無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

ビュー:
236
レーティング:
投票: 19
パブリッシュされた:
2016.06.03 11:56
アップデートされた:
2017.09.06 10:14
\MQL5\Include\IncOnArray\\MQL5\Indicators\

CTemaOnArrayクラスは指標バッファでのTEMA(Triple Exponential Moving Average、三重指数移動平均)値の計算のために設計されています。

使用法:

次のパラメータを持つInit()メソッドが指標のOnInit()関数で呼ばれます。

Solve()メソッドは次のパラメータを使ってOnCalculate()関数で呼び出されます。

  • const int aRatesTotal- OnCalculate() 関数パラメータのrates_total変数
  • const int aPrevCalc - OnCalculate() 関数パラメータのprev_calculated変数
  • double aData[] - 指標計算に使われるデータのバッファ
  • double aM1[] - 計算の中間バッファ
  • double aM2[] - 計算の中間バッファ
  • double aM3[] - 計算の中間バッファ
  • double aTEMA[]</b0 - 指標の計算値バッファ
追加メソッド:
  • int BarsRequired() - 計算に必要なバーの最小数を返します
  • string Name() - 指標名の文字列を返します。

Test_TemaOnArray.mq5はCTemaOnArrayクラスを使用する指標の例です。IncTemaOnArrayファイルは端末データフォルダの MQL5\Include\IncOnArray (IncOnArrayフォルダは作成される必要があります)に位置しなければなりません。 IncMAOnArrayファイルのCMAOnArrayクラスは適切な作動に必要です。

Triple Exponential Moving Averageテクニカル指標(TEMA)は Patrick Mulloy によって開発され1994年2月 に「Technical Analysis of Stocks & Commodities(株式とコモディティーのテクニカル分析)」誌で発表されました。その算出の原則はDEMA(Double Exponential Moving Average、二 重指数移動平均)に似ています。その名前はあまり正しくそのアルゴリズムを反映していません。これは、別々よりも小さい遅れを提供する一重、二重、および三重の指数平滑平均のユニークなブレンドです。

CTemaOnArrayクラスの使用例

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/658

IncDemaOnArray IncDemaOnArray

CDemaOnArrayクラスは指標バッファでのDEMA(Double Exponential Moving Average、二重指数移動平均)値の計算のために設計されています。

PriceAlert PriceAlert

この指標はシグナル作動レベルを設定する水平線を表示します。

IncFractalsOnArray IncFractalsOnArray

CFractalsOnArrayクラスは指標バッファでのフラクタルの計算のために設計されています。

IncFramaOnArray IncFramaOnArray

CFramaOnArrayクラスは指標バッファでのクラスは指標バッファでのフラクタル適応型移動平均(Fractal Adaptive Moving Average、FRAMA) の計算のために設計されています。