欧州中央銀行(ECB)Draghi総裁演説 (European Central Bank (ECB) President Draghi Speech)

国:
欧州連合
EUR, ユーロ
セクター
金銭

欧州中央銀行会長演説は欧州中央銀行の公式の立場を反映しているため、すべての演説は市場参加者やアナリストによって慎重に検討されます。

Mario Draghii氏はイタリアのエコノミストで、2011年からECBの大統領になっています。彼は頻繁に公に話します。欧州議会とその委員会での義務付けられた演説に加えて、彼は国際経済フォーラムに参加し、協議や会議で話し、ECBの公式声明を読み上げ(例えば、Mario Draghi氏はECBの金融政策記者会見を開きます)、世界の主要大学の学生への講演など、さまざまな分野で活躍しています。

欧州規制機関の会長は、ECBとEU監督機関の他のすべての従業員の間で、ユーロ相場に最大の影響力を持ちます。会長は、ECB理事会の意向とそのメンバー各々の意見に関する完全な情報にアクセスすることができます。したがって、ECB総裁の声明は、アナリストや経済学者によって慎重に監視されることが多いです。演説のテキストはECBウェブサイトに掲載されています。

Mario Draghi'氏のレトリックが今後の引き締めや緩和などの将来の金融政策の可能性を示唆している場合、これはユーロに短期的にプラスの影響を与える可能性があります。Dragh氏がユーロ圏の労働市場を積極的に特徴づけているかインフレ率の上昇を示しているとすれば、これはユーロ相場にプラスと見なすこともできます。これらすべての要因は、投資家にECBの金利の短期的な上昇を示唆することができます。