無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

ビュー:
365
レーティング:
投票: 14
パブリッシュされた:
2015.12.09 11:20
アップデートされた:
2016.11.22 07:34
\MQL5\Include\

入力パラメータ設定によってさらなる可能性を持つ、インディケータTriple Exponential Moving Average (TEMA)テクニカルインディケータTriple Exponential Moving Average (TEMA)は、パトリック・マロイによって開発されました。彼はこれを雑誌Technical Analysis of Stocks & Commoditiesに掲載しました。

このインディケータは、普通の移動平均線の代わりに使うことができます。トリプル指数移動平均(TEMA)はダブル指数移動平均とトリプル指数移動平均が結合した指数移動平均であり、これらの3つの個々の移動平均よりも小さい遅延を与えるものです。

インディケータの入力パラメータ:

input Smooth_Method MA_Method1=MODE_EMA_; // 第一平滑平均方式 
input int Length1=12; // 第一平滑深度
input int Phase1=15;  // 第一平滑パラメータ
//---- JJMAの為の-100から+100の領域で変化し、移行プロセスの質に影響を与える
//---- VIDIAの為のこれはCMOの期間、AMAの為のこれは遅い移動期間
input Smooth_Method MA_Method2=MODE_EMA; // 第二平滑平均方式
input int Length2 = 5; // 第二平滑深度
input int Phase2=15;   // 第二平滑パラメータ
//---- JJMAの為の-100から+100の領域で変化し、移行プロセスの質に影響を与える
//---- VIDIAの為のこれはCMOの期間、AMAの為のこれは遅い移動期間
input Smooth_Method MA_Method3=MODE_EMA; // 第三平滑平均方式
input int Length3 = 5; // 第三平滑深度
input int Phase3=15;   // 第三平滑パラメータ
//---- JJMAの為の-100から+100の領域で変化し、移行プロセスの質に影響を与える
//---- VIDIAの為のこれはCMOの期間、AMAの為のこれは遅い移動期間
input Applied_price_ IPC=PRICE_MEDIAN; //インディケータの計算が行われる価格定数 
input int Shift=0; // バーでのインディケータの水平移動
input int PriceShift=0; // ポイントでのインディケータの垂直移動

異なる平均化アルゴリズムの為のフェーズ1、フェーズ2、そしてフェーズ3のパラメータは、全く異なる意味を持つという点について留意する必要があります。JMAの為のものは、-100から+100まで推移する外部変数のフェーズです。T3の為のものは、よい感覚の為に100をかけられた平均係数で、VIDIAの為のものは、オシレータ―CMOの期間で、AMAの為のものはEMA遅延期間です。その他のアルゴリズムの中では、これらのパラメータは平均化に影響しません。AMAの為にはEMA高速期間が固定であり、デフォルトでは2に等しいです。AMAの為の累乗係数も同様に2と等しいです。

インディケータは、クラスライブラリSmoothAlgorithms.mqhを使用しますが(<terminal_data_folder>\MQL5\Includeへコピーする必要があります)、詳細な説明は、掲載された『追加バッファなしの中間計算の為の価格列の平均化』記事内にあります。

一番初めにこのインディケータがMQL4で実装され、Code Baseに掲載されたのは2015年6月19日です。

画像1インディケータ TEMA_CUSTOM

画像1インディケータ TEMA_CUSTOM

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/13926

Kolier_SuperTrend_HTF Kolier_SuperTrend_HTF

インディケータ Kolier_SuperTrendは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

iBBFill_HTF iBBFill_HTF

インディケータ iBBFillは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

XDerivative_StDev XDerivative_StDev

追加の平滑化がされたインディケータ Derivativeは、標準偏差アルゴリズムに基づいて、トレンド力をカラーの点で追加表示するものです。

Exp_KPrmSt Exp_KPrmSt

エキスパートアドバイザ Exp_KPrmStは、インディケータ KPrmStのオシレータ―とシグナルのラインの交差時に入力します。