MetaTrader 5をダウンロードする

無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

インディケータ

Corr平均 - MetaTrader 5のためのインディケーター

| Japanese English Русский 中文 Español Deutsch Português

ビュー:
281
レーティング:
投票: 20
パブリッシュされた:
2017.03.14 10:01

この指標は、4つの基本タイプの平均値を計算し、平均値を「訂正」するオプションを備えます。


Uhl博士の方法は一見して適応的EMAのように見えますが、値を補正する方法のために、補正がアクティブでないときは元の値に非常に近い結果を与える傾向があります(ボラティリティがより大きな場合 )。そのため、元の値を大幅に失うことなく広範囲の値(平均値だけでなく)での使用に適していますが、この場合は平均値が使用されます。

4つのタイプの平均は、通常の5つの基本タイプの平均です。指標が大幅に拡張されたのは、それがどのように計算され、どのように動向を判断できるかにおいてです。

  • 補正期間が<0に設定されている場合、補正はありません。その場合、平均の値は元の平均と同じです。
  • 補正期間が0から1に設定されている場合は平均期間と同じ期間が補正に使われます。
  • 補正期間が> 1に設定されている場合、その固定期間が補正に使用されます。

この指標は浮動レベルを備えています(ある種のオシレーターに暗黙的な変換を追加し、トレンドの決定をより簡単にするため)。色(および動向の状態)の変化は、下記によって決定されます。

  • 勾配の変化
  • 外側レベルの交差
  • 中間レベルの交差
  • 元の平均値交差
    • この指標には元の平均値も表示されます。補正された値と元の値が交差すると、それらの交差のタイプがトレンド状態を決定します。これは通常、トレンドの良い指標であり、高速すぎない(短い)平均期間が使用されている場合(短期間は、価格をフィルタリングする代わりにノイズを表示する傾向がある)、偽シグナルの数が少ない傾向があるので、 使用する期間をいくらかか妥協することが勧められます。この指標は、通常使用される通常の平均期間と長い期間でかなりよく機能します。

残りは通常のオプション(多時間枠とアラート)でこれらはパラメータで明確に説明されているので、使い方は難しくありません。

上記の例の「より大きな外観」の使用例


MetaQuotes Software Corp.により英語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/en/code/17233

iCrosshairClickTarget iCrosshairClickTarget

MetaTrader 5のiCrosshairClickTarget指標は、MetaTrader 4のiCrosshair指標を改良したものです。

QWMA ca QWMA ca

QWMA - "CA"( "Corrected Average")バージョン

MACD ca MACD ca

MACD ca - 「ステップMACD」または「補正済みMACD」の一種です。

Corr RSI Corr RSI

Corr RSI - 「ステップ」または「補正済み」RSIです。