無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

ビュー:
244
レーティング:
投票: 17
パブリッシュされた:
2016.06.03 12:29
アップデートされた:
2016.11.22 07:34
\MQL5\Include\IncOnArray\\MQL5\Indicators\

CCHOOnArrayクラスは指標バッファでのChaikin Volatility指標 (CHV) 値の計算のために設計されています。.

使用法:

次のパラメータを持つInit()メソッドが指標のOnInit()関数で呼ばれます。

  • int aVPeriod- 指標の主要期間
  • int aSmPeriod- 指標の平滑化期間
  • ENUM_MA_METHOD aMethod-平滑化手法

Solve()メソッドは次のパラメータを使ってOnCalculate()関数で呼び出されます。

  • const int aRatesTotal- OnCalculate() 関数パラメータのrates_total変数
  • const int aPrevCalc - OnCalculate() 関数パラメータのprev_calculated変数
  • double aDataHigh[] - 指標計算に使われる高値のデータバッファ
  • double aDataLow[] - 指標計算に使われる安値のデータバッファ
  • double & aR[], - 中間補助バッファ
  • double & aRS[] - 中間補助バッファ
  • double & aCHV[] - 計算値バッファ

追加メソッド:

  • int BarsRequired()- 計算に必要なバーの最小数を返しま
  • string Name() - 指標名の文字列を返します

Test_CHVOnArray.mq5ファイルはCCHVOnArrayクラスを使用する指標の例です。IncCHVOnArrayファイルは端末データフォルダの MQL5\Include\IncOnArray (IncOnArrayフォルダは作成される必要があります)に位置しなければなりません。

Chaikin's volatility 指標は最高値と最安値の間の広がりを計算します。最大値と最小値との間の振幅に基づいて揮発性の値が判定されます。Average True Rangeと違い、 Chaikinの指標はギャップを考慮しません。

CCHVOnArrayクラスの使用例

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/671

IncCHOOnArray IncCHOOnArray

CCHOOnArrayクラスは指標バッファでのChaikin Oscillator (CHO) 値の計算のために設計されています。Test_CHOOnArray指標はクラスの使用例として提供されています。

IncADOnArray IncADOnArray

CADOnArrayクラスは指標バッファでのAD (Accumulation Distribution, A/D) 値の計算のために設計されています。Test_ADOnArray指標はクラスの使用例として提供されています。

IncOBVOnArray IncOBVOnArray

COBVOnArrayクラスは指標バッファでのOBV (On Balance Volume) の計算のために設計されています。

IncIchimokuOnArray IncIchimokuOnArray

CIchimokuOnArrayクラスは指標バッファでの一目(一目均衡表)の計算のために設計されています。