MetaTrader 5をダウンロードする

無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

エキスパート

Exp_X2MA_Digit_DM_361 - MetaTrader 5のためのエキスパート

| Japanese English Русский 中文 Español Deutsch Português

ビュー:
149
レーティング:
投票: 12
パブリッシュされた:
2017.02.17 09:16

Exp_X2MA_Digit_DM_361トレンドフォロー取引システムはColorX2MA_Digit及びColorDM_361 指標のシグナルに基づいています。ColorX2MA_Digit指標が主要な低速トレンドの方向を定義するのに使用される一方、ColorDM_361指標は高速トレンド方向が変化しているときに参入ポイントを定義することを可能にします。次の2つの条件が満たされている場合、参入シグナルがバー閉鎖時に生成されます。

  1. 高速及び低速トレンドのシグナルが一致する
  2. 高速トレンドの方向が変わった

EA入力パラメータ:

//+-------------------------------------------------+
//| EA指標の入力パラメータ                  |
//+-------------------------------------------------+
input string Trade="Trade management"; //+============== TRADE MANAGEMENT ==============+
input double MM=0.1; //約定での入金のシェア
input MarginMode MMMode=LOT; //ロット値検知法
input uint StopLoss_=1000; //ポイント単位での決済逆指値
input uint TakeProfit_=2000; //ポイント単位での決済指値
input string MustTrade="Trading permissions"; //+============== TRADING PERMISSIONS ==============+
input int Deviation_=10; // ポイント単位での最大価格偏差
input bool BuyPosOpen=true; //買いポジションに入る許可
input bool SellPosOpen=true; //売りポジションに入る許可
//+-------------------------------------------------+
//| フィルタ指標の入力パラメータ            |
//+-------------------------------------------------+
input string Filter="SLOW TREND PARAMETERS"; //+============== TREND PARAMETERS ==============+
input ENUM_TIMEFRAMES TimeFrame=PERIOD_H4; //1 Chart period for a trend
input Smooth_Method MA_Method1=MODE_SMA_; // 1番目の平滑化平均手法
input int Length1=12; // 1番目の平滑化の深さ
input int Phase1=15; // 1番目の平滑化パラメータ,
// JJMAでは -100 ... +100 の範囲で移行プロセスの質に影響を与える
// VIDIAではCMOの期間、AMAでは低速移動平均の期間である
input Smooth_Method MA_Method2=MODE_JJMA; // 2番目の平滑化平均手法
input int Length2= 5; // 2番目の平滑化の深さ
input int Phase2=15; // 2番目の平滑化パラメータ
// JJMAでは -100 ... +100 の範囲で移行プロセスの質に影響を与える
// VIDIAではCMOの期間、AMAでは低速移動平均の期間である
input Applied_price_ IPC=PRICE_CLOSE_;// 価格定数
input uint Digit=2; // 四捨五入後の桁数
input uint SignalBar=1; // 参入シグナル取得のためのバーのインデックス
input bool BuyPosClose=true; // トレンドでロングポジションを終了する許可
input bool SellPosClose=true; // トレンドでショートポジションを終了する許可
//+-------------------------------------------------+
//| 参入指標の入力パラメータ               |
//+-------------------------------------------------+
input string Input="ENTRY PARAMETERS"; //+=============== ENTRY PARAMETERS ===============+
input ENUM_TIMEFRAMES TimeFrame_=PERIOD_M30; // 参入の2チャート期間
input Applied_price_ IPC_=PRICE_CLOSE_; // 価格定数
input uint SignalBar_=1;// 参入シグナル取得のためのバーのインデックス
input bool BuyPosClose_=false; // シグナルでロングポジションを終了する許可
input bool SellPosClose_=false; // シグナルでショートポジションを終了する許可
//+-------------------------------------------------+
int TimeShiftSec,TimeShiftSec_;
//---- 指標ハンドルのための整数変数の宣言
int InpInd_Handle,InpInd_Handle_;
//---- データ計算開始のための整数変数の宣
int min_rates_total,min_rates_total_;

入力コード内のテキストを含む文字列変数は、EA入力ウィンドウをより視覚的に表示するためにのみ含まれています。

ColorDM_361_HTF及びColorX2MA_Digit_HTF指標は、ストラテジテスターでのより便利なトレンドの視覚化のためにのみ含まれています。これらは他の動作モードでは使用されません。

生成されたEAの正しい操作のためには、コンパイルされたColorX2MA_Digit.ex5、ColorX2MA_Digit_HTF.ex5、ColorDM_361.ex5及びColorDM_361_HTF.ex5ファイルを<terminal_data_folder>\MQL5\Indicatorsに配置します。

TradeAlgorithms.mqh ライブラリファイルはノンゼロスプレッドを提供する Expert Adviser の使用、また、注文を出す際のストップロス及びテイクプロフィットのオプション設定を可能にすることにご注意ください。 以下のリンクではライブラリのより多くのバリアントをダウンロードすることができます: 取引アルゴリズム

下記の検証ではエキスパートアドバイザーのデフォルト入力パラメータが使用されています。検証には決済逆指値と決済指値は使われていません。

図1 チャートでの取引の例

図1 チャートでの取引の例

2015年のGBPUSDテスト結果、H4低速トレンド、M30高速急速トレンドによる参入:

図2 テスト結果チャート

図2 テスト結果チャート

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/16681

RSI_Histogram_Round RSI_Histogram_Round

その値を標準範囲に丸めるヒストグラムとして実装されている標準RSIオシレータです。

ZPF_HTF ZPF_HTF

入力パラメータでの時間枠選択オプションを含むZPF指標です。

DayTrading DayTrading

iMACD、iStochastic、iSAR、およびiMomentum指標からのデータ取得のための標準ライブラリクラスと統一コードの広範な使用。

20/200エキスパート v 4.2 AntS 20/200エキスパート v 4.2 AntS

標準ライブラリクラスの広範な使用。