketConnect

タイムアウト管理付きでサーバに接続する

SocketIsConnected

ソケットが現在接続されているかどうかを確認します

SocketIsReadable

ソケットから読み込めるバイト数を取得する

SocketIsWritable

現在の時点でデータをソケットに書き込めるかどうかを確認する

SocketTimeouts

ソケットシステムオブジェクトのデータを送受信するためのタイムアウトを設定する

SocketRead

ソケットからデータを読む

SocketSend

ソケットにデータを書く

SocketTlsHandshake

TLS Handshakeプロトコルを介して指定されたホストへの安全なTLS(SSL)接続を開始する

SocketTlsCertificate

ネットワーク接続を保護するために使用される証明書に関するデータを取得する

SocketTlsRead

安全なTLS接続からデータを読み込む

SocketTlsReadAvailable

安全なTLS接続からすべてのデータを読み込む

SocketTlsSend

安全なTLS接続を介してデータを送信する

WebRequest

指定されたサーバにHTTP要求を送信する

SendFTP

[FTP]タブで指定されたアドレスにファイルを送信する

SendMail

オプションウィンドウの[メール]タブで指定されたアドレスにファイルを送信する

SendNotification

MetaQuotes ID が[通知]タブで指定されているモバイル端末にプッシュ通知を送信する