CLBufferWrite

OpenCL バッファに書き込み、書かれた要素の数を返します。

uint  CLBufferWrite(
  int          buffer,                   // OpenCL バッファハンドル
  const void&  data[],                   // 値の配列
  uint         buffer_offset=0,           // OpenCL バッファ内のバイト単位のオフセット(デフォルトで 0)
  uint         data_offset=0,             // OpenCL バッファ内の要素数でのオフセット(デフォルトで 0)
  uint        data_count=WHOLE_ARRAY     // 書かれる配列の値の数(デフォルトでは配列全体)
  );

パラメータ

buffer

[in]  OpenCL バッファハンドル

data[]

[in]  OpenCL バッファに書かれる値の配列。参照で引き渡されます。

buffer_offset

[in]  OpenCL バッファ内のバイト単位での読み込みが始まるオフセット。デフォルトでは書き込みはバッファの一番初めから始まります。

data_offset

[in]  OpenCLのバッファに値を書き込むための最初の配列要素のインデックス。デフォルトでは配列の一番初めの値が使用されます。

data_count

[in]  書き込まれる値の数。デフォルトでは配列の値全部。

戻り値

書かれた要素の数。エラーの場合 0 。エラー情報を取得するには、GetLastError() 関数が呼ばれます。

注意事項

1 次元配列では OpenCL バッファへの書き入れのための読み込みが始まる要素の番号は AS_SERIESフラグを考慮して計算されます。

2 次元以上の配列は1 次元として提示されます。この場合 data_offset は、1 次元目の要素の数ではなく、抜かされるべき要素の数です。