無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

ビュー:
241
レーティング:
投票: 20
パブリッシュされた:
2016.06.03 11:58
アップデートされた:
2016.11.22 07:34
\MQL5\Include\IncOnArray\\MQL5\Indicators\

CFramaOnArrayクラスは指標バッファでのクラスは指標バッファでのFractal Adaptive Moving Average(フラクタル適応型移動平均、FRAMA)の計算のために設計されています。

使用法:

次のパラメータを持つInit()メソッドが指標のOnInit()関数で呼ばれます。

  • int aPeriod - 指標期間

Solve()メソッドは次のパラメータを使ってOnCalculate()関数で呼び出されます。

  • const int aRatesTotal- OnCalculate() 関数パラメータのrates_total変数
  • const int aPrevCalc - OnCalculate() 関数パラメータのprev_calculated変数
  • double aDataHigh[] - 指標計算に使われる高値のデータバッファ
  • double aDataLow[] - 指標計算に使われる安値のデータバッファ
  • double aDataClose[] - 指標計算に使われる終値のデータバッファ
  • double aPrama[]</b0 - 指標の計算値バッファ
追加メソッド:
  • int BarsRequired() - 計算に必要なバーの最小数を返します
  • string Name() - 指標名の文字列を返します

Test_FramaOnArray.mq5はCFramaOnArrayクラスを使用する指標の例です。IncFramaOnArray ファイルは端末データフォルダの MQL5\Include\IncOnArray (IncOnArrayフォルダは作成される必要があります)に位置しなければなりません。

Fractal Adaptive Moving Average テクニカル指標(FRAMA))は John Ehlers によって開発されました。この指標はExponential Moving Average(指数移動平均)アルゴリズムに基づいて構築されていて、平滑化係数は現在の価格列のフラクタルの寸法に基づいて計算されます。FRAMAの利点は、強い傾向の動きに追従し、十分な価格の統合の瞬間に減速する可能性です。

CFramaOnArrayクラスの使用例

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/660

IncFractalsOnArray IncFractalsOnArray

CFractalsOnArrayクラスは指標バッファでのフラクタルの計算のために設計されています。

IncTemaOnArray IncTemaOnArray

CTemaOnArrayクラスは指標バッファでのTEMA(Triple Exponential Moving Average、三重指数移動平均)値の計算のために設計されています。

TrendLineAlert TrendLineAlert

この指標はシグナルの作動レベルを設定する傾斜トレンドラインを表示します。

IncMFIOnArray IncMFIOnArray

CMFIOnArrayクラスは指標バッファでのMFI(Money Flow Index、マネーフロー指数) の計算のために設計されています。クラスの使用例は提供されています。