無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

ビュー:
394
レーティング:
投票: 19
パブリッシュされた:
2015.12.09 11:07
アップデートされた:
2016.11.22 07:34

数学におけるデリバティブの値の計算は、次の簡単な式によって行われます。

, (1)

ここでは、

  • x0 — 引数の現在の値
  • x — チャートの右側の引数の値
  • f(x0)x0ポイントでの関数の値
  • f(x)хポイントでの関数の値

オリジナルの定義では、xx0派生する差は、ゼロに向かっていて、つまり極限関数(limit)が使われています。(1)の式を用いて、直接微分を避けながら導関数の近似値を算出することができます。

価格チャートに応じ、x0は現在のバー、またxはいくつかのチャート期間の後に形成される今後のバーです。同様に、f(x0)は現在のバーの価格値、またf(x)は今後のバーの価格値です。すると、(1)の式にf(x0)f(x)という2つの不明なものが含まれていることがわかります。同じ2つの未知数を含む、追加の式がない為、この場合には方程式の解(1)は存在しません。

f'(x0)導関数を発見することができるように、f(x)f(x0)として既知の値を入れる必要があります。この為にx0として現在のバーから左にある点を採用する必要があります。現在のバーはxです。その結果、 f(x0)f(x)が特定の値になります。(xx0のポイントの価格はチャート上に見える価格値に相応します。)

しかし、計算された値は、デリバティブの助けを借りずに価格の上昇または下落を判断することができるトレーダーによく知られている領域を特色づけるものです。この場合、有用な情報は、単純にデリバティブの値ではなく、隣接するバーでの2つのデリバティブの値の比較です。この時、もし計算された値の符号が異なる場合、価格は極値を介して移行し、極値のタイプは符号の組み合わせによって容易に明確になります。負の数値から正の数値への移行は最少値、また正から負への移行は最大値です。

導関数の計算の原理は、インディケータDerivativeに実装されています。結果、テストするバーとパラメータで『遅延』の設定をしたバーのいくつかの数から離れたバーとの間の価格の差を反映しています。

インディケータを使用する最も簡単な方法としては、ゼロラインとの交差が下から上に起こった場合は買い、上から下に起こった場合は売りとなります。

一番初めにこのインディケータがMQL4で実装され、mql5.comのCode Baseに掲載されたのは、2015年9月9日です。


画像1インディケータ derivative

画像1インディケータ Derivative

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/13902

KalmanFilterStDev KalmanFilterStDev

インディケータ KalmanFilterは、標準偏差アルゴリズムに基づいて、トレンド力をカラーの点で追加表示するものです。

Number of objects in the specified chart Number of objects in the specified chart

チャートウィンドウのオブジェクト数の計算例

Karacatica_HTF_Signal Karacatica_HTF_Signal

インディケータ Karacatica_HTF_Signalはトレンドの傾向、またはインディケータ Karacaticaからの取引の為のシグナルを出力します。

Derivative_HTF Derivative_HTF

インディケータ Derivativeは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。