2013 年第三四半期 MetaTrader AppStore 実績

27 10月 2015, 15:18
MetaQuotes
0
367

また四半期が経過したところで、MetaTrader AppStore はMetaTrader の売買ロボットおよびテクニカルインディケータを扱う最大手、MetaTrader AppStore の実績を集計することにしました。

まず、MetaTrader 4 向け AppStore はベータモードで公開されています。最終版はまもなく開始される予定です。ただし、売買ロボット開発者はすでにそこで MQL4 アプリケーションを発表することができます。もう 200 件以上のプログラムがテストを通過しました。MetaTrader 4 「マーケット」が開始されるとすぐにトレーダーのみなさんが利用できるようになります。

報告対象四半期の終わりまでに MetaTrader AppStore には 500 人以上の開発者が 1,200 以上のプロダクツを出しました。これは前四半期実績を 1/3 上回るものです。発表されたアプリケーションの中でもっともシェアの大きいものは売買ロボット(プロダクツ全数の45%)およびテクニカルインディケータ(同 34%)です。AppStore の訪問者はトレーディング プラットフォームの機能を拡張するパネル、分析ツール、様々なユーティリティも購入することができます。

MetaTrader マーケット:MetaTrader 4/5 向けアプリケーションのレンジ

開発者数およびプロダクツ数増加にともない、「マーケット」を積極的に利用するトレーダー数も成長しています。第三四半期には売買ロボットおよびテクニカルインディケータのダウンロード数150,000 のマイルストーンに到達しました。この数字には AppStore 立ち上げからの有料・無料のプロダクツインストールが含まれています。ダウンロード数 100,000 のブレークポイント は少し前に通過しました。今年の第二四半期のことでした。

MetaTrader マーケット:MetaTrader 4/5 向けカスタムインディケータおよびロボットダウンロード

売上

MetaTrader AppStore 有料プロダクツの売り上げは高い成長率(前四半期比33% 増)を保ち、ダウンロードと比例して着実に増加しています。これは AppStore への新規訪問者の流入および現顧客への再販数増加で説明がつきます。36% を超える購入者が AppStoreプロダクツ(2013年第二四半期比+2% )を 2 件以上購入しました。

第三四半期はプロダクツカテゴリーの構成には顕著な変化は見られません。テクニカルインディケータは数量的にはもっとも人気のあるプロダクツです(全購入プロダクツの 45% )。売買ロボットは僅差で二位です(41%)。三位はパネルで 6%です。

MetaTrader マーケット:売買ロボットおよびインディケータのカテゴリー別販売数

金額では売買ロボット(Expert Advisors)が他のプロダクツを大きく引き離しています。このプロダクツカテゴリーは MetaTrader AppStore 総売上高の 85% を占めます。売買ロボットに続くのはインディケータ(9%)とパネル(5%)です。

MetaTrader マーケット:金融マーケット向け外為ロボットおよびテクニカルインディケータの売り上げ高

MetaTrader AppStore 売上トップ10

2013 年第三四半期実績を概説する「マーケット」売り上げトップ10 リストを作成しました。リストには500人の売買ロボットおよびテクニカルインディケータ開発者の中で決算期間の最高売上高をあげたトップも発表されています。

MetaTrader AppStore 売上トップ10(2013 年第三四半期)

  1. arnbober (Arnold Bobrinskiy) -トップリスト新規
  2. johnnypasado (Jeremy Scott)
  3. iTC (Gennadiy Stanilevych)
  4. PzTrading (Arturo Lopez Perez) - トップリスト新規
  5. cameuh (Camille Huot) - トップリスト新規
  6. DC2008 (Sergey Pavlov) - トップリスト新規
  7. figurelli (Rogerio Figurelli)
  8. mttruc (Mai Thanh Truc) - トップリスト新規
  9. champions763 (Agus D Riadi) - トップリスト新規
  10. song_song (Jinsong Zhang) - トップリスト新規

2013 年第三四半期に関しては、レーティングが大幅に変更されました。まず、新しいリーダーを得ました。初登場の arnboberです。かれは便利なプロダクツを 2 件提供しました。Bobra シリーズの売買ロボットです。どちらも人気を得、売上も上げました。ふたつめ、トップ 10 リストには 7 名もの新顔が挙がりました。この7人は多様なプロダクツ販売によってリストに名を連ねることとなりました。売買ロボット、テクニカルインディケータ、分析ツール、ユーティリティなどです。たとえば、販売者 DC2008「分析ツール」のみ販売します。

売上トップ10 の総売り上げは2013 年第三四半期に販売されたプログラム総額の 39% に相当します。これは第二四半期より 4% 落ちています。これは販売者数が成長し、「マーケット」のアプリケーションを販売したことで説明がつきます。トップ販売者のリストは AppStore for MetaTrader 4 が公式に開始されると大きく変わることでしょう。本件に関しては今後を見届けていきたいと思います。

MetaTrader 4/5 用の MQL4/MQL5 アプリケーションを作成して何百万ドルもの市場で 販売してください。


MetaTrader AppStoreへ行く



MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元の記事: https://www.mql5.com/ru/articles/769

統計の基礎 統計の基礎

たとえファンダメンタル分析支持者であったとしても、すべてのトレーダーは、特定の統計的な計算を使用し作業を行います。この記事は、統計の基礎、基礎的な要素を紹介し、意思決定における統計の重要性を示します。

未知の確率密度関数のカーネル密度推定 未知の確率密度関数のカーネル密度推定

本稿では、未知の確率密度関数のカーネル密度推定を可能にするプログラム作成に取り組みます。そしてタスク実行のためにカーネル密度推定法を選択しました。本稿にはメソッドのソフトウェア実装コード、その使用例、説明が述べられています。

自作 DLL の排除 自作 DLL の排除

MQL5 言語機能がタスク遂行に十分でなければMQL5 プログラマーは別のツールを使用する必要があります。別のプログラム言語によって仲介DLL を作成する必要があります。MQL5 にはさまざまなデータタイプを表示し、それを API に転送する機能がありますが、残念ながら MQL5 は受け付けられたポインタからデータを抽出することに関する問題を解決することはできません。本稿ではすべての "i" にドットを打ち、複雑なデータタイプを交換し、それと連携するメカニズムを示していきます。

ボックスーコックス変換 ボックスーコックス変換

この記事は、読者がボックスーコックス変換について詳しく知ることができることを意図されています。使用方法に関して取り組まれ、ランダムなシーケンスと実際の取引価格での変換率を評価を行うものに関しての例がいくつか提示されています。