MetaTrader 5をダウンロードする

無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

インディケータ

PCA Synthetics - リサイクルレガシー - MetaTrader 5のためのインディケーター

| Japanese English Русский 中文 Español Deutsch Português

ビュー:
279
レーティング:
投票: 12
パブリッシュされた:
2017.03.08 11:07
\MQL5\Indicators\AIV\\MQL5\Include\AIV\

擬似静止ポートフォリオ内の各計製品の係数の自動選択指標で、ゼロで平衡します。

この指標には端末のInclude\Mathに配置されたAlgLibライブラリが必要です。


少々の理論

すべての製品はそれぞれの方向に移動し、すべての方向は多次元配列の個別の次元です。行列を回転させる、すなわち、各要素に特定の数を掛けることによって、すべての製品との間の最小距離を持つ軸、つまり分散の合計が最小である軸を見つけようとします。行列の各要素を掛ける数は角度の値になり、それによって移動する製品は他の製品と同じ方向に動くように回転させる必要があります。この角度値は、ポートフォリオ内のすべての通貨の係数です。

通貨は、係数の値が0より大きい場合には買われ、0未満の場合は売られます。したがって、係数を時々再計算することによって作成された合成の定常性を維持することが可能です。さらに、PCAは単にポートフォリオの分散が最も小さい軸を見つけるのではなく、複数の軸を見つけます。ポートフォリオの製品の数は、コンポーネント(ベクトル)の数です。それらのそれぞれは、主要コンポーネントと呼ばれ、ポートフォリオの動きの全体的な変化にどれだけ影響を与えるかを決定します。


可能な課題

  1. チャートが表示されない場合は「エキスパート」タブに表示されている内容をご参照ください。他のチャートとの間にいくつかのエラーがあるか同期が進行中である可能性があります。メッセージがない場合は、他の時間枠をクリックなさってください。

  2. 得られたベクトル値は、Rパッケージで一度計算された値で検証されているで、値そのものは正しいです。しかし、РСАは符号に注意を払わないため、特定の係数の符号は間違っているかもしれません。" - "または "+"記号は経験的、すなわち試行錯誤によってのみ決定することができます。

2番目の問題はhttp://stats.stackexchange.com/questions/34396/im-getting-jumpy-loadings-in-rollapply-pca-in-r-can-i-fix-itの写真で説明されています。


パラメータ

InpVector = 0; // ポートフォリオにN通貨がある場合、動きの軸番号 0 = 最大分散、N - 1 = 最小
InpFrame = 300; // バーはそれぞれのInpDepthについてInpFrameを計算するので、係数の計算のためのフローティングウィンドウ
InpDepth = 1000; // 履歴でのバーの総数で、チャートがこれに対して描画される
InpForward = 500; // 係数の再計算を中止して前の係数を使用するバーで、OOS
InpPeriod = 1; // チャートが収縮してみえないようにするためのМАの平滑化
InpTimePeriod = PERIOD_CURRENT; // 計算のための時間枠
InpNormalize = true; // USDJPYとEURGBPのボラティリティギャップを平滑化するための、表示前の価格の正規化
InpSynthetics = true; // 見つかった係数または各ペアを個別で乗算された要約合成を描く
InpPrices = Logs; // ペアの正規化アルゴリズム
InpSymbols = "AUDUSD,USDCHF,USDCAD"; // ポートフォリオのペア
InpMagic = "ID" // 1つのチャートに複数のインスタンスを競合なく配置するのを容易にする指標のカスタム名

アイデアはここから採用されました: https://www.mql5.com/en/code/9908


MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/16997

Relation - チャートビルダレガシー Relation - チャートビルダレガシー

ユーザー定義の数式に基づいてカスタムチャートを作成するための指標です。

マスターマインド マスターマインド

このエキスパートアドバイザーはiStochastic(Stochastic)オシレータとiWPR(Larry Williams 'Percent Range)指標を使用します。

Fractal_Moving_Average Fractal_Moving_Average

平均化アルゴリズムを変更することができる価格ラベルで最後の値を表示するフラクタル移動平均です。

Fractal_WPR_HTF Fractal_WPR_HTF

入力パラメータでの時間枠選択オプションを含むFractal_WPR指標です。