無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

ビュー:
308
レーティング:
投票: 19
パブリッシュされた:
2016.06.03 10:47
アップデートされた:
2016.11.22 07:34
\MQL5\Include\IncOnArray\\MQL5\Indicators\

CADXWOnArrayクラスは指標バッファでのADXW(Average Directional Movement Index Wilder, ADX Wilder)値の計算のために設計されています。

使用法:

Init()メソッドは次のパラメータを使ってOnInit()関数で呼び出されます。

Solve()メソッドは次のパラメータを使ってOnCalculate()関数で呼び出されます。

  • const int aRatesTotal- OnCalculate() 関数パラメータのrates_total変数
  • const int aPrevCalc - OnCalculate() 関数パラメータのprev_calculated変数
  • double aDataClose[] - 指標計算に使われる終値のデータバッファ
  • double aDataHigh[] - 指標計算に使われる高値のデータバッファ
  • double aDataLow[] - 指標計算に使われる安値のデータバッファ
  • double aP[] - 正の成分のための中間バッファ
  • double aM[] - 負の成分のための中間バッファ
  • double aTR[] -ATR(Average True Range)の中間計算のための中間バッファ
  • double aATR[] - ATRの中間バッファ
  • double aPS[] -  平滑化された正の成分のための中間バッファ
  • double aMS[] -  平滑化された負の成分のための中間バッファ
  • double aPDI[] - 計算されたPDI値のバッファ
  • double aMDI[] - 計算されたMDI値のバッファ
  • double aADXR[] - ADXW計算のための中間バッファ
  • double aADX[] - 計算されたADXW値のバッファ
 追加メソッド: 
  • int BarsRequiredADX() - ADXの計算に必要なバーの最小数を返します
  • int BarsRequiredPDIMDI() - PDIとMDIの計算に必要なバーの最小数を返します
  • string Name() - 指標名の文字列を返します
  • string PDIName() - PDIライン名の文字列を返します
  • string MDIName() - MDIライン名の文字列を返します<

Test_ADXWOnArray.mq5はCADXWOnArrayクラスを使用する指標の例です。IncADXWOnArrayファイルは端末データフォルダの MQL5\Include\IncOnArray (IncOnArrayフォルダは作成される必要があります)に位置しなければなりません。

IncMAOnArrayファイルのCMAOnArrayクラスは適切な作動に必要です。ここです。

Average Directional Movement Index Wilder(ADX Wilder)は価格トレンドの存在の確認を手助けします。このテクニカル指標はウェルズワイルダーによって著作された「New concepts in technical trading systems(技術的なトレーディングシステムの新コンセプト)」で説明されたアルゴリズムに厳密に対応するように構築されています。

CADXWOnArrayクラスの使用例

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/626

IncADXOnArray IncADXOnArray

CADXOnArrayクラスは指標バッファでのADX(Average Directional Movement Index)値の計算のために設計されています。クラスの使用例は提供されています。

IncATROnArray IncATROnArray

CATROnArrayは指標バッファでのATR(Average True Range)値の計算のために設計されています。クラスの使用例は提供されています。

IncMACDOnArray IncMACDOnArray

CMACDOnArrayクラスは指標バッファでのMACD(Moving Average Convergence/Divergence)値の計算のために設計されています。クラスの使用例は提供されています。

IncOsMAOnArray IncOsMAOnArray

COsMAOnArrayクラスは指標バッファでのOsMA(Moving Average of Oscillator)値の計算のために設計されています。クラスの使用例は提供されています。