無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

ビュー:
280
レーティング:
投票: 20
パブリッシュされた:
2016.06.03 10:49
アップデートされた:
2017.09.06 10:18
\MQL5\Include\IncOnArray\\MQL5\Indicators\

COsMAOnArrayクラスは指標バッファでのOsMA(Moving Average of Oscillator)値の計算のために設計されています。

使用法:

Init()メソッドは次のパラメータを使ってOnInit()関数で呼び出されます。

  • int aFastPeriod - 高速МА期間
  • int aSlowPeriod - 低速МА期間
  • int aSignalPeriod - シグナル線の期間
  • ENUM_MA_METHOD aFastMethod - 高速МА手法
  • ENUM_MA_METHOD aSlowMetod - 低速МА手法
  • ENUM_MA_METHOD aSignalMethod - シグナル線の手法

Solve()メソッドは次のパラメータを使ってOnCalculate()関数で呼び出されます。

  • const int aRatesTotal- OnCalculate() 関数パラメータのrates_total変数
  • const int aPrevCalc - OnCalculate() 関数パラメータのprev_calculated変数
  • double aData[] - 指標計算に使われるデータのバッファ
  • double aFastMA[] - 高速МАの中間バッフア
  • double aSlowMA[] -  低速МАの中間バッフア
  • double aMain[] - MACDメインラインの計算値
  • double aSignal[] - MACDシグナル線の計算値
  • double aOsMA[] - 計算されたOsMA値
追加メソッド:
  • int BarsRequiredSignal() - シグナル線の計算に必要なバーの最小数を返します
  • string Name() - 指標名の文字列を返します
  • string Names() - МА の名前の文字列を返します

Test_OsMAOnArray.mq5はCOsMAOnArrayクラスを使用する指標の例です。IncOsMAOnArrayファイルは端末データフォルダの MQL5\Include\IncOnArray (IncOnArrayフォルダは作成される必要があります)に位置しなければなりません。

IncMAOnArrayファイルのCMAOnArrayクラスは適切な作動に必要です。ここです。

COsMAOnArrayクラスの使用例

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/628

IncMACDOnArray IncMACDOnArray

CMACDOnArrayクラスは指標バッファでのMACD(Moving Average Convergence/Divergence)値の計算のために設計されています。クラスの使用例は提供されています。

IncADXWOnArray IncADXWOnArray

CADXWOnArrayクラスは指標バッファでのADXW(Average Directional Movement Index Wilder, ADX Wilder)値の計算のために設計されています。クラスの使用例は提供されています。

IncStochasticOnArray IncStochasticOnArray

CStochasticOnArrayクラスは指標バッファでのストキャスティックス値の計算のために設計されています。クラスの使用例は提供されています。

IncAMAOnArray IncAMAOnArray

CAMAOnArrayクラスは指標バッファでのAMA(Adaptive Moving Average)値の計算のために設計されています。クラスの使用例は提供されています。