MetaTrader 5をダウンロードする

MetaTrader 4での取引ストラテジーテスターの特徴

2 10月 2015, 09:27
MetaQuotes Software Corp.
0
893

はじめに

この記事は、MetaTrader 4でのEAのストラテジーテスターの特徴を詳細に説明しています。

過去データに基づいたEAのストラテジーテスターの特徴
  • いくつかの関数は出力なしに動作します。

    Sleep()関数、Alert()関数、SendMail()関数、SpeechText()関数、 PlaySound()関数、MessageBox()関数、WindowFind()関数、 WindowHandle()関数、WindowIsVisible()関数など。

  • テストできるシンボルは取引が制限されています。

    他のシンボルでは取引が不可能です。

  • ロットサイズ、手数料やスワップなどアカウント設定が同期されます。

    バックテストを行う前に、クライアント端末に有効化されたアカウントが少なくとも1つはあるはずです。

  • スワップ、マージン要件、エクスピレーション、GTCオーダーがすべてモデル化されています。

    バックテストは取引サーバーの状態のように行われます。転換価格について詳細情報が足りないため、クロスカレンシーでマージン要件の計算の不正確である場合があります。

  • 同じシンボルの時間軸のゼロバーがおよそ表示されています。

    Open = 正確なOpen, Close = 正確なClose, Low = min (Open,Close), High = max (Open,Close), Volume = 総量

  • 又は、取引を行うため、Instant Execution方式を使用します。
  • スリッページなしの注文処理・Open・Close
  • StopOutしてバックテストが終わります。
  • 週間軸や月間軸などはバックテストに参加しません。
  • デポジットの額は変更できますが、交換レート固定され、現在のものを使用します。
  • 取引操作実行における遅延はまだありません。

    取引処理に遅延を設定する機能を作る予定です。

  • Account Historyは設定によります。
  • もし他のシンボルと期間をよく使う場合は、それらをすべての利用しうる深度に事前にダウンロードすることが望ましいです。
  • チックごとのモデリングの場合、テスターは自動的に必要な時間軸をダウンロードします。
  • MarketInfo()関数は、ERR_FUNCTION_NOT_ALLOWED_IN_TESTING_MODE(4059)のエラーを形成しますが、テストしているシンボルの現在価格や、ストップレベルのサイズ、ポイントサイズ、「気配値表示ウィンドウ」にある任意のシンボルのスプレッドサイズの正確な情報を出します。


取引手法の最適化の特徴

  • 操作ログには何も出力されません。(関数Print()を含む)

    それはディスク容量を空けるためです。ログを全て出力すると、ディスク容量が減る恐れがあります。

  • グラフィックオブジェクトは実際に表示されません。

    それはバックテストの速度を増加するためです。

  • 「無駄な結果をスキップ」機能が追加されました。

    その機能を使うことで無駄な結果をスキップできます。機能を有効にするには、 セクション「最適化の結果」から「無駄な結果をスキップ」を選択してください。

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元の記事: https://www.mql5.com/ru/articles/1512

EAのバックテストのレポートの見方 EAのバックテストのレポートの見方

EAのバックテストのレポートのおかげで様々なエキスパートアドバイザーをならべ比べることができます。この記事はそのようなレポートについて説明しています。

Strategy Tester: トレード戦略のテストモード Strategy Tester: トレード戦略のテストモード

テクニカル分析の多くのプログラムは、履歴データで取引戦略をテストすることができます。

利益のある取引戦略を見つける方法 利益のある取引戦略を見つける方法

この記事では、『ニューラルネットワークを利用しつつ、履歴データ上でコンピュータを使って取引戦略を作り上げることは可能か?』という問いについての答えを与えます。

新しいMQL4のオフラインチャート 新しいMQL4のオフラインチャート

新しいバージョンのMQL4では、履歴データの保存方法が変更され、MqlRates構造体が新たに追加されました。MqlRates構造体は、Time、Open、Low、High、Close、Volumeなどの値を保存するのに役立ちます。長年にわたってトレーダーは、オフラインチャートを作成する為にHSTファイルに自分のデータを集めて書き込む、自分のプログラムをMQL4で作成していました。各トレーダーは、以前にコンパイルされた全てのEX4ファイルが、新しいMetaTrader4ターミナルで、以前と同様に動作すると確信していることでしょう。