無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

インディケータ

サポートベクターマシン指標 - MetaTrader 5のためのインディケーター

Josh Readhead | Japanese English Русский 中文 Español Deutsch Português

ビュー:
443
レーティング:
投票: 26
パブリッシュされた:
2016.09.20 10:38
この指標は、指標データを分析と将来の取引のシグナルにサポートベクターマシンを用いています。買い取引は、緑の上矢印、売り取引は赤の下矢印によって通知されます。

サポートベクターマシン指標:GBPJPY 1時間 

この指標によって採用されたプロセスは、次の通りです。

  1. サポートベクターマシンの入力として使用される指標を選択します。
  2. 現在の銘柄の過去の指標と価格のデータを収集します。
  3. この履歴データを使用して、行えば成功したであろう取引決定します。
  4. サポートベクターマシンにこのデータをフィードして訓練に使用します。
  5. 将来の取引をシグナルするために訓練を受けたサポートベクターマシンを使用します。

この指標は、サポートベクターマシンの機能を実現するためにmetaquotesマーケットで利用可能なサポートベクターマシンラーニングライブラリを使用します。

初めにカスタムインジケータがチャートに取り付けられている場合、それは成功したであろう履歴的な売り/買い取引をチャートに移入します。サポートベクターマシンを訓練するために使用されるのはこれらのデータポイントなので、その後指標は任意のバーで将来の取引を予測するために訓練されたサポートベクターマシンで作成したモデルを使用します。

これは、サポートベクターマシンがどのように取引シグナル伝達を助けることができるかを実証するための単純な指標です。結果を最大化するためには、サポートベクターマシンに使用する入力の最適化をお勧めします。変更すべきコンポーネントの例のいくつかは次のとおりです。

  • 使用する入力数(理論的には1~無限が可能)
  • 指標の種類(任意の組み込み/カスタム指標が可能)
  • 指標データのオフセット(指標の過去5バーのスナップショットを渡すように変更可能)
  • 使用するトレーニングポイントの数

MetaQuotes Software Corp.により英語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/en/code/1437

MaksiGen_Range_Move MTF MaksiGen_Range_Move MTF

この指標はチャートに支持/抵抗線やトレンドラインを描きます。

KositBablo10 KositBablo10

Alexander Prishchenko (Crucian) が自動売買チャンピオンシップ2012に参加した際のエキスパートアドバイザー

TDI-2 TDI-2

「The Trend Detection Index(動向検出指数)」は変更されたTDI指標です。

ColorCoppock ColorCoppock

この指標は1962年にEdward Coppock によって作成されました。それは長期的な売買の可能性を表示します(オリジナルでは買いのみ)。